MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2013.09.09UPDATE

2013年09月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-少し前になりますが、Ozzfest Japan出演いかがでしたか? 右腕が事故から完治していない状態での出演だったようですがいかがでしたか?

右腕が復調していない状態での中で、リハビリ後初のライヴだったので、自分に対するプレッシャーは凄いあって、でもそれのおかげで凄いたくさん練習したし、ギターに対して更に向き合うこともできましたね。あとSLIPKNOTがヘッドライナーの日でラウドな人たちがいっぱい出てるなかで、メロディック・メタルがどれぐらい攻撃力を発揮するのかってところが凄いあったんですが自分たちの持ち味をしっかり出すことができて、最後は会場全体が大団円みたいに手を上げてくれて、いい経験になったなと思います。むしろSLIPKNOTを僕も好きなんですけど、SLIPKNOTを好きな人たちもGALNERYUSみたいなメロディック・メタルを捨てたもんじゃないってもっとたくさん思ってくれる人が増えたらなと思いますね。

-私も拝見させていただきましたが、アウェイ感は全く感じさせず非常に盛り上がっていましたし、評判もすこぶるよかったですね。

確かにそこまでアウェイな感じはしなかったですけど、もっともっとメタルで繋がっていってほしいなと思いますね。 大作曲の「Angel of Salvation」をあえてやったっていうところは、僕らにとってはある意味作戦というところもあって。今の僕らの最高峰の曲なのでこれを叩きつけて会場のお客さんがどんな反応を示すか見てみたい気持ちがありました。

-そして今年5月にリリースされた『THE IRONHEARTED FLAG Vol.1: REGENERATION SIDE 』ですが、リスナーからの非常が評判がよかったですね。小野さんのヴォーカルやアレンジが素晴らしいとはいえ、ここまで肯定的な意見に寄るとは想像していましたか?

ありがたいことに良い感じですね。REGENERATION SIDEに関しては昔のメンバーで収録した曲を現メンバーで再び収録したというセルフ・カヴァーですね。ARCH ENEMYでいう『The Roots Of All Evil』みたいな感じです。僕は小野さんとTAKAさんとやり始めてもうだいぶ経つんで、もうただ普通にその曲を演奏して、良いものを作ろうってぐらいの考えだったんですけど、僕らよりも聴いてくれるお客さんの方が変化を感じとってくれてるみたいで、"この曲はこんな曲だったのか"って新たな発見があるようです。ちょっと語弊はありますけど、"こんな良い曲だったっけ?"って言われる曲もあったりして、素直に嬉しかったですね。

-ほとんとマイナスな意見がないですね。

賛否両論があることはもちろん分かっているんですけど、褒め称える方が多かったのは確かですね。

-そして前作と対になっている『THE IRONHEARTED FLAG Vol.2 : REFORMATION SIDE』が完成しました。こちらの制作はいつ頃から開始したのでしょうか?

ツアーと並行して作ってました。リリースが終わって、ツアーが札幌と東名阪であったんですけど、その中でアレンジを含み、どういうメロにするのかもいろいろやって。歌詞と題名を変えて、メロディもちょこちょこ変えていくのは決まってることだったので、早々に始めないとまずいことになると思ってたんで。ドラムはそんなに変わらないんで、バッと録っちゃって、そこからメロディを組んでいきながら、小野さんに歌詞を書いてもらったり、僕が書くものもありましたね。

-実際どのような点に重点をおいて制作しましたか?

今作はセルフ・カヴァーの域を超えて、新曲という感じで作らないといけないと思ってました。なぜかというとセルフ・カヴァーして生まれ変わった曲を聴いた時に"何じゃこりゃ?"って思う人は少なからずいると思うんですよ。なのでとにかく自分たちが満足して、胸張ってリリースできるかっていうところに、今までで1番と言えるぐらい妥協することなく100%以上の力を注ぎ込みましたね。前の作品の方が良かったと言う人がいるのは分かってるんですよ。そして今の方が良いって言う人がいるのも分かってる。ただ僕ら自身としては、今回の方が絶対に良いものだって胸を張って言えるものを作りたかった。それがむちゃくちゃ難しかったです。前のヴァージョンが体に染み込んでいるというのもあったし、それを取り払いながら小野さんの声をどう歌に乗せていくのかとか。楽曲のバック自体はそんなに変わってないので、歌の乗り方だけなんですよね。もう本当に難しかったです。現布陣で提供できるクオリティに関しては、僕は前のメンバーの時より高いと思ってますが、常にお客さん目線でも見るようにしています。その時に前の方が良かったなって自分自身がそう思わないように、もう重箱の隅をつつくような日々が毎日10数時間でした。歌に関しては小野さんに凄い頑張ってもらって......よく小野さんキレなかったなって(笑)。それぐらいハードル上げまくりましたね。