MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2015.09.02UPDATE

2015年08月号掲載

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie (Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) Hiroki Ikegawa (Ba) Tatsuya Amano (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-もしもし! 20公演出演というヘヴィなVans Warped Tour真っ最中だと思うけど調子はどう?

Koie:実はTeruが体調崩してインタビューに参加できなくてすみません。

-そうなんだ、それは安静にしておいた方が良いね......。それではインタビューを始めるね。まずはフル・アルバム『XENO』完成おめでとう。フル・アルバムとしては、『APOCALYZE』以来、ちょうど2年ぶりだね。

Koie:『APOCALYZE』リリース以降、日本も含め世界中をツアーで回っていたので、そのツアー中にも曲制作を行いつつ、自分たちのチームと一緒に計画的にスケジュールを組んだうえでリリースに至りました。その最中にKazuki(Gt)が脳出血で左手の調子が悪くなったりとそういう事態も乗り越えて、2年かけてようやく完成したアルバムだと思います。

-『XENO』は"異人""異種の""外来の"などというギリシャ語が語源の言葉の様だけど、これは欧米のバンド・シーンにおいて、日本人というマイナリティであるあなたたちCrossfaith自身を表してる言葉なのかと?

Koie:『XENO』の数ある意味のなかで"アンノーン"、日本語でいうと"未知なる""全く知らない"って意味を持たせています。『XENO』ってタイトルに決定する前はセルフ・タイトル(『Crossfaith』)でもいいんじゃないかって話していました。自分たちがこのアルバムにかけてきた想いもそうだし、これが俺たちの音楽だっていえる楽曲も完成したので。でも、いざこのアルバムをセルフ・タイトルにするっていうのはなんか違うってなって。"ZION"だとかいろいろなキーワードがCrossfaithの歴史にはあるんですけど、今回このアルバムを表現しようってなったときに自分たちでさえ、想像できないような"未知なるもの"っていう意味の『XENO』って単語は今の自分たちの音楽を表す、すごくピンとくる単語でしたね。

Hiroki:『XENO』を意味する"未知なる"には、スペース・フィクション的な意味合いも含まれてますね。

-なるほど。ちなみに今作『XENO』に収録された楽曲はすべて、シングル『MADNESS』リリース以降に作ったものなのかな?

Koie:シングル・リリース以降のものがほとんどですが、Track.6「Dystopia」は『MADNESS』制作時に作った10曲のうちの1曲です。『MADNESS』を作っている段階から、"この曲いいやん!"ってなってはいたんですが、結局御倉入りになってしまい......。で、それを今回一緒に仕事をしたプロデューサーのJosh Wilburに聴かせたところ、"この曲最高だな"って好評価だったんで、俺らも好きな曲やったし、アルバム収録を再度検討した結果収録しました。

-なるほど。ちなみに今作はどういった環境下で制作されたものなのかな?

Teru:もしもーし!?

-Teru君、お疲れ様! 体調崩してるって聞いてたけど大丈夫?

Teru:そうなんですよ。連日のライヴで、ちょっと崩してしまって。満を持してのアルバムが完成したので万全の状態でインタビューに応えられるような体調でいたかったんですけど。

-無理しないようにね。

Teru:『MADNESS』のレコーディングが終わって、次どういうアルバムを作ろうかと考えたとき、『MADNESS』に対して俺自身少し悔いが残ってしまっていたんですね。David Bendeth(※『MADNESS』プロデューサー)とのやり取りは、プロデューサーの力が大きくて、自分たちのやりたいことが思うようにできなかったということが正直ありました。次のアルバムを作るときはそういうことは解消して、もっとCrossfaithらしいものにしたいなと。

-David Bendethは楽曲の方向性などバンドの中枢の部分にかなり首を突っ込んできたということ?

Teru:そうですね。もともとシングルを作る前提でDavidと仕事をしていたので、海外のラジオで流れるためにメロディを入れたり、俺たちの武器であるシャウトやブレイクダウンを減らす方向で制作していたんですね。そういう制約の中で、俺たちもなんとか自分たちのできる中で1番いいものをという想いで『MADNESS』を制作したんですけど、それができあがってみて、俺のなかではどこかでもやもや引っかかるようなものがあって......。実は『MADNESS』のレコーディングが終わった段階で最初はフル・アルバムもDavidと作る予定だったんです。

-前回のインタビューのときも言ってたよね。

Teru:でも、Davidと一緒にはどうしてもアルバムを作れないって言ったんですよ。そのままDavidと一緒に制作しても納得できるアルバムが完成できないんじゃないかって......。そういう問題もあって『MADNESS』収録の3曲は今回の『XENO』には収録されてないんです。

-なるほど。で、そのDavidに変わって今作ではJosh Wilburをプロデューサーに迎えてますが、Davidの件もあったので慎重にセレクトしたんじゃないかと予想するけど、Joshを迎えた経緯を教えてもらえるかな。

Teru:最初候補にJosh WilburとJoey Sturgisがいたんですけど。