MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2010.06.11UPDATE

2010年06月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt) Masatoshi “SHO” Ono(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-それではぜひアルバムもリリースすることだし、海外進出を狙いたいところですね?

S:この布陣になって、僕は心の底からバンドに胸を張ることができたんで、いろいろな悩みであったりストレスであったりっていうのを抱えながらやってきたんですけど、今回は本当に誇れるアルバムを作れたんで、どこにでも行きたいですね。

O:(実感を込めながら)行きたいですね~

S:羽が生えればどこにでも行きたいですね(笑)

-今現在、海外には老若問わず、メタル・シーンが確立していますが、ここ日本を見渡してもあなたがたの存在は孤高のものですね。どこのシーンにも属していない誇らしさもあり寂しさのようなものはありますか?

S:多分、この手のバンドって言うのは音楽的に最低ランク弾ける努力をしないといけないっていうことがどうしても必要ですね。あと努力が足りないんじゃないですかね。

-言ってしまえば?

S:表現をできるかできないかっていうところだと思うんですよ。パフォーマンスにおいても作詞作曲においても、トータルにおいてこのバンドはどういうバンドなのかって言うのを見せられるところまで辿り着いていないヘヴィメタル・バンドが多いんですよね。なんか一個、例えばギターが速弾きが上手いっていってもライヴを観たら縮こまって弾いていたり、“あー速い速いっ”て(笑)

O:分かるなぁ(笑)

-パフォーマンスまで行き着いてない(笑)

S:メタルってマニアックに陥りがちじゃないですか。テクニカルなのがかっこいいのでこれをやろうとすることで自分がドツボに嵌ってしまうんですね。そこをなんとかして抜け出せるかっていう、パフォーマンスを一生懸命見せようとしてるんですけど、弾けてない人が多い。やっぱりメタルのリスナーって耳が凄い肥えているので、かと言ってそれができるだけでも伝わらないし、それが凄く難しいと思いますね。
ちゃんと自分の覇気がお客さんに伝わらないと駄目だなと思いますね。

-そういう意味で若手でこのバンドはオススメというバンドはいますか?

O:いないんですよ。

-いないですか・・寂しいですね。

S:寂しいというか、なかなか出来へんでと思いますけどね。

O:多分そのうち出てくるとは思いますよ。僕の世代が二十歳くらいの時にハードロック、ヘヴィメタルの番組なんかもよくやっていて、僕の世代が親になって子供たちがそれこそ高校生だなんだっていうと、“VAN HALENが好きです”とか、“なんでVAN HALEN知ってるの?”って言うと、お母さんがレコードを持っているっていう世代が今二十歳になっていますから、今ヴォーカル・レッスンに来ている子のお母さんがまた飛んでいるお母さんで娘さんが中学生なのにKISSのT-シャツを着てBLACK SABBATHがどうのこうのとか口にするんですよね。吹奏楽でコントラバスをやっているみたいなんですが、お母さんと筋肉少女隊を観に行くんですって言ってたりとかそんな子たちが湧いてくると思うんですよね。

S:今結構危険な感じがしますよね。実際の話、あんまり良いなと思うバンドがあんまり思い当たらないんですよね。

担当:実際テクとかある若い世代がピュアなメタルの方に来ないというか、伝統的なピュアなメタル・バンドがいるんだけど、ちょっとレベル的に残念な感じで抜けてくるのがいないという状況ですね。ラウドな方に行っちゃうかビジュアル系の方に行っちゃうんでしょうね。

-ビジュアル系には上手いバンドがいっぱいいますね。

S:そうですね。盛り上がっていますね。
ピュア・メタルがやっぱり一番難しいジャンルなんでしょうね。

O:ライヴハウスを観に行っても、ライヴハウスも随分と敷居を低くしてしまっているから、僕らより上の世代の人からみれば僕らの世代もまだまだと思うのかもしれないけれど、僕が二十歳くらいでライヴハウスに出させてもらってる時は、目黒の鹿鳴館に出ているっていえば、“きっとこんな音楽やってるのね”って、例えば神戸のチキンジョージに出てるって言えば、“うわ!チキンに出たことあるの!?”っていう反応だったんですが、今は敷居が低いのでどこに出ていてどんなジャンルをやっているかも分からないし、卒業生がライヴやるってんで観に行くと驚きますよ。多分Syu君があの場にいたらどうなるかなぁ(笑)
S:まじっすか(笑)

O:ライヴハウスに出るんだ、人前に出るんだって意識はあるんでしょうけど、なにかが低いんでしょうね。

-8月から10本程のライヴが入っていますが、それまではライヴの予定はないのでしょうか?

O:それまではないです、はい。

S:それまでは音源の制作とかをやったりとか、また詳細はホームページでアップして行くんでということで。