MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2009.10.07UPDATE

2009年10月号掲載

coldrain

メンバー:Y.K.C(Gt) Masato(Vo) RxYxO(Ba) Sugi(Gt) Katsuma(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-今年のSUMMER SONIC09大阪会場にも出演しましたが、いかがですか?

Y.K.C(以下Y):楽しかったです!
一同:爆笑

Y:アーティストとしても客としても楽しかったですね。

Masato(以下M):久しぶりの青空の下でのライヴでしたね。

RxYxO(以下R):そうだよね。ちょっとしんどかったです。一番暑い日の一番暑い時間帯だったんで、結構日差しとかやばかったんですけど、でもステージ始まったらめちゃめちゃ楽しかったですね。

M:リンプと対バンみたいな。メチャクチャステージ遠かったけど(笑)

一同:爆笑

-同日でしたっけ?

一同:そうです。

-みなさん過去にお客さんとして行っていたときは、大阪会場でしたか?東京でしたか?

Katsuma(以下K):大阪に行きましたね!TOOLが来ていたときです。

R:俺が行ったときは東京でしたね。なんとなく東京の方がセットが長いかなっていう勝手な想像で(笑)

-2007年の結成からわずか二年足らずでメジャーでアルバムを出すまでに上ってきましたね。ここまではあっという間ですか?

Y.K.C (以下Y):ホントにあっという間でしたね。がむしゃらに駆け抜けてきた感じです。ライヴに重点を置いてずっと活動してきたので余計に時間が経つのが早かったんですけど、その代わり得たものっていうのは、普通に一年、二年過ごしていては得られなかったいろんなインスピレーションやアルバムに対するアプローチの仕方とかライヴのパフォーマンス、ステージングなど限りないですね。

R:ライヴが一番大事なんで、ただがむしゃらにツアーして自分らが大きくなっていっている実感はありますね。

-2008年のシングルは国内のバンドのスケールに収まらない大器の器を感じさせると同時に、詰めの甘さも感じられ、「惜しいな」と感じていましたが、あなた方は、今振り返って見ていかがですか?

M:シングルのレコーディングの時は、まだ不慣れな部分もあって、今となっては取ることに必死すぎて、プラスアルファな部分が残せていない点は感じますね。当時のレーディングでは良いものができているって実感はあったのですが、今振り返ってみると当時と今回のアルバムのレコーディングに入ったときとは全然違ってますね。アルバムはもっとプラスアルファの要素があって、そういう要素も入れられたかなと思って。シングルも成長の過程だったのではないかと思います。

-ファースト・アルバム完成おめでとうございます。一言で言えば傑作ですね。 今の気持ちを教えてください。

K:早く世に出したい!

R:シングルの二曲も入っていて昔からやっているデモの曲も入っていたりするんですが、ライヴでも全くやっていない曲が結構あったり全く誰にも聴かせていない曲がアルバムの半分以上あるので、それが自分たちの元を離れてどういう反応になって返ってくるかっていうのが凄い楽しみですね。

Y:シングル3曲入りですと僕らっていうのをなるべく全部表現しようと思っていても僕らの音楽性の全てではない訳ですよね。今回のアルバムには12曲入っているんですけど、自分たちはこういうバンドだということをすべて提示できた作品になったんじゃないかなという気はしますね。

S:楽曲のバリエーションにおいても挑戦的なことができたと思うし、凄い濃いアルバムに仕上がっていると思います。

-今おっしゃられた様に、12曲入りという初めてのアルバム制作でしたが、苦労したポイントはありますか?

M:結成当初からやっていた曲とか、シングルの2曲とかを除いて、半分以上は同じ時期に作られているんですけど、何曲入れるかのバランスとか、どうやって曲を並べようかとか、そういう点では悩んでいた点ではあるんですけど、意外と自然とまとまっていったんでそういうところは良かったかなと思っています。最近いろんなアーティストがリリースする作品ってどんどん曲数が減ってきていて、12曲って中だるみが起きやすい曲数だと思うんですけど、僕らはアルバムの中に飽きるところがあるのは嫌なんですよね。その中でうまく聴き応えがあるという作品を作りたかったので自分たちで何回も何回も聴き直したりしましたね。

-今作でのぜひ聴いて欲しいという点を教えてください。

Y:曲のバリエーションを感じてもらいたいという点が一番のポイントですね。僕らはラウドな音を出したいんですとか、凄いポップなメロディを出したいんですとか、と思ってやっているわけではなくて、自然と出た楽曲たちなんで、あんまり先入観を持たずに聴いてもらいたいなと思っていますね。

M:ラウド、ミクスチャー、エモ、スクリーモ、メタルとかそういういろんなサウンドに僕ら全員はツボを持ってるんで、そのツボを少しずつでも刺激している曲をふんだんに作っているつもりなんで、リスナーのそういうツボを押せたらいいですね。ライヴ映えする曲があったり、音源で聴いて良い曲ってのもあると思うし、いろんな楽しみ方があるかなと。

Y;あとは自分でできたアルバムを聴いていて思うことですけど、結構サラッと気構えずに聴けるっていうか、凄く攻撃的なだけだったりすると、聴きたくないなって時もあるじゃないですか、どんな精神状態の時でも聴ける作品だと思うんで、とにかくヘヴィロテ必須みたいな(笑)

R:聴けば聴くほど味が出るアルバムで、新しい発見が絶対あると思うんで。