MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ZEBRAHEAD|SUMMER SONIC 2011

2011.08.14 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

Reported by KAORU

日本を第二の故郷とするZEBRAHEAD。SUMMER SONICには6回目の出演と、過去最多記録を更新している。新作『Get Nice』は、震災を受けた日本への応援メッセージが含まれており、今年のSUMMER SONICへも出演を快諾と、彼らの日本に対する愛情がどれほど深いものかを再確認させてくれた。マリン・スタジアムのアリーナには、HOLLYWOOD UNDEADからの流れを受けてどんどん人が多くなっていく。ZEBRAHEADは日本の夏の風物詩!思いっきり盛り上がって楽しみたいなら、もちろんZEBRAHEADのライヴを観ないわけがないのだ。メンバーが登場し、1曲目は「Rescue Me」からスタート。Mattyの気合の入った歌が響き渡る。もちろんアリーナは皆ジャンプやモッシュしながら大沸きだ!そして「アリガトゴザイマース!アツイデース!」とMCが入り、そしてなんと、サプライズ・ゲストに黄色い衣装を着たダンディ坂野がステージに登場!右や左に移動して"ゲッツ!ゲッツ!"と会場を笑わせ、最後に「ZEBRAHEADはゲット!ナイス!」とうまくシめ、新曲「Get Nice」へと流れる。「Jag-Off」「Mental Health」はアリーナにいる観客の凄まじいジャンプの嵐で、スタンドにいるこちらまでその振動がズンズン伝わってきた。そしてAvril Lavigneのカヴァー「Girlfriend」では、もちろんお得意の下ネタを披露。サブタイトルは"Ching Ching Bing Bing"だ。メンバーから「マ○コー!ダイスキー!」コールが...毎度ご馳走様です(笑)。そして「Hello Tommorow」から、「Anthem」へと流れ、「Playmate Of The Year」で盛り上がりは最高潮に!!!
やっぱりZEBRAHEADは盛り上げるのがめちゃくちゃうまい。これだけたくさんの観客を爆発させることが出来るのは、やはり1曲1曲が全て素晴らしいということ、メンバー自身がライヴを思いっきり楽しんでいることが伝わってくるからに他ならない。新作からは「Get Nice」の1曲しか聴けなかったのが心残りだが、それは今後の単独公演に期待することにしよう。

  • 1