MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2012.10.09UPDATE

2012年10月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu (Gt) Masatoshi “SHO” Ono (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-作っている段階で、既にこれはアルバム冒頭の曲だという意識で作っていたのでしょうか?

S:前のアルバムの『PHOENIX RISING』のツアーの時からこの曲のサビはできていて、ずっと温めてきた曲なんです。サビの“タ~ラ~ラ~ラ~”という部分が好きですね。

-ヴォーカリスト的には歌いやすい楽曲なのでしょうか?

O:これも大変な曲ではありますけど、おっしゃったように“バーンッ”と始まった時の高揚感と“うわ、来たー!”という感覚を受けましたね。過去にも『RESURRECTION』の「BURN MY HEART」だったり、『PHOENIX RISING』の「TEAR OFF YOUR CHAIN」を聴いた時にいかにも1曲目という感じだなと思っていたんです。今回も正にあるところのラインでは極まりつつある感覚がすごくするんですよね。歌は大変な部分もあるけども、Syu君がイメージを持ってメロを書いているので、歌っていて気持ちいいんですよね。特にこの曲のサビの入りなんかは“スコーンッ”と気持ちよくいくので、好きですね。

-ライヴでもセットリストの初っ端に持ってくるのでしょうか?

O:そういうことになるでしょうね。ウォーミングアップをしっかりしておかないと(笑)。

S:前よりも更に入念にやっておかないとね。

-この曲は既に配信されていますよね?

S:そうですね。

O:2日前か3日前からかな?

-ちなみにPVはこの曲で作るんですか?

S:いや、「ANGEL OF SALVATION」ですね。原曲は14分半ぐらいあるんですが、それの半分ぐらいの尺に変更して作って撮りました。

-「ANGEL OF SALVATION」で来るとは思いませんでした。

S:僕らも「THE PROMISED FLAG」かなって言ってたんですけど、田中さん(レーベル担当者)が“「ANGEL OF SALVATION」でいこう!”と言ってきまして(笑)。

O:(笑)

-個人的にすごく好きなのが4曲目の「LONELY AS A STRANGER」なのですが、ヴォーカルのメロディがとことんキャッチーなのですが、展開が独創的ですね。途中からはモダンでグルーヴィで邪悪なリフが出てきたりと、新しいタイプかなと思ったのですが、その点いかがですか?

S:ストレートなリフもののへヴィな8ビートのナンバーにしたいと思ってたんですが、あんまり深く考えずに作ったので、メロの乗りが良かったのかもしれないですね。この曲もメロがパッと出て来たので、キャッチーな部類に入るのではないかなと思いますね。中間のリフはね、結構ベタでしょ(笑)?

-そうですね(笑)。

S:ベタに攻めつつ、中近東フレーズになり、泣きのフレーズになり、王道進行に行きつつというメタルの分かりやすい要素がぎゅっと詰まったええ感じの1曲だと思いますね。

-Onoさんから見てどうでしょうか?

O:キャッチーだと思うんですよ。でも、サビのメロはよくよく聴いていただくと、ブレス・ポイントがなくてずっとメロが続いているんですよ。レコーディングだったら、やり直しはできますし、なんとか録っておけばということもありますが、ライヴではきっとみんなで口ずさんで貰えそうなんだけれども、結構大変ですよね。これはさっきも言ったんですが、どんどんどんどんメロディが流れていって、あまり考えている余裕がないんです(笑)。

-なるほど。

O:いろんな方に取材していただくとこの曲が好きだという方が多いですね。

-そうなんですね。

O:もちろん他の曲が好きという方もいて、意外と皆さん好きだといってくれる曲がバラけているんですよね。それを聞いていると、もしかしたら僕やTAKAさんが参加していない過去の2枚に比べると、サビなどはついつい一緒に歌いたくなるようなメロが多いのかもしれないですね。そういう意味ではよりキャッチーになっているのかもしれないです。

S:またまた更にキャッチーな。

O:みんなでサビを歌って下さい!

-展開という意味で5曲目の「STAND UP FOR THE RIGHT」はガルネリの中でも長い方の楽曲になっていますね。展開がやはり素晴らしいなと思ったのですが、いかがでしょうか?

S:よくこの多重人格な感じの曲がまとまったなと思いましたね。1つ1つのパーツが結構クラシカルだったり、無機質なリフだったり、メロスピなサビだったりとか、ちょっとRACER-Xチックなリフにストリングスが乗っていたり、最後は合唱あり、といろいろあるんですけど、上手いことまとめるのは頑張ればできるんだなと実感した曲ですね(笑)。

一同:(爆笑)

O:1曲通して全然違和感がないですからね。

S:実は最後の合唱の部分がデモの段階ではまだなくって、プロデューサーさんが“何か付け足してよ”というリクエストをくれたので、付け足したんです。それもアクセントになって良い曲になりましたね。