MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2017.09.22UPDATE

2017年09月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

単純に泣けるものを書こうとすると難しいんですけど、今回はストーリーも相まって本当に自分の中で一番いいものができました


-やはりコンセプト・アルバムって、短編集とは違う壮大さや"一大叙事詩"的な作品を期待するじゃないですか。そういうファンの期待に、最後にこの曲がしっかりと応えてくれるという。

これまで、ずっとGALNERYUSをやってこれたのも、プロデューサーの久武さんがずっと一緒にやってくれているのも大きくて。その久武さんが一番好きだと言ってくれてる泣きメロを最大限追求したくなったんですよね。単純に泣けるものを書こうとすると難しいんですけど、今回はストーリーも相まって本当に自分の中で一番いいものができました。ヴォーカルのトラックを編集する作業で、バッキングも何もないソロで歌ってる小野さんのトラックを聴いても、それだけで涙が出てくるんですよ。"これは今までと違う!"って思って。なので"ミュージック・ビデオは絶対これで作ろう!"って思ったんですよね。

-"最初から最後まで涙腺が緩みまくり"って言おうと思ってたんですけど、全部言われてしまいました(笑)。

すみません(笑)。

-サビの部分などは気づくと口ずさんでしまうようなキャッチーさがあったり、脳内をメロデが回り続けるような感覚に......。

ありがたいですね。"五輪真弓効果"というか(笑)。

-"五輪真弓効果"って(笑)。

"恋人よ~♪"ってあるじゃないですか。あの曲って聴いてると"グワーッ"て来るじゃないですか。ああいう日本人の美的感覚を表現したかったんです。非常に難しいことだとは思いますけど、ごく稀にこういうものができるんだなって思いましたね。自分たちの中ではそういう思いで完成させることができたから、それに共感してくれる人がどれだけいるか楽しみですね。

-早くリスナーに聴いてもらいたいんじゃないでしょうか?

そうですね。歌詞カードを見つつ、ストーリーを読みながら、その世界に深く入って聴いてもらいたいですね。今は、ネット上でいろんな音楽が簡単に聴けるじゃないですか。もちろんダウンロードとかストリーミングで聴くことも、これからもっと重要になってくるとは思うんですけど、今まだこうしてCDをリリースできてる時代ですから、CDをしっかり手に取ってもらって、歌詞カードを見ながらメッセージを読み取ってほしいという思いが強いですね。

-そう考えると、コンセプト・アルバムをリリースすること自体が、あえて時代に逆らってる感じでいいですよね。そもそもコンセプト・アルバムって、流れで聴くことで成立すると思いますし、シャッフルして聴かれたら嫌なんじゃないですか。

そうですね(笑)。前作の『UNDER THE FORCE OF COURAGE』と比べると、1曲1曲のキャラがより立ってるので、まだシャッフルしても成立するのかなとは思います。

-できれば流れて聴いてもらいたいけど、シャッフルしてもOKと、そこは聴き手の判断に任せるってことですね。

そうですね。

-そして、リリース後はツアーも待っていますね。ファイナルは再び豊洲PITです。

12月22日はぜひ豊洲PITで!

-前作は、フル再現したじゃないですか。今回はいかがですか?

しますよ!

-前作でフル再現の試みを行っての課題は残っていますか?

でき得る限りやったつもりですが、もっと照明と演奏をリンクさせたり、できるできないはありますけど、火や煙を使ったり、フラッグがあってもいいのかな、とか漠然といろいろと考えていますね。なので前回よりもアップデートできるようなライヴにするのが理想ですね。

-コンセプト・アルバムの世界観を、より直接的にステージに結びつけるということですね。

そうですね! 楽しみにしていてください!