MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

The BONEZ

2016.03.23UPDATE

2016年04月号掲載

The BONEZ

メンバー:JESSE(Vo/Gt) T$UYO$HI(Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-すごく強いメッセージですよね。他の曲にも言えることなんだけど、そういうメッセージや歌詞をちゃんと読まないでも、それでも楽しめる楽曲ですよね。

JESSE:それはもちろん。

-そういう意味では、頭でっかちになり過ぎないというか。

JESSE:シリアス過ぎないっていうのは、ひとつのキーワードですね。

-いろんな楽しみ方があると思って。ライヴで聴いて単純にカッコいいなと思って、そこから深く知っていくのもアリだと思うし。

JESSE:全然アリだね。

T$UYO$HI:入り方は自由で、間口が広いというか。サウンド先行でカッコいいと思って聴いて、"じゃあ何歌ってるんだろう"って歌詞読んでみたらこうだったっていうのもいいだろうし。あとは、JESSEが好きだからJESSEがやってるバンドを聴いてみようっていうのもあるだろうし。何かのタイミングでインタビューを読んで、"じゃあ歌詞を読んでみよう、曲も聴いてみよう"ってのもアリだと思うし。取っ掛かりは何でもいいんですよ。

-バラエティ豊かな他の楽曲、例えばTrack.5の「1905」。アメリカンなハードロックが好きな人がそこから入ってもいいだろうし。入口がすごくたくさん設けられてるなって。

JESSE:うんうん。

-JESSEさんのスキルが向上して、幅広い楽曲ができたのか、いろんな楽曲ができたから、ヴォーカルとして成長したのか。

T$UYO$HI:両方かな?『Beginning』でThe BONEZのヴォーカルとして歌うことはだいぶ定着してきたのかなと。JESSEはもともとリズムに長けているし、ラップにも長けているから、その得意技を出さないでどうするんだって思ったというか。それも、さっき言ってたようにRIZEでやってるのとは違った形でやらないと、この4人でやる意味がないし、やってるメンバーが違えば違うものになるのが面白いと思うし。だから、よりJESSEの表現を出したくて、バラードの「Waking up」がJESSEから出てきたってのも大きなポイントだと思いますね。

-JESSEさんは最後に収録するつもりはなかったと言ってましたが、この曲を最後に置くことで映画のエンディング・ロール的な感じにも仕上がりました。

JESSE:完璧だよね(笑)。俺が真ん中に置きたかったっていうのは、最後の曲を1番ハードな曲にしたかったんだよね。今後の作品ではそうなることもあるかもしれないけど、今回は、「Waking up」を最後に置くことで、"大事な人の横で起きれるってなんて幸せなんだろう""ただ明日を迎えたい"っていう、すごく単純だけど、すごく難しいメッセージで終えたことは素晴らしいと思う。

T$UYO$HI:たまたま今日は3月11日だけど、そういう震災など起きると当たり前のことがなくなっちゃうわけじゃないですか。さっきのHiro君の話もそうだし。そういう立場になってみないとわからないけど、当たり前だと思ってることもいつかなくなっちゃうことだから。俺たちは1度失うことを経験しているし、その上で「Remember」って曲は、"それでも生きていく"っていうメッセージがあって、The BONEZってバンド自体がそうなんだけど、"それでも"っていうところがポイントなんですよね。そういうThe BONEZの核を感じるアルバムなんです。全てがハッピーだったらもちろん素晴らしいけど、それだけじゃないのがリアルで。そうした意味で「Waking up」っていうのは共感できる内容になっているんじゃないかなと。必要なものと、大事なものと、あったらいいものって全然違って。もちろん、みんなが幸せになることはいいことだとは思うけど、例えば自分の大切な人との時間を捨ててまで自分が会ったことのない人に手を差し伸べられるほど、まだ俺は大きい人間じゃないし。とにかく自分の目の前の人たちを大切にしよう、笑顔で暮らせるようにしようっていうのが俺のリアルであり、希望なのかなって。

-なるほど。いろいろ語って頂きましたけど、最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

JESSE:PTPファンからしたら、The BONEZじゃなくてPTPやれよとか、RIZEファンからしたら、RIZEやれよとか、いろんな意見は一生尽きないと思うけど。でも俺たちは俺たちで、自分たちのペースを見つけて、やっと、The BONEZが聴きたいっていうワードが出てくる1枚になったと思う。RIZE聴くとか、PTP聴くという同じ流れで、The BONEZ聴くっていうような代表作ができたと思う。楽曲はもちろん特典のDVDも見て欲しいかな。誰がThe BONEZをやっててっていうことを今回に限っては、ホントに知って欲しいっていう思いが強いから。たとえこの作品が売れなかったとしてもある意味達成感はあって、それが自信に繋がってて、このアルバムに全てを賭けてるつもりじゃないけど、ものすごくこれで勝負がしたいって今思っていて。とりあえず、まずはライヴに来てもらいたいかな。

-ありがとうございました。