MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2018.05.25UPDATE

coldrain

メンバー:Masato(Vo) Y.K.C(Gt) Sugi(Gt) RxYxO(Ba) Katsuma(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ただ、日本のバンドを呼ぶ選択肢もあったわけじゃないですか。わざわざ予算をかけて、海外バンドを呼ぶことに対しては?

Masato:自分たちも同じような状況で海外でライヴをやりたいから、そのために先に日本でやっちゃうというか。それで恩を売るというか(笑)。

-ははははは(笑)。

RxYxO:ギブ・アンド・テイクというかね。

Masato:うん、"Vans Warped Tour 2016"で俺らの後か前にCROWN THE EMPIREが出てたんですよ。俺らがトリになっちゃう日もあって、そこでどうしても観客が少なくなるんですよね。で、たまたまCROWN THE EMPIREがライヴ後にサイン会をやってて、俺らのステージ前までその列が並んでたんですよ。そのおかげでCROWN THE EMPIREのファンの前でやることができたので......今度は自分たちのファンの力を見せることができるかなと。

-いい話ですね。今度はcoldrainのファンにCROWN THE EMPIREのライヴを観てもらおうと。

Masato:そうですね。毎日遊んでいるようなバンドだけど、ライヴはマジメなんですよ。Crossfaithみたいなバンドが海外にもいるんだなって(笑)。

-coldrainが思うCROWN THE EMPIREの魅力というと?

Masato:曲がいいし、自分たちの好きなバランスの音楽性だし、近いものを感じるっていうところですかね。CROWN THE EMPIREのファンは、俺たちの曲を聴きに来たり、歌ったりしている人も多かったから。

Y.K.C:CROWN THE EMPIREには以前ヴォーカルがふたりいたんですけど、シャウトもできて、クリーンもちゃんと歌えるんですよ。演奏も勢いだけでやってないところも好きで。うちらは海外だとハード・ロックと言われることも多いんです。ヘヴィ・タイプのハード・ロック寄りというか。CROWN THE EMPIREもそういう曲をやったりするので、日本で対バンしても見せやすいバンドかなと思ったんです。だから、イベント1発目のゲストとしては相応しいんじゃないかと。

-なるほど。ピン・ヴォーカルのCROWN THE EMPIREを観るのは今回が初めて?

Masato:そうですね。ONE OK ROCKとヨーロッパ・ツアーで一緒にやっているんですけど、ワンオク(ONE OK ROCK)のメンバーに聞いたら、すごく良かったと言ってたんですよ。CROWN THE EMPIREはパイオニアというか、ゴリゴリのヘヴィなものが流行ると、シンフォニックな要素を取り入れてて。"Vans Warped Tour 2016"で観たときは歌ものに振り切ったりして、急に全員アロハ・シャツとか着てましたからね。

-マジですか(笑)。

Masato:だけど、ライヴはオシャレって空気でやらない。本気で遊んでいる感じがいいなぁと思って。その方が肩の力が抜けているなと思いますね。

-そして、6月20、21日開催の"LOUD OR NOTHING vol.2"の海外ゲストにはPVRISが決定しています。

Masato:直接的な絡みはないんですけど、もともと好きなバンドなんですよ。『VENA』(2015年リリースの4thフル・アルバム)という作品を作っているときに、PVRISがドーンと出てきて、かっこいいなと思って。女性ヴォーカルもめちゃくちゃ好きなので、日本でもライヴハウスの空気感でPVRISらしいライヴをやってもらえたらなと。

-CROWN THE EMPIREが2010年、PVRISは2012年結成です。キャリア的にはcoldrainよりも下になるわけですけど、対バンするうえではどんな意識で?

Masato:海外のバンドは若い段階でもすげぇツアーを回るし、経験値の積み重ねが半端なくて。ある意味アウェー知らずだし、早い段階で力を抜いてやることを習得してますからね。バンドとして熟すのが早いから。30歳手前でやり切ってる感が出ているバンドも多いし(笑)。

Y.K.C:あと、これぐらいの規模のバンドが日本をツアー先としてチョイスしてくれたらいいなと思います。うちらみたいなバンドがいる以上、誰かがそういうことをやらなきゃいけないなと。将来、自分たちのフェスでそういうバンドを呼ぶときの盛り上がりにも影響しますからね。Crossfaithもイベントをやっていますけど、みんながどこの国とか関係なくやるようになったら、またシーンも変わるのかなと思います。

Masato:わざわざ来日! と言わなくても、みんなが普通に(日本に)来ているような感覚になれたらなと。海外バンドでも日本に来る人、来ない人の差が激しい気もするから。俺らもいち音楽ファンのときに、このバンドのライヴを観たい! と思っても来日しないことがありましたからね。そういう意味で自分がファンだったら、こうしてほしいなという気持ちがあったので、それを形にしようと。

-なるほど。

Masato:以前にCrossfaith、MISS MAY Iと日本で全国を回ったとき("MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2014")に、MISS MAY Iが"全箇所やるよ!"と言ってくれて。東名阪以外でやるのはスケジュール、ギャラ的にも難しいなかで、彼らが経験したいという気持ちでやってくれたから。そのあと、MISS MAY Iが"KNOTFEST JAPAN 2014"に出演した際に空気ができあがっていたんですよね。それ以降、彼らは日本に来なくなかったから、もったいないなと思うんですけど。海外のバンドにもそういう思いを植えつけたいなと。