MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2009.05.18UPDATE

Crossfaith

メンバー:Koie(Vo) Kaz(Gt) Teru(Vision-Prog) Hiroki(Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-フル・アルバムではなくインストを入れての8曲入りでしたね?
正直この点だけはもの足りない感じで残念だったのですが、曲作りはかなり苦労する方ですか?

K:アルバムの定義には長さや内容など色々とあると思いますが、僕らは8曲入りのアルバムとして今作を製作しました。インストにも大きな意味があるアルバムなので、曲の数や、尺ではなく、目を瞑って曲の世界に浸ってくれると嬉しいです。
Kaz:物足りなく感じてもらえるのは逆に光栄ですね。もっと聴きたいと思ってもらえているのは僕たちとしても嬉しいです。
T:曲作りに関しては苦労というより、無限大にある曲の可能性を最大限に活かせるまで、絶対妥協はしません。他にも収録する予定で録っていた曲もありましたが、そういう意味で今回のアルバムには現時点の僕たちの中では、一番いい形でアルバムに出来たと思います。Kazukiも言ったように曲数よりもアルバムの内容とクオリティーに焦点を合わせた分、何回も聴きたくなり、何回も聴くうちにその曲の情景やストーリーなんか発見のあるアルバムになっていると思います。角度を変えたら同じものも違う見え方がある、というジャケットのメッセージもあるんですが、アルバムとしても同じことが言えるということです。

-あなたがたのサウンドの特徴はハードコアにスクリーモ的要素、そして近未来感を描き出すエレクトロニカと今現在のメタル、ハードコア・シーンのトレンドともいえるサウンドを絶妙なバランス、そして他の追従を許さないハイレベルな次元で表現している点だと思うのですがいかがですか?

K:ありがとうございます。そう感じて頂けましたか。ハイパーなサウンドを貫いた結果だと思います。
Kaz:各々の自分のスタンスを崩さずに、いかにバンドとして混ざり、一つの音になるかという点において、妥協せずこだわった各々の個性を出しきった結果です。
K:今のトレンドとかは関係なく、このメンバーで結果的にこうなったということですね。
Kaz:このメンバーだから出る多面性が面白く感じてもらえる音になったんだと思います。

-曲作りのやり方はどのような感じですか?メンバー全員で話し合いながら作っていくのでしょうか?

T:Crossfaithの曲作りは、まずKazukiがギターで原案を持ってきて、それを元にみんなで土台を作っていきます。まず楽器隊でメインを作ってから、その後に僕のパートは乗せて行くんです。

-マイスペを見ると自分たちのサウンドをドラマティック・ハードコアと書いていますが、メタルコアでもエクスペリメンタルでもメタルでもなくドラマティック・ハードコアにしたこだわりがありましたら教えてください。

T:Crossfaithのオリジナル楽曲を作る初期段階では、エレクトロが入っている既存のメタル・バンドはあまりいなかったので、お手本のない状態で、既存にあるジャンルにとらわれずに、僕らの曲には、必ずストーリーがあるので、そのドラマテックな部分、独自の世界観を表せたらいいなと思ってこの文句を謳いました。

-今回の取材は激ロックフリーマガジンにインタビューが掲載されますが、今まで掲載された日本のバンドはDir en grey、10-FEET、AGGRESSIVE DOGS、FACTの4バンドのみです。あなたがたが5バンド目になりますが、リリース・タイトル数やメンバーの年齢的にも異例ずくめです。ここまで注目されていると逆にプレッシャーにはなりませんか?

H:こういう状況をむしろ楽しんでいますよ!
Kaz:プレッッシャーを感じてるような奴はこのバンドにはいないですね。プレッシャーというよりは、モチベーションが上がる一方ですね。俺たちはどんなに叩かれても、どう騒がれても自分が好きな事をやってるだけです。反応してくれる人がいるという事は最高ですね。バンドってそんなもんじゃないんでしょうか。
K:好きな事をやってるだけだから。そのとおりですね。
Tatsu:プレッシャーはまったくないです!もっともっといいものを作っていきたいという気持ちがむしろ強くなりました。

-あなたがたの曲はすでに激ロックではヘヴィ・ローテーションされており東京、大阪、名古屋どこでも非常に盛り上がっています。洋楽ロック中心の激ロックでここまで支持される理由はなんだと思いますか?

全員:ありがとうございます。
K:それは俺たちが激ロッカーだったから、自然にそういう要素があったのかなぁ(笑)。
T:正直、後からついてきた結果なので、自分たちでは、その理由は、はっきり分かりませんし、そうなることを狙って作ったわけではないですが、洋楽ファンの方に楽しんでいただけるのは、結果としてとても嬉しいですね。

-世界基準という言葉を日本のバンドの広告ではよく目にしますが、Crossfaithのサウンドは世界を狙っていけるものだと思います。海外のバンドからツアーに誘われたり、レーベルからリリースのお誘いなどはありませんか?

Kaz:それはまだ秘密です!(笑)
Ko:色々と面白い話があるのは事実です。色々と積極的にやっていきますのでお楽しみにということで。