MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2014.06.11UPDATE

2014年06月号掲載

coldrain

メンバー:RxYxO (Ba) Katsuma (Dr) Masato (Vo) Sugi (Gt) Y.K.C (Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-まずは前作『THE REVELATION』リリース以降の話に遡らせていただきます。『THE REVELATION』はオリコン・デイリー7位と、過去最高位を更新しましたね。着実に階段を上がってきていると思うのですが、実感はありますか?

Y.K.C:順位がどうでもいいと言うとウソになるけど、それよりもライヴ会場で自分たちがライヴを始める前の観客席から伝わってくる期待感とかは、確実に大きなものになっているのを感じてるんで、そういう意味では認知度は上がってきてるし、広がっていってる実感はあります。

Masato:最近はフェスの会場でも自分たちのライヴの会場っぽい雰囲気を感じるようになったかなと思いますね。

RxYxO:最近のヨーロッパ・ツアーも含めて色んな経験して、どこへ行っても自分らは自分らだって、自信が確信に変わりましたね。

Sugi:最近出したDVD(※『EVOLVE』)も10位以内に入って、確かにそういう数字の面で嬉しいって気持ちもありますね。僕らがこういう音楽をやり始めた頃は誰にも見向きもされなかったのが、こうやって数字に出てるのは単純に嬉しいですね。

-僕個人としては、よりヘヴィさと鋭さを増した音楽性であるにもかかわらず、さらに順位を上げたという"喜び"と、この完成度ならもっと上位に入っても良いのでは、という"悔しさ"の相反する感情を抱きました。

Y.K.C:やっぱり自分たちは日本で生きてきて音楽やる前からチャートを見て育ってきてるんで、言い方悪いですけどミーハーな心としては良い順位が出ると、確かに良かったなって思うんですけど、そういうところで戦ってないんですよね。それよりもっと単純に"これだけ広がったんだ。じゃあもっと広げるにはどうしたらいいんだろう?"って見方になりますね。

Masato:1番悔しいのはチャートが云々より、ツアー回ってる時に、ファンなのにまだ新譜を出したことを知らない人がいたり、まだ聴いてない人がいたり、そういうのを知った時に悔しいですね。あとはライヴでやってもまだ曲が浸透してないと感じる時とか。どっちかというともっと深く聴き込んでもらいたいって意識が年々高くなってますね。

-僕が『THE REVELATION』リリース・ツアーのライヴを観たのはSHIBUYA-AXだったんですが、その時は曲が浸透してないとは全く感じなかったです。それはやはりツアーの最後ということもあったのでしょうか?

Masato:そうですね、やっぱり前半の対バン・ツアーと後半のワンマン・ツアーでは違ってました。確かにリリースしてからの期間は関係あると思うんですが、それにしても浸透具合が遅いかなって感じてます。1枚のアルバムをしっかり聴いてもらうのに半年かかるってのは、そんなものなのかな?って気持ちや悔しいなって思う気持ちもあります。もっと爆発的に認識されたいってのは永遠の課題だと思います。

-なるほど。かなり高いところに意識を置いてますね。ただそのSHIBUYA-AX公演は本当に素晴らしかったですね。『THE REVELATION』以前の過去の曲も進化してて、何度も何度も鳥肌が立ちました。僕は『THE REVELATION』リリース・ツアーはAXしか観ていませんが、その他の公演もあれだけの熱量が続いてたんでしょうか?

Masato:そうですね、ワンマン・ツアーは自分たちでもびっくりするぐらい"これだな!"って感覚があったツアーでしたね。coldrainのチームとして自分たちのショウを、照明やセットリスト、音を含め全部突き詰めることができたツアーになったし、それが積み重なってのファイナルのAXだったんで、そこは大きかったと思います。

Y.K.C:ワンマン・ツアーとして今までで最大規模だったんですけど、初日の札幌が終わった時にすでに疲れが尋常じゃなくて(笑)。お客さんの熱量も高くて"これでやっていけるのか......"って。もう1度心構えを入れ替えないといけないぐらいだったので(笑)。そういう意味ではそのままファイナルまで駆け抜けてこれたのはすごい良かったんじゃないかなって思います。

-話は変わりますが、去年の"SUMMER SONIC 2013"でBULLET FOR MY VALENTINEも所属するUKの大手マネージメント会社、Raw Power Managementの社長の目にとまり契約が決定しました。その際のことを詳しく教えていただけますか?

Masato:Raw Powerの社長がBULLET FOR MY VALENTINEやCrossfaithを観に来ることになってたんですが、coldrainのことも気にかけてくれてて。それがたまたまちょうどいいタイミングだったというか......フェスでも自分たちのライヴができ始めてた時だったので、coldrainとして最もいい状態を観せることができて、会った時に即決ぐらいの勢いで、これからどうしていこうって話までしてくれてて。僕らはもちろん海外でやりたいって思いはずっとありましたけど、確信的に海外でやろうって決めてはなかったんで、やっぱり仲の良いCrossfaithや自分たちの好きなバンドが所属してるRaw Powerがそう言ってくれた時点で、安心して海外任せれるなって思ったので即決でしたね。

-前作取材のタイミングで"アメリカでの『THE REVELATION』のレコーディング中に、海外のバンドと一緒にツアーを回りたいという海外志向が強くなっていった"と心境の変化を語っていましたが、まさにちょうどよいタイミングだったんですね。

Masato:待って良かったなと思います。自分たちの国内、海外に対する考え方は間違ってなかったなって。特にその後ヨーロッパに行った時に自覚しました。