MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2012.07.30UPDATE

2012年07月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Masatoshi “SHO” Ono (Vo) Syu (Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-今までのアグレッシヴさとはまた違いますよね?

S:タイトなアグレッシヴさというか。“ズッタカズッタカ”という2バスではなくて、もちろん思いっきり2バスも入ってますけど、基本的には大体8ビート系のヘヴィ・メタルというか……。個人的にはかなり気に入ってる曲ですね。

-個人的にはサビのメロディ・ライン辺りに欧州のパワーメタル・バンドのCHROMING ROSEなどのパワー・メタル的な影響を感じました。

S:ああー、なるほど。でも僕はRAGEが好きなのでそこら辺もちょっと出ているかもしれないですね。こんなこと言っていいんかな、ネタばらしして(笑)。

-そういうところも楽しんで読んでくれてますよ。

S:そうですよね(笑)。

-またコーラス・パートに出てくる“No more”、“Why not”などお客さんとSHOさんとのアツい掛け合いが目に浮かびますね。

O:そうしていただけると嬉しいですね。実はコーラスの部分は1回詞を書いてサビの感じがしっくりこないということで、作曲したSyu君に歌詞が乗った段階でのイメージを聞いたのですが、その注文をクリアして英詞で制作するのがちょっと行き詰まりそうだったので、ベースのTAKAさんに助けてもらいました(笑)。

S:そうですね。よい感じの掛け合いで“SHOさんVSお客さん”みたいな。

-ライヴでも楽しみな曲ですよね。

S:そうですね。

-話は逸れますが、GALNERYUSは英語詞と日本語詞の曲と両方がありますが、どういった基準で英語詞と日本語詞の曲に振り分けているのでしょうか?

S:その曲が持つイメージですかね。リフが攻撃的な「METAL TRRIGER」みたいな曲だと、デモを聴いている段階で雰囲気的にこれは英詞だなというのがすぐに出てきましたね。「TEMPTATION THROUGH THE NIGHT」に関しては、日本語メインで攻めた方がいいんじゃないかとか。曲の持つイメージがそうさせる感じですね。GALNERYUSは今の体制になってから自由度が高いので、どちらでも全然OKという感じですね。

-SHOさん的には英詞の方が歌いやすいとか日本語歌詞の方が歌いやすいということはありますか?

O:正直日本語の方が色々やりやすいというのはありますね。日本語だとどのぐらい発音を崩しても聴き手にどれくらい伝わるかということが母国語なので分かりますし。英語だとどのぐらい崩しちゃうと伝わらなくなるんだろうということが正直分からないですよね。ですので、英語ですとそういった点もあってレコーディングのとき大変なんです。ライヴになると勢いでワッっといけちゃいますけどね(笑)。

S:英語の発音に関して僕が疑問に思っていることなんですけど、日本人が喋る英語ってどうしても日本人のイントネーションが含まれるから“ジャングリッシュ”って呼ばれたりしますよね。あとはヨーロッパ圏の人たちって、“イングリッシュ”という言葉通りイギリス英語、イギリス訛りですよね。アメリカやったらアメリカならではのイントネーションで、“どれが正しいの?”みたいなのがあるんですよね。韓国人の人なら韓国英語になるし、ロシア人ならロシア英語になるし、それでいいんじゃないのって思うんですよね。SHOさんが例えば、“あっとざげいと!”とか言っても別に僕はいいと思う。ああ、日本人の英語だねってなるから、別にそれで良くねって思いますね。

O:ライヴだとそっち方面ですね(笑)。

S:“R”と“L”が言えない人が大半じゃないですか。日本人の発音にないものだから。“R”って言う時の舌を巻いて止めるあの作業って“何で?”って(笑)。

O:ドイツのSCORPIONSとかも発音はかなりダメダメみたいだけど、それでも良いものは良いということであれだけワールド・ワイドに活躍していますし。

S:そこら辺は要研究ですね。もうちょっと勉強してみようかなと思いますね。

-韓国に行ったときに英語の曲の方が好反応が返ってきたりということはありますか?

O:そこのライヴに来てる何百人が韓国全体を代表しているとまでは思わないけど、日本語喋れる人が多いですね。母国語の韓国語、英語、日本語の3ヶ国を喋れる人が多いみたいですよ。日本語の曲を歌う時も一緒に歌ってくれたりして、多分意味も分かってるんだと思います。だから英語の曲だから、日本語の曲だからという感じはないですね。MCも全部日本語で喋ってますからね。もしかしたら聴いているファンの人たちには“やっぱり英詞だろ”とか“日本詞だろ?”とかあるかもしれないですが。

S:日本人だからテコでも英語を使いませんってバンドもいるようですけど……。僕たちは柔軟に決めてますね。

O:そうそうそう(笑)。ちょっと裏話を言うと、1月に出したシングルの中のYUHKIさんが書いた曲で、打ち合わせのときに僕はてっきりこの曲は英語でって聞いた記憶があったので、英語で書いてレコーディングの当日に行ったら“あれ?英語で書いてきたんですか?”って(笑)。まあどっちでもいいんですけど、せっかくだし英語で録りましょうとなりました(笑)。