MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2012.07.30UPDATE

2012年07月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Masatoshi “SHO” Ono (Vo) Syu (Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-(笑) 「TEMPTATION THROUGH THE NIGHT」はYUHKIさん作曲ということもあって、テクニカルなキーボードが前面に押し出された一段と煌びやかな曲ですね。またこの曲には、“WORK IN PROGRESS VERSION”とありますが、これは次のフル・アルバムで別のバージョンとして再登場するということでしょうか?

S:この曲はアルバムに入るんですけど、“制作の途中ですよ”みたいな感じですね。

-完全版ではないということですね?

S:あえてそうしてます。アルバムにそのまま同じバージョンの曲が入っていても面白くないじゃないですか。かなり装飾をした、バッチリメイクをしたバージョンがちゃんとアルバムに入ります。でも手抜きではなくて、そういうバージョンをあえて作ったってことです。

-その言葉を聞いていなかったら、普通に完成系だと思いますよ。

S:そうなんです。すでに僕ら的にもうちょっとここをこうしていこうとか、かなり話し合いをしているところが多いので楽しみにしていただきたいなと思います。

-結構変わるのでしょうか?

S:うーん……多少(笑)!

-4曲目はAタイプ、Bタイプと2つのバージョンがありますね。

S:そうなんです。

-1つ目はSHOさんがソロでリリースしている「departure!」のGALNERYUS バージョンですね。『絆』のボーナス・トラックで英語バージョンが入っていましたが、日本語バージョンは初めてですね?

S:SHOさんの日本語で歌ったものをGALNERYUSのバックに乗っけた音源を聴きたいという意見があったので、録ってみようと思いました。

-3パターン目ということですよね。

S:そうですね。お子様もこれでメタルを(笑)。

-2つ目は「DESTINY」の赤坂ブリッツのライヴ音源ですね?この曲を選んだ理由を教えてください。

S:プロデューサーとレーベルで決定したところが大きいですね。

-曲もレーベルさんが選んだのですか?

S:『PHOENIX RISING』のディスク2かな?そこでライヴの音源としてそのライヴの日を数曲使ったんですが、「DESTINY」だけはその時残しておこうということになってました。そして今回満を持して収録しました。

-シングル・リリースの次は10月に『PHOENIX RISING』以来ちょうど1年ぶりのニュー・アルバムのリリースが控えているようですね。制作状況はいかがですか?

S:今はドラム録りが終わっている状態ですね。明日からはベースを録り始めて、バッキング・ギターも明日のうちには終わり、リード・ギターを取りつつベースを録って、ヴォーカルを乗っけてというような状態ですね。まあ、4分の1ぐらい録り終わってる感じですかね。今回は大変な曲が1曲ありまして、なんと約15分の大作曲があるんです。その曲のレコーディングは大変だろうなと。その曲の歌詞を僕が書かせてもらうんですけど、歌詞を書いても書いても書いても書いても……(笑)。

一同:(笑)

S:一昨日ちょうどバッキングを録ったんですけど、5時から録り始めて終わったのが9時ですからね。本当に終わりませんでした。“どこまであんねんこれ!”って(笑)。

O:作った本人じゃないですか(笑)。

一同:(笑)

O:まだちゃんと聴いてないけどちょっと尺が変わったんですよね?

-元々はそんなに長い予定ではなかったんですか?

S:ちょっと前は12分半ぐらいだったんですよ。

O:いや、12分50秒ぐらいでしたよ。

S:あ、“HELLOWEENを超えた”って言ってたよね。その後、なんと14分30秒ぐらいになって。“これはキタねー”ってわざわざ狙いを定めて今回は長編を作るというのがあって。

-またアルバム全体としてどんな作品になるのかヒントをください。

S:今回のアルバムは10曲収録予定です。例の曲のせいで曲数は少なくなりました(笑)。
でも、曲数で言うなら3曲分ぐらいの価値はありますよ。

-全体的な雰囲気はどのような感じになる予定ですか?

S:『RESURRECTION』、『PHOENIX RISING』の流れを完全に汲んでいますね。この布陣での正統派な3枚目という感じで、自信を持ってリリース出来るストライク・チューンばかりが揃っていると思います。