MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2015.09.09UPDATE

Crossfaith

メンバー:Kazuki Takemura(Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-うんうん、今までの作品とは1番そこが違うよね。

そうですね。今回のアルバムでは今まで以上に挑戦的なことをやっています。変化を恐れず、なんでも試さないとわかんないんで。そういう意味では自分なりにも納得できる形でそれを提示できてるのではないかなと思います。

-Teru君との共作のTrack.1「Xeno」とTrack.5「Ghost In The Mirror (feat. Caleb Shomo from BEARTOOTH)」、そしてTrack.10「Vanguard」というアッパーでアグレッションに満ち溢れた楽曲から、リスナーが驚くだろうバラード・トラックのTrack.8「Tears Fall」とTrack.11「Calm The Storm」も作曲していますが、こうして幅広い楽曲を生み出せたのは、さっきも話したけど今の環境だからこそなんじゃないかな。

そうですね。手が動かなくなっていく感覚のなか、事実を知らされた時正直すごい恐怖でした。自分の体に何が起きているのか全然理解できなくて。ただただ手が動かなくなって、技術を失っていく感覚......そういう苦しい時期に楽しい曲を書けって言われてもさすがにちょっと難しい。そんな中でできた曲が「Tears Fall」ですね。

-アッパーでハイな曲は作りづらい?

Kazuki:いろいろな不安を抱える上で、アッパーな気持ちにはなれないというか、等身大に書いたら自然とこういう曲になりました。最初は個人的に曲を書いていて、Koiちゃん(Koie)に聴いてもらったら、"これは歌いたい、アルバムに入れたい!"って言ってくれて、"じゃあやってみよう"って。その時に抱えていた気持ちをそのまま楽曲にした感じですね。

-なるほど。Koie君、ストレートなバラードに驚いてなかった?

そうですね。少し驚いてたかな。でも別にめちゃくちゃ驚く感じではなくて、曲に対して別にこうじゃないといけないっていう固定観念がメンバー誰ひとり持ってないんで。単純にその曲が響くか響かんかってところで、メンバーみんな良いって言ってくれました。

-Kazuki君がこういう環境下で集中して作った楽曲がすごくアルバムのなかでも光っていて、他のメンバーにとっても大きなバックアップになったんじゃないかなと。それがこのアルバムが最強の作品になったひとつの理由なのかな。外側の人間が軽々しく言っちゃいけないんだろうけど、Kazuki君の今の状況も全部含めて素晴らしいものに仕上がったのかなって......。

そうですね。障害だったりそういうことを経たからこそ新しく感じることであったり、そういうところは今までと全然比べもんにならんくらいあったんで。バンドにとってもこんな問題が起きたのも初めてでみんな考えるところはあっただろうし、俺も俺で考えることや思うこともあったり・・・・・・それを全部ひっくるめてこの作品なんで。人生なんて何が起こるかわからないし、今の気持ち的にはむしろ、痛い目見て良かったというか。痛い目を見て初めて理解できることもたくさんあったんで。僕はなくした以上のものを得られたと思うので、良かったと思ってます。

-ありがとう。それでは最後になるけどファンに対してのメッセージをください。

本当にいろいろとメッセージや応援をいただけて、みんなが心配してくれているっていうことが、すごく僕の中では糧に、頑張れるエネルギーのひとつになっています。まずは1秒でも早くまたステージに戻れるように頑張るんで、もう少し待っていてください。あとは本当にすごく元気で、元気すぎるくらい元気です、と......。

-安心してくれと。

そうですね。もう戻るから待っとけよって気持ちです。 あとは『XENO』についてですが、この作品は僕らの想いというか、経験したことや感じたこと、新しい試みなど今のCrossfaithの全てが詰まっているバラエティに富んだ素晴らしい作品になってるので、クレイジーになってもらえればと思います。