MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2010.06.11UPDATE

2010年06月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt) Masatoshi “SHO” Ono(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-じゃあもともと参加した段階ではゲスト1本での参加だったのですか?

S:もともと僕はメンバーになってもらうつもりで(笑)

-誘われた側としてはゲストとしての感覚で?

O:まあゲストで、でも早々に、“ちなみに正式加入ってのはどうでしょう?”っていう話はありましたね。

S:まあお付き合いがあって結婚してみたいなもんですね(笑)

一同:(爆笑)

O:去年の5月のイベントに向けてリハーサルをスタジオで行っているときにそういう話が出て、そう言っていただくのはありがたいけど、一回ステージをやってみたら思っている感じと違うっていうのがメンバーから出るかもしれないし、ましてやずっとバップレコードからCDをリリースしているので、レコード会社の考えもあるだろうし、でも“その辺は大丈夫です”って言われて、で一回ステージをやってみてそれでも“加入しない?”って話になったので、“じゃあ私で良ければ嫁ぎますみたいな”(笑)
いや、でも本当ありがたいことですよね、望まれるっていうのは。

S:小野正利がそういうことを言うとは思っていませんでした。

O:だから僕の中では、歌うことっていうのは昔からの共通事項であってジャンルはそういう意味ではあんまりこだわっていないんですよね。だから逆に言えば、ポップスを歌っている小野正利みたいな意識も多分GALNERYUSのメンバーにもあんまりなくて1ヴォーカリストとしてみていてくれたので参加しやすかったですね。
例えばですけど、周りを見回してみても良いヴォーカリストがいないから、小野にちょっと声をかけてみるかという感じではなかったんだろうって思うんですね。そこが凄く居心地が良い感じでゲスト参加させてもらったんですけどね。なにかしら縁があるんですよね。ハードロック系って(シーンが)狭いので知り合いの知り合いはみんな知り合いなので、最初にリハに行ったときもドラムのJUNICHIさんが僕がアマチュア時代にやっていた曲をカバーしたことがあるって話を聞いたりとか、みんな気の良い人たちで良かったです。

-一回一緒にライヴをして加入を決断したと。

O:そうですね。

-またベーシストにTAKA氏が加入しましたが、加入の経緯を教えてください。

S:ドラムのJUNICHIの知り合いで紹介を受けまして、オーディションがてらに一回スタジオでやってみようとなりまして一緒にスタジオで合わせてみたら、なんてストイックに弾く人なんだと、不安の欠片もなく即効で決まったという、まあ運が良かったですね。
また彼は英語が達者で、帰国子女だったりするんで、そういうところも凄くプラスになりますし。

-イントネーションとかも手伝ってもらったりとかはありましたか?

S:基本は小野さんにすべてやってもらっていたんですが、ネイティヴ的なそこに住んでいないと分からないようなこととかがたまにあって、そういう部分を教えてもらいましたね。

-アルバム全編良い意味で凄くアニソンっぽいですよね?
テレビ・アニメ「RAINBOW」のエンディング・テーマに起用されたことが、ファンベースを一気に広げることになるのではないかと感じました。

S:ロッテの今井選手の打席に入る前の入場曲に選ばれたという・・

レーベル担当者:昨日マネージャーから連絡が入ってきて、もともと今井選手が「RAINBOW」のファンでアニメを観ていたところ、エンディングに非常に心を打たれて、今絶賛ペナントレースが始まっていますが、途中でも即効変えたいと言って頂いたので昨日音源を送って、金曜(5/21)の試合から差し替えるっていう話です。

S:そうやってご自身の入場テーマ曲にしてもらうっていうのは非常に嬉しい話ですよね。

一同:凄いですね!!

S:そうやってご自身の入場テーマ曲にしてもらうっていうのは非常に嬉しい話ですよね。

-まさにこれも1 つのタイアップ効果ですね。

O:GALNERYUSはこうやってしっかり活動してアルバムもコンスタントにリリースしてきていますけど、僕はソロで活動してきてここ数年思うようにリリースができないみたいな状況があって、でも作るのだけは作れるんですよね。作りました、出しました、ライヴやってますよ、ってだけではちょっとアレなので、でもGALNERYUSは今回タイアップで二次的にそんな話もあって、やっぱり露出をしていくというのは大事ですね。より多くの方に聴いてもらうってのは。

-タイアップは初めてですが、実施にエンディングで流れるところを観ましたか?

両者:観ましたね。

S:リアルタイムで小野さんにメールしましたよね。

O:僕は親戚の叔母さんに見せてもらいました。親戚の叔母さんが見て、僕、マサ君って呼ばれてるんですけど、“マサ君って声高いのね”って言われて、ライヴも観に来てくれたことがある親戚の叔母さんなんですけどね(笑)“これいい曲ね~”って言っていただいて、やっぱり年齢関係なく良いものは良いと感じてくれるみたいですね。タイアップすることによってより多くの人に聴いてもらえる、さっきの今井選手のように原作が好きでそれがどうやらアニメ化されたから見てみよう、そしたら偶然エンディングを聴いて“ああ、いいじゃん”って。入り口がどこであれGALNERYUSってバンドを知って、どんなバンドなのってところから入って聴いてもらえればそれで広がっていきますからね。
いや、いい話ですね。