MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2016.03.22UPDATE

2016年03月号掲載

SiM

メンバー:MAH(Vo) SHOW-HATE(Gt) SIN(Ba) GODRi(Dr)

インタビュアー:増田 勇一

-アルバムには全13曲が収められています。なんか、聞くところによると、アルバムが一旦完成したあとで加えられた曲があるという話ですけども?

MAH:そうなんすよ。今もタイトルが出た「THE KiNG」と、アルバム1曲目の「MAKE ME DEAD!」って曲がそれで。当初は全12曲収録のアルバムになる予定だったんだけど、結果的には入れないことになった曲が他にひとつあって、この2曲はそもそも存在してなかったんです。ただ、12曲が揃ったときに、ちょっとパンチが足りねえかなと思って。みんなも同意見だったんで、そこで新たに作って足したのがこの2曲だったんです。

-パンチのある曲ばかりだと思うんですけどね(笑)。でもたしかにオープニングを飾る「MAKE ME DEAD!」はインパクトがすごい。ちょっとロカビリー的でもあって。

MAH:ちょっとネタバレになるかもしれないんだけど、実はすでに"このアルバムを出したあとでどうしよう?"っていう音楽的なプランというのが俺の中にはあって、ちょっとガレージ感のあるものというか、R&B/ソウルみたいなものを次は取り入れてみたいなと考えてるんです。この曲のちょっとレトロな感じみたいなのは、それを匂わすものでもあるというか。この曲自体についても、今回出しちゃうべきか、次のやつまで待った方がいいのか、結構迷ったんですけどね。でも、いい曲だし、早く出しちゃおうと思って。

GODRi:この曲、リズム的には最初のうちハネてるんだけど、サビでハネなくなったりとか。そういう面白さがあるんですよね。あとは転調がポイント。サビでいきなり転調するんですけど、それもたぶんSiMでは初めての試みじゃないかな。実はこの曲を作る前にちょっとした転調ブームみたいなのがあって、SiMの中で。

MAH:04 Limited Sazabysってバンドがいるんですけど、そいつらがサビでよく転調するんですよ。めちゃカッケーと思って......パクリました(笑)。

一同:(爆笑)

SIN:ハッキリ言うなあ(笑)。

MAH:本人にも言ったし、真似したよって(笑)。でも曲をパクったわけじゃないから。彼らは年下のバンドなんですけど、カッコいいなって思ったことがあれば、先輩だろうが後輩だろうが、その要素はエッセンスとして吸収したいなって思うんで。

-「THE KiNG」も、たしかにすごくパンチのある曲。

MAH:そうっすね。イントロの、ターミネーターみたいなドラムのリズムをとにかく使ってみたくて。合宿してるときに、"口で歌えるような覚えやすいリズムっていいよね"っていう話をしてたことがあって。で、"例えば「♪ダダッダーダッダーダダッ」みたいなさあ"とか実際に言ってたフレーズがあって。それが自分の中ですげえヒットしちゃって、これはどっかで使いてえなって思ってたんです。そこからできたのが、この曲で。

SHOW-HATE:そこに加えて、この曲、なんかサビメロがすごい独特じゃないですか。あんまり音階を使ってないんですよ。だからギターのコード的には動こうかなと思ったんですけど、あんまり動くと今度はメロディを殺しちゃうかなと思って、あえてシンプルに徹してみて。だけど結果的にはそのあとで電子音が入ってきて、それが入ってきても意外とメロディは死ななかったというか。電子音だからなのかもしれないし、音のバランスの妙でもあるとは思うんだけど。とにかくこの曲で1番重視したかったのは、その独特なメロディ・ラインだったから、それを殺さないように作れて良かったなと思っていて。

-ギター的には引き算の発想で臨んで、そのあとで違う足し算をしたという感じですね?

SHOW-HATE:ああ、うん。まさにそういうことですね。

GODRi:ドラム的にはずっとバスドラをひたすら踏んでるっていう展開で。"♪ドドドドドドドッ"という感じで。

SIN:あれはムズいよね!

GODRi:うん。実は今回のアルバムの中でも、あれが1番難しかった。

SHOW-HATE:もうRECの風景自体がヤバかったよね、あのとき。GODRiが、ずっと動かない(笑)。

GODRi:そもそもなんかこういうフレーズって、意外とやったことがなくて。しかも曲ができてから結構すぐにレコーディングみたいな感じだったんで、そんなに準備の時間もなくて。

MAH:でも、めっちゃ良かったけどね。ドラムのRECには俺だけ立ち会ってたんだけど。

SHOW-HATE:そのときのGODRiが微動だにせず叩いてたのを知ってるのは、実は後日、そのときの動画を見せてもらったからで(笑)。

GODRi:いい意味で、気持ちを無にしてプレイできたというか。それがうまく曲と合ったのかな、なんて思うんですけど。難しくはありましたけど、頑張った甲斐がありました。