MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ZEBRAHEAD|PUNKSPRING 2010

2010.04.04 @幕張メッセ

Reported by 山本 真由

ラスト2バンドとなった幕張メッセのメイン・ステージ前には、REDとBLUEの2ステージの境目が無いほどにオーディエンスが集まってきた。その目的は・・・?勿論、我らが"ゼブヘ"ことZEBRAHEADを見るためだ!昨年末に来日したばかりだというのに、ホントこのバンドの人気ったら凄い。まぁ、何度見ても楽しいライヴを提供してくれているっていう実績を表しているのだろう。
なんてことを考えていたら、いきなり"パンスプでこんな演出アリなの!?"というスモークをたいたステージに颯爽と登場!!一曲目は「Hell Yeah!」、しかし最初は何だか演奏もバラバラ・・・あんまりコンディション良くないのかな、と思ったけれど、もうすでに前方のモッシュ・ピットは凄いことになっている。そんなオーディエンスの盛り上がりに助けられたように勢いでおしきり、たたみかけるように「Two Wrongs Don't Make a Right, But Three Rights Make a Left」。ラップ担当のAliが"Tokyo!Here we go!"と煽ると、フロア全体が波打つようにみんなでジャンプ!!盛り上げ方の上手さはさすが。
そして、もはや定例の下ネタMCも入り、「Jag Off」へ。クールになり過ぎ無い、こういうハッピーなミクスチャー・サウンドって凄くゼブヘらしい。そしてやっぱり恒例の"座ッテクダサイ"も出たー!しかも、広い幕張メッセの後ろの方のオーディエンスまでちゃんとみんなしゃがみ込む・・・そして、1・2・3で一斉にジャーーーンプ!!この一体感!フロアの様子が映ったモニターも圧巻の眺め。気持が良い。
続いての「Into You」では勿論、大合唱。それにしても、バンドもテンションが上がりまくっているのか、この日は1.5倍速でプレイ。早ッ。しかもAliがマイクを持ってステージを降り、キッズに歌わせるという一幕も。良く心得ていらっしゃる。
さてお次は、やるかな?やるよね?と思っていた例のアノ曲。昨年リリースされた、話題のカヴァー・アルバム『Panty Raid』のリード・トラック。あまりにバカバカしいPV(見たことの無い方、絶対見て!)が、物議をかもしたAvril Lavigneのカヴァー、「Girlfriend」!!これには盛り上がらない訳がない!
それから、イントロと間奏のギター・リフが印象的な「Postcards From Hell」ではMatty(Vo&Gt)とGreg(Gt)が向かい合ってギターを弾いたり、ここでもしっかり見せ場を作ってくる。そして、コール・アンド・レスポンスの練習が入って・・・僕たちの"サイコー!"ソング、こと「Mental Health」。もちろんみんなで"サイコー(最高)!"って叫ぶわけです。最高!
そして、Aliが他の出演バンドやパンスプに敬意を表してって珍しく真面目な良い事を言ったのに、結局下ネタに流れるという、あまりにもゼブヘらしいMCが入る。しかし、そこがまた彼らの憎めない、というか良いところなんだろうな(笑)。
そしてシメは、「フー!」(コール)&「フ○ック!」(レスポンス)、「フー!」(コール)&「ファ○ク!」(レスポンス)でお馴染みの「Playmate Of The Year」。そして、「Anthem」!という完璧な流れ。「Anthem」に至っては、曲が始まる前からサークル・ピットが出来るという盛り上がり!うん、やっぱりゼブヘってサイコー!!

  • 1