MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2010.06.11UPDATE

2010年06月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt) Masatoshi “SHO” Ono(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-小野さん加入後初の復活ライヴがLOUDPARK09 だったというのはかなりの衝撃でしたが、LOUDPARK 出演が決定した時の気持ちを教えてください。

Masatoshi“ SHO” Ono(以下O):幕張メッセで歌ったことがなかったので、まず幕張メッセで歌えるって言う楽しみと、名だたる海外のヘヴィメタル系のバンドが来るので、頑張らねばなぁっていう気合の部分と、あとやっぱりGALNERYUSに正式加入してのお披露目みたいな感じの日でしたから、どんなライヴでもしっかりやるのは当たり前なんですが、より印象付けられるように頑張ろうというとにかく前向きな気持ちのみでしたね。
いやしかし生で海外のヴォーカルを聴くと獣ですね、あの声は。肉をずっと食ってる人たちは違いますね(笑)ワァーって言っただけでなんであんな声なんだろうって・・

Syu(以下S):(小野さんも)全く負けてないですよ(笑)

O:でも大掛かりなイベントで凄かったですね。少し思ったのですが同時刻に隣でやっているバンドが僕でも知っているようなバンドのHIBLIAだったんですが、GALNERYUSをみんな観に来てくれて嬉しかったですね。

S:なんで同時刻なんだっていう。

-ジャンル的にも近いところにあるバンドですものね。 Syuさんにとっても小野さんが正式加入して初めてのライヴでしたし特別な気持ちを持ってライヴに臨んだのでしょうか?

S:5月にPURE ROCK JAPANで正式メンバーという状況ではなかったのですがゲスト・ヴォーカルという形で出演してもらってたので、どんな感じかは分かっていたので不安な要素というのは全くなかったですね、ただ楽しもうっていう気持ちで。

-アルバムの話に移らせていただきたいのですが、『RESURRECTION』というアルバム・タイトルはヴォーカル脱退から小野さん加入を迎えての心境をタイトルにしたのかなと感じたのですが実際はいかがですか?

Syu(以下S):去年一年アルバムが出せていないって言うのがあったり、小野正利が加入っていうトピックがあったり、気合の入り方がいつもよりさらにあって、“メンバーが変わりました、GALNERYUS が復活しました”っていうのを大々的にタイトルにしても良いのかなっていうのはもちろんありましたね。

-小野さんをヴォーカルに迎えた経緯を教えてください。

S: 去年の5 月にイベント出演が決まっていたのですが、その前年の12 月にはすでにGALNERYUS の出演が決定していたんですね。キャンセルすることがどうしても嫌でしたし、GALNERYUS が止まるっていうのが僕は凄い嫌なので、なんとかゲストのヴォーカルの人がいないかという話が持ち上がった時に、僕は小野さんしかいないだろうっていうことでプロデューサーに相談したところ、長年の知り合いだということで電話をしてみるかと。それで、電話をかけてもらって、ゲスト・ヴォーカルとして5 月にやってもらえますかとお願いしたところ快くOK してもらって、そこからが始まりですね。

-それでは直接のお知り合いではなかったのですね?

S:2000年前後に一緒のステージでカバー・ライヴのようなことをしたことはあるんです。面識はもちろんあってしゃべったりとかはあったんですけど、ただそんなに深い知り合いとかではなかったですね。小野さん自身も僕のことを知っていてくれていたので良かったですけどね。

-小野さんは誘われていかがでしたか?

O:電話をかけてきたプロデューサーは、94年くらいからの知り合いなんですが、ちょっとしたハードロック、ヘヴィメタルのトリビュート・アルバムを企画するから一曲くらい参加してくれって話があったりとか、そのプロデューサーから電話がかかってくると、ハードロック、ヘヴィメタル絡みの何かだから、またアルバムでなにか一曲歌ってくれって話かなと思ったのですが、“GALNERYUSって知ってますか”と、知ってるも何も久武さんって方なんですけど“久武さんがやってるバンドでしょ”って言ったら、“知ってましたか”と言われたので、“1stアルバムを僕にくれたでしょ”って言ったら“そうでしたか”、“実はヴォーカルが抜けましてね、実はこういうイベントが決まってるのでゲストで出演してくれないか”と言っていただきまして、気持ちは踊っていましたけど、”そういって言っていただいたのは嬉しいですが、他にずっとハードロック、ヘヴィメタルを歌い続けている20代、30代の正統派ヴォーカリストはいないの?“って聞いたら、”いないんですよね“って、”じゃあ僕で良ければぜひ“ってことで。”ただいくつか条件があるんですけど“って言って、条件って言ってもほとんど冗談みたいなものなんですけど、“超絶ハイトーンは疲れるから嫌だ、ハードロック的なステージングももうできないからいい?ハードロック的な行くぜー!!みたいなMCもできないから”って言ったら、“あーもうやんなくて良いです”って言っていただいて。でも実際ハイトーンだったと(笑)

S:蓋を開けてみたら(笑)

O:でも全く知らないバンドじゃなかったし、もちろん1stアルバムをいただいて聴いていたし、Syu君のこともたまに会うと話をしてたので、なんとなく人となりも分かっていたし、もちろんプロデューサーの人間も知ってて、あとは僕がどういう声でどういう歌唱をする人間か分かった上で話しを持ってきてくれていたので変に気張らずにゲストとして参加すればいいのかなと思ってじゃあやりますってことになりました。