MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2012.07.30UPDATE

2012年07月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Masatoshi “SHO” Ono (Vo) Syu (Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-そういう状況の中でそれだけお客さんを集めているのはすごいですよね。 話は戻りますが、日本でも以前はメタルのファンだけでなく同じVAPのcoldrainやラスベガスのファンからビジュアル系、アニソン・ファンまで広い層の若いファンが増えている印象がありますが実際いかがですか?

O:どうなんですかね。ステージから見ているとお客さんの数というのも少しずつ増えているようですし、そういうところでは良い作用はあると思うんですよね。親戚のお兄ちゃんもHUNTER×HUNTERのエンディングを聴いて“買いに行くからタイトルを教えてくれ”って言ってきて“まだ発売されてないよ”って答えました(笑)。

一同:(笑)

O:いつもいろんな取材で話しているんですけど、まだどこかでへヴィ・メタル、ハードロックというとすごくおどろおどろしかったりとか、非常に暴力的だったりとか非常にマニアックだったり、怖いしなんだか良く分からないというイメージを持っている人も多いと思うんです。だけど、ただサウンドがポップスと比較してヘヴィだということだけで、Syu君の作るメロディは誰でも口ずさめるようなキャッチーなメロディだと思うし、さらにアニメのタイアップということで、へヴィ・メタルを普段聴かない人でもふっと耳に入れば、特にジャンルの固定観念に囚われることなく、“この曲いいね!”って思ってもらえると思うんですよね。さらにそれでライヴに行ってみようかという気になっていただけるのであればいいと思います。実際にそういう人もいるんだろうと思いますね。

-親子連れとかいないんですか?

2人:いますよ!います、います!

-なるほど(笑)。それはお子さんがアニメの曲を聴いて、お父さんお母さんが昔からメタル・ファンだったりするのでしょうか?IRON MAIDENのイギリスでのライヴなどの海外の感覚に近いですよね。

S:そうですね。親子揃ってガルネリのファンって方もいらっしゃって。

O:THE ALFEEとかだと3代いますけどね。

-そうなんですか?

O:子供とその母親とその母親とって3代で来てたりしますよ。

-すごいですね(笑)。

O:僕がソロでポップスを歌ってて、そこでよくライヴに足を運んでくださるような昔からのファンの方もヘヴィ・メタル、ハードロックに対して、さっき言ったようなイメージを持っている方が多くて。でも会場に来てみると少なくともGALNERYUSのライヴ会場はみんな大人ですから、そこで変に暴れているとかどうだとかってことはないですし。あ、でも前回韓国に行ったときにお客さん飛んでなかったっけ?

-ダイヴですか?

S:してたかな?でも物凄い興奮してはったのは覚えてます。

O:なんかきっかけがあって、ちょっと会場に来ていただければいわゆるコンサートなんだなってことで、またそこからさらにもう1歩踏み込んで来ていただければと思います。

-好きとか嫌いとかの前に、演奏力とか歌唱力が桁違いなので、とりあえず“すごいものを見た”って感覚は持てますよね(笑)?

O:ヴォーカルはさておいてですね……(笑)。楽器隊はやっぱりすごいですからね。歌ってないときのソロの最中とかにお客さんの顔を見てると楽しいですね。
これも以前話したんですけど、近所のおばさんと車に乗る機会があったんです。それで何気なくラジオを付けたらYngwie Malmsteenが流れたんですよ。おばさんですから、ロックも何も分かってないはずなんですけど、Yngwieを聴いたら“あら、この人ギター上手いわね”って言ったんです。ジャンルがどうとかではなくて、すごいとか良いとか上手いというのは感じるはずなので、そこが入り口でも別に良いわけですよね。
ただこれが段々と恐ろしいことにそういうメンバーの中にいると、すごいことをやってるんですけど、この人たちだからこのぐらいは当然って感覚になってきて麻痺してきちゃうんですよね(笑)。

-(笑) さて本題に入りますが、7月18日にマキシ・シングル「HUNTING FOR YOUR DREAM」をリリースすることになりましたね。昨年10月にアルバム、そして今年1月にシングル、そして7月にまたシングルとコンスタントにリリースされており、順調に活動しているように見えますがいかがでしょうか?

S:“ONONERYUS(オノネリウス)”になってからバンドが活性化したというか、周囲やバンド内を含めてすごく良い感じに動けるようになって、そこからの流れが今もずっと続いていて、それが止まることなく良い感じに上っていってるし、その状態が今も続けて出せてるお陰ですね。このバンド体制になってお客さんがガッと増えて、CDの売れ行きとかもかなり上がっていって、露出もどんどん増えてすごくありがたい状況です。調子良いです(笑)。