MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

RAISE A SUILEN

2019.02.04UPDATE

2019年02月号掲載

RAISE A SUILEN

メンバー:Raychell(レイヤ役/Ba/Vo) 夏芽(マスキング役/Dr)

インタビュアー:宮﨑 大樹

-では1stシングル『R・I・O・T』について聞いていきます。2曲共にモダンなロック・ナンバーで、デビュー・シングルということもあり"これがRAISE A SUILENだ"というような、はっきりした印象を与える作品に感じました。

Raychell:RAISE A SUILENはPoppin'PartyさんとかRoseliaさんとは違ってDJがいまして、DJがいるからこそのデジタル・ロック・サウンドというか、EDMサウンドというか、そういったもので作るロックが私たちのサウンドだなと思っています。あとは感情が溢れ出すような歌詞の楽曲が多いので、吐き出すとか、ぶつけ合うとか、特に生のライヴになったらそれをより感じて楽しめるんじゃないかと。日常の中でも、自分の気持ちと照らし合わせながら聴いてもらえる部分があるんじゃないかなって。それがRAS(RAISE A SUILEN)の楽曲だと思っています。

夏芽:やっぱり特徴としてはデジタル・サウンドですね。ピコピコ、ジリジリみたいなのがいっぱい入っているんですけど、そのなかでもちゃんと楽器の生演奏が入っていて、どっちも色濃く合わさっているような感じかなと。ライヴで一緒に盛り上がれるポイントも含んでいるので、ただカッコいいだけじゃなくて、初見でも楽しめるライヴになるんじゃないかなと。RASはライヴ・バンドだなぁって思っているんですよ。

Raychell:あと、ポイントはかわいい声のコーラスですね。今までにないところだなと思うので、ぜひそこも注目してください。

夏芽:カッコいい曲なのにコーラスの声はかわいいんですよ。

-Raychellさんのヴォーカルはすごくカッコいいじゃないですか。そのコントラストもいいのかもしれませんね。

Raychell:はい。アンバランスな感じがまたいいのかもしれないです。

-ちなみに本作のレコーディングはいつごろに行われたのでしょうか?

Raychell:2018年の2月くらいですね。

-ようやくのCD化なんですね。

Raychell:2018年3月25日に"THE THIRD(仮)"として1stライヴ("THE THIRD(仮)1st ライブ")をやらせていただいたんですよ。主にライヴの中では"バンドリ!"のカバー曲をやらせていただいて。そのときは大塚紗英ちゃんがサポートに入ってくれていたんですけど、新メンバーとして小原莉子ちゃんが加入してくれたときに初めて演奏した曲が「R・I・O・T」です。そのときが初披露だったので、本当に待望のデビュー作なんですよ。

-RAISE A SUILENの曲って、1曲の中で日本語詞と英詞の割合が半々くらいになっていて、海外を意識したバンドとして位置づけられているのかなと思ったんですよ。

夏芽:お!

Raychell:言ったれ言ったれ(笑)!

夏芽:そのとおりです!

Raychell:「R・I・O・T」の最後の歌詞じゃないですけど"世界へと憑依する"っていうのが私たちの目標です。「R・I・O・T」は本当に私たちの希望の楽曲で、目指す場所も全部書かれているし、RASとしてどういうふうにやっていくのかっていう、この曲がバンドの目印みたいなものです。そういう意味では、私たちは完全に世界を目指していますね。それにこのコンテンツ自体が世界で人気なんですよ。先日もLAに行かせていただいたんですけど、"バンドリ!"のコンテンツ自体がすごく人気でした。正直私たちは"誰なんだあいつら?"みたいな感じなんですよ。それでも受け入れていただいているっていう、バンドリーマーの心の広さというか、深さをすごく感じましたね。

夏芽:この曲を初めてデモで聴いたときに、ピアノが上がっていくところがすごく和風な感じがして。私の中で夜桜が舞っているようなイメージがあったんです。だから日本人を代表して、アニソンみたいに海外に持っていける代表曲になるなって思いました。

-カップリングは"UNSTOPPABLE"というタイトルどおりの疾走感のある1曲ですよね。

Raychell:歌いながら自分の内面をすごく出せるなって思います。聴いてくださっている方も、腕と頭を振りたくなる、感情を剥き出しにしてくれる素敵な曲だなと。この曲に関しては偽りの自分ではなく、本当の自分を曝け出して向き合ってもらいたいなって思いますね。

-内面を出せるというのは、歌詞に関しても共感できる部分があるのでしょうか?

Raychell:そうですね。私はソロでの活動期間が長いので、息苦しくなって息が止まりそうになることとか、自分に"これでいいのか?"って問い掛けることもあったし、周りからは私っぽいねと言われます。

夏芽:この曲は勢いもあっていいよね。音楽面で言うとDメロから始まっているんですよ。Dメロから始まる曲ってあんまりなくない? 普通はサビ始まりだったり、Aメロから始まったりするんですけど。

Raychell:たしかにそうだよね。サビが2個あるような感じ。