MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

AA=

2022.07.14UPDATE

2022年07月号掲載

入手困難となっていたコンセプチュアル・アルバム『story of Suite #19』が―― 通常盤としてリリース

ライター:吉羽 さおり

AA=としても、個人としても特殊なアルバムを作ることができた


昨年12月にVICTOR ONLINE STORE限定発売となったスペシャル・フリース・マフラー付アルバムCD『story of Suite #19 Limited Edition of Header Package』。閉塞感、不穏な沈黙、そこから生まれる人々の感情の軋みや諦め、そして希望の兆しが描かれた物語は、コロナ禍で混乱したこのリアルな世界を投影したような作品であり、AA=作品の中でも異色な立ち位置のコンセプチュアルなアルバムとなった。生産枚数が限られ、VICTOR ONLINE STOREのみでの発売方法もありコアなファンが手にし、愛蔵版的な存在にもなっていた『story of Suite #19』。多くの反響があり入手困難となっていたこのアルバムが、7月20日に通常盤としてリリースされることが決定した(今回のリリースはCDのみ)。また同日には、2022年2月26日に恵比寿LIQUIDROOMで開催した、AA=としては2年3ヶ月ぶりの有観客ツアー"LIVE from story of Suite #19"の映像作品もリリースとなる。


改めて『story of Suite #19』を紹介する。アルバムのもととなったのは、昨年3月に限定リリースした配信ライヴ映像作品『DISTORT YOUR HOME』に、シングル曲として同梱された10分を超える組曲「Suite #19」。このシングル制作当時の心境について上田剛士(Ba/Vo/Prog)はインタビュー(※2021年12月号掲載)で以下のように語っている。

"(コロナ禍でライヴができないなかで)今まではライヴの状況をイメージして作っていたものが、それがイメージできないというか、イメージすると嘘になってしまう。リアリティがなくなってしまう。結果的には、今自分が作りたいものは何かという単純なところに落ち着くんです。とにかく嘘がなくて、今の自分の状況とか気持ちとか環境の中で、作るべきものは何かという感じでした"。

そうして完成したシングル「Suite #19」は、何か直接的にメッセージを伝えるものというよりも、コロナ禍によって世の中の動きや人との交流が遮断された状況を物語的、寓話的に描いた曲となった(AA=作品のヴィジュアルを多く手掛けるshichigoro-shingoの作品を使用したMV"the short film Suite #19"で、その世界観を映像としても味わえる)。この時点ではアルバムへという構想はなかったが、まだ描き足らない思いもあった。そこから曲を書き足していくことで1枚の作品となったのがコンセプチュアル・アルバム『story of Suite #19』だ。「Chapter 1_冬の到来」に始まり、「Chapter 9_SPRING HAS COME、取っ手のない扉が見る夢、またはその逆の世界」までの全9曲で構成される今作は、これまでのAA=のアグレッシヴさや、生々しくエネルギーが迸るバンド・サウンドとはまた違う。

"もともとストーリーみたいなものが頭の中にあって作っているので、音楽を作っているというよりも、小説や映画みたいなものを作る感覚に近いかもしれないですね。自分は音楽家なので、それを音でどうやって表現するかというところで"。

ページをめくっていくようにひとつひとつの感情、肌感覚、空気感が映像的に浮かび上がり曲は進んでいく。長い冬がやってきて、何かから身を守るように閉じられた街の中で少年の目を通して描かれる。その閉塞感への不安、混乱、苛立ち、そして無力さの中時間だけが過ぎていき何と戦っているのかもわからなくなる疲弊や、麻痺していく感情、そんななかで人は何を思い、何を願うのか。抑えた音響でいながら、ヒリヒリとしたノイズや不穏な音に次第に覆われていくなかで始まる語りや、刻々と状況が変化していく様がインプロ的なベースとドラムのセッションで描かれ、そしてそれぞれのシーンを彩るようにラウドに、内省的に、希望の色もにじませて曲が進んでいく。

"シングル(「Suite #19」)同様に、結局このアルバム自体も9曲でひとつみたいな感覚で作っていますね。一曲一曲分かれてはいるけれど、1曲だけ抜きとって「これが今回のアルバムの代表曲です」みたいなことは──プロモーション的にはそういうのはあると思うんだけど(笑)、こちら側としてはあまりそんな気持ちはないというか。全部アルバムを聴かないと成立しないという、時代とはちょっと逆行しているものを作っているんですけど、それもいいかなと。そういう意味でも特殊ですね。AA=としても特殊だし、自分個人としても特殊なものを作ることができた"。

直接的にコロナ禍に触れたものではないが、この約2年間、局地的なものでなく世界を覆っていった出来事が投影された。ウイルスへの混乱の時を経て、落ち着きを取り戻しつつある今。ここからは、音楽でも文学でも映画でも、様々なところでアフター・コロナの世界を描くものが出てくると思う。コロナ禍もまた、確かにあったこととして歴史のトピックとして資料的にまとめられて、教科書にも載ることになるだろう。アルバム『story of Suite #19』は寓話的な作品ではあるけれど、史実として教科書などの中で数行でまとめられるところからはどうしたってこぼれてしまう、物事の渦中での人々の心の機微、社会のムード、その実態のないムードが引き起こす圧力、生き抜いていく本能的な衝動などが音楽的に、リアルに封じ込められている。未消化の感情を置き去りに、時代だけは新しく進んでいくなかで、その癒えないしこりや心の置きどころとなるのが音楽や文学、芸術というものになる。2020年から2021年という間に、戸惑いを覚えながらも静かに、確かに紡がれていったこのアルバムは、そうした役割も担える作品だ。

通常盤アルバムとして『story of Suite #19』がリリースとなる同日には、今年2月26日に行われたこのアルバムの完全再現ライヴの映像作品もリリースされる。久々の有観客ツアーで、バンドによる生の演奏とshichigoro-shingoのイラストを使用した映像とで表現したステージは、爆発的ないつものライヴとはまた違った美しい緊張感や叙情性があり、没入感のあるものになった。ライヴが始まるまでは、このアルバムのコンセプチュアルな世界を生でどう表現するのかという思いがあったが、単なる再現に留まらず作品の空気感、それぞれの曲に込めた感情が爆発するステージは圧巻だった。この映像作品もその臨場感を体験できるものになっており、またライヴ後半は、いつものようにフロアと一緒になって熱を生んでいくステージとなっているので、ふたつの様相のライヴが味わえる内容で必見だ。今後、この形式でのライヴはないかもしれない、そのスペシャルなライヴを映像作品でも楽しんでほしい。


▼リリース情報
AA=
ライヴ音源
『LIVE story of Suite #19 AT LIQUIDROOM 20220226』
LIVEstoryofSuite19.jpg
2022.07.06 ON SALE!!
配信はこちら
※配信リリース

ライヴ映像作品
『LIVE from story of Suite #19』
2022.07.20 ON SALE!!

aaequal_bd.jpg
【Blu-ray初回限定盤】(BD+CD+BOOKLET)
VIZL-2078/¥9,350(税込)
amazon TOWER RECORDS HMV
【Blu-ray通常盤】
VIXL-381/¥7,700(税込)
amazon TOWER RECORDS HMV

aaequal_dvd.jpg
【DVD初回限定盤】(DVD+CD+BOOKLET)
VIZL-2079/¥9,350(税込)
amazon TOWER RECORDS HMV
【DVD通常盤】
VIBL-1062/¥7,700(税込)
amazon TOWER RECORDS HMV

[Blu-ray / DVD]※共通
2022年2月26日(土) 恵比寿リキッドルームで開催された"LIVE from story of Suite #19"、全23曲を完全収録。
1. Chapter 1_冬の到来
2. Chapter 2_閉ざされた扉、その理
3. Chapter 3_美しい世界
4. Chapter 4_過ぎていく時は君の物語と似ている
5. Chapter 5_CLOSED WORLD ORDER
6. Chapter 6_BORDER
7. Chapter 7_ある日の告白、広がる銀世界 / COLD ARMS
8. Chapter 8_WHY DO YOU KNOW MY NAME? ~全てを知っている君は何も知らない~
9. Chapter 9_SPRING HAS COME、取っ手のない扉が見る夢、またはその逆の世界
10. PICK UP THE PIECES
11. NOISE OSC
12. 2010 DIGItoTALism
13. 憎悪は加速して人類は消滅す ~Hatred too go fast, Vanishing all human~
14. Such a beautiful plastic world!!!
15. POSER
16. TEKNOT
17. The Klock
18. ROOTS
19. posi-JUMPER
20. SAW
21. NEW HELLO
22. FREEDOM
23. PEACE!!!

AA= - the short film Suite #19

■初回限定盤特典
『LIVE story of Suite #19 AT LIQUIDROOM 20220226』(CD)
同公演の中から、企画アルバム「story of Suite #19」の楽曲をセレクトしたライブ音源(9曲)を収録。

1. Chapter 1_冬の到来
2. Chapter 2_閉ざされた扉、その理
3. Chapter 3_美しい世界
4. Chapter 4_過ぎていく時は君の物語と似ている
5. Chapter 5_CLOSED WORLD ORDER
6. Chapter 6_BORDER
7. Chapter 7_ある日の告白、広がる銀世界 / COLD ARMS
8. Chapter 8_WHY DO YOU KNOW MY NAME? ~全てを知っている君は何も知らない~
9. Chapter 9_SPRING HAS COME、取っ手のない扉が見る夢、またはその逆の世界

②スペシャルブックレットː上田剛士の独占ロングインタビュー、およびコンセプトライブならではの厳選したフォトを掲載したスペシャルブックレット

③スペシャル音源「SE_202202tour」 ダウンロード・シリアルコード封入
上田剛士が会場SEとして制作したスペシャル音源「SE_202202tour」ダウンロード・シリアルコードを封入

コンセプチュアル・アルバム
『story of Suite #19』
aaequal_story_of_Suite_19_tsujo.jpg
2022.07.20 ON SALE!!
VICL-65718/¥3,080(税込)
amazon TOWER RECORDS HMV

1. Chapter 1_冬の到来
2. Chapter 2_閉ざされた扉、その理
3. Chapter 3_美しい世界
4. Chapter 4_過ぎていく時は君の物語と似ている
5. Chapter 5_CLOSED WORLD ORDER
6. Chapter 6_BORDER
7. Chapter 7_ある日の告白、広がる銀世界 / COLD ARMS
8. Chapter 8_WHY DO YOU KNOW MY NAME? ~全てを知っている君は何も知らない~
9. Chapter 9_SPRING HAS COME、取っ手のない扉が見る夢、またはその逆の世界

※この商品は昨年12月にVICTOR ONLINE STORE限定で発売された、スペシャルフリースマフラー付アルバムCD 『story of Suite ♯19 Limited Edition of Header Package』のCD部分のみを通常盤として発売するものです

  • 1