MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2009.05.18UPDATE

Crossfaith

メンバー:Koie(Vo) Kaz(Gt) Teru(Vision-Prog) Hiroki(Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-あなたがたの評価は曲だけでなくライヴも凄まじいと評判ですが、普段スタジオでどれほどの練習量をこなしているのでしょうか?

Kaz:それも秘密にしとく?(笑)
T:スタジオは週に一回、二時間です。しかもある曲を一回しか通さないですよ。特に変わった事はしてないです。感動したライヴの影響は大きいですね。自分がかっこいいと思ったものを、ライヴに取り入れていくこと。
Tatsu:個人個人のライヴに対する考えがあるからだと思います。ライヴには常に本気で挑んでます。
K:ライヴかっこいいバンドじゃないと意味がないと思うので。いかに自分が客観的に自分のライヴを観て魂が震えるかやと思います。
HI:一本一本のライヴを大事にしているんです。後から入った僕はこのバンドのライヴに対する意識の高さに驚いたことを憶えています。
Kaz:意識していることは全てを出し切ることですね。ライヴはテンションですから。ライヴは自分の限界に挑戦ですよ。後、メンバー間でお互い言いたいことは全部言いますしね。負けずぎらいですから。

-先日のSCAPRGOATのツアーにも出演していましたが、各媒体やお客さんからメイン・アクトのSCAPEGOATを食ってしまっていたと聞きました。海外のバンドのサポートをすることで自分たちのバンドとしてのレベルが把握できると思いますが実際には海外でも十分通じると感じているのではありませんか?

Kaz:SCAPEGOATもいいライヴしていましたし、それは好みや主観の問題で、僕らの判断することじゃないですが、自分たちはとにかく勝ち負けではなく、全力でライヴしているだけです。国内外、大小関係なくこれからも全力を尽くすだけです。

-重音楽祭、IN THIS MOMENTジャパンツアーを始め大きなライヴへの出演が増えてきますね?まだ少し先ではありますが心構えがあれば教えてください。

K:今ある全てを出し切って、やるだけですね。観に来て下さった方に心から楽しんでほしいです。
Hi:CDが出た後の最初のライヴなので、既に曲を知っているお客さんにと新しい一体感のある楽しみ方をしてもらえれば幸いです!

-国内、海外問わず目標にしているバンドはいますか?
また海外のバンドでタイバンをしてみたいバンドがいましたら教えてください。

K:目標にしているという訳ではありませんが、AUGUST BURNS RED, PARKWAY DRIVE, DEVIL WEARS PRADA, KILLSWITCH ANGAGE, LAMB OF GOD, AS I LAY DYING, UNEARTH, BLEEDING THROUGH, UNDEROATHは本当にライヴがかっこいいバンドなので、同じステージに立ってみたいです。

-Crossfaithとして行き着く最終的な目標を教えてください。

K:国籍に関係なく、世界で評価されるバンドになることだと思います。具体的にはDownload Festivalなどの海外のフェスに出演すること、1000万枚CDが売れるようなバンドになることです!(笑)

-このアルバム・リリースを機に東京に活動の場を移すというような計画はありませんか(笑)?

Kaz:特に考えていませんね。べつに日本に住む上で大阪でも東京でも俺らは変わらないと思うので。拠点というより、楽しみにしてくれているお客さんがいれば、全国行ける限り、どこでも行きますから。

-最後にこのインタビューを読んでいるキッズにメッセージをお願いします。

K:ライヴに来て一緒に楽しみましょう!
Kaz:スピーカーの中でもいいので、みんなの楽しい形で僕らの音楽を楽しんでください!
T:俺らもキッズですし、激ロックやライヴで会ったときは、型にはまらず、一緒に楽しみましょう!