MENU バンドTシャツ

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

M

mildrage

mildrage

新世代ポスト・ハードコアを担う男女ツイン・ヴォーカル5人組による、他の追随を許さない渾身のデビュー・ミニ・アルバム!

Zephyren代表GEN氏 × exist†trace × GIVEN BY THE FLAMES × mildrage × MADALA

Zephyren × exist†trace × GIVEN BY THE FLAMES × mildrage × MADALA

"In The Family FEST"開催決定! 連続出演するexist†trace、GIVEN BY THE FLAMES、mildrage、MADALA からメンバーを招いての特別対談が実現!

MINDLESS SELF INDULGENCE

MINDLESS SELF INDULGENCE

コミックやアニメや映画からの影響が多いかな。他のジャンルのから得たものを音楽で表現しているという感じ。

MINDLESS SELF INDULGENCE

MINDLESS SELF INDULGENCE

インダストリアル・メタル?エレクトロ・パンク? 痛快コミック・バンドによる最新作が日本上陸!<br /> 「曲を書くにも、どんな風にショーでプレイするかも、曲の売り込み方もルールが無い。だから俺たちはやりたい事をやるのさ」

MINAMI NiNE

MINAMI NiNE

フル・アルバムとしては約6年ぶりとなる『SOUTH』は、"どこを切り取ってもMINAMI NiNEでしかない作品"に!

MINAMI NiNE

MINAMI NiNE

故郷宮崎への変わらぬ思いと共にMINAMI NiNEが語る原点回帰の決意

MINAMI NiNE

MINAMI NiNE

ライヴを通して、さらに多くの人たちと繋がりながら芽生えたMINAMI NiNEの熱い思い――甲子園で定番となっている野球応援歌のカバーも収録したニューEP完成!

MINAMI NiNE

MINAMI NiNE

MINAMI NiNEがメジャー・デビュー! 人と人の繋がりを大切にしてきた3人組の底力とは?

miscast × Sxun

miscast × Sxun

ピコリーモ・サウンドとシャウトが炸裂する期待のニュー・フェイス、miscast! 新曲サウンド・プロデュース務めるSxunとの座談会実現!

THE MISSION IN MOTION

THE MISSION IN MOTION

『Somewhere Safe』は、ミニ・アルバム『The Window』と『a curse, a calling』に続く三部作なんだ。俺たちは常に、新しいアイデアや新しいプレイ・スタイルを求めているんだよ。

MOSE GIGANTICUS

MOSE GIGANTICUS

MOSE GIGANTICUSはシンセサイザーを採り入れたスラッジ・メタルとハードロックとが入り混じった独自のジャンルの音楽を作り出すことができたって思ってるよ。

mistress

mistress

ヴィジュアル系×ラウドロック×アイドル!? 独特の世界観を打ち出す新世代アイドル mistress、待望の1stアルバムをリリース!

MISTY

MISTY

極上の煌くメロディ&美しいヴォーカルを携えた疾走チューン連発! 活動10年を経て"信じる"というピュアな言葉を掲げた4thミニ・アルバム!

MIYU × RAMI

MIYU × RAMI

メタル、ロック、サブカルなど多彩な音楽スタイルとMIYU自身が胸に抱く想いを、6人のヴォーカリストを介して投影した2ndフル・アルバム『Meta-Loid』

MODERN DAY BABYLON

MODERN DAY BABYLON

激ロック招聘で初来日! チェコ発の超絶技巧インストDjent/プログレ・メタル・トリオに直撃インタビュー!

OUTSIDE THE COMA

OUTSIDE THE COMA

日本×UK、ラウド×EDM、美女×野獣!? Mikee Goodman(SIKTH)が謎の美女Yuuriとタッグを組み、ダークでグルーヴィなまったく新しいヘヴィ・ミュージックの世界を作り出す!

Morfonica

Morfonica

"変わりたいって意思もありつつ、もっと力強くなる"メンバーそれぞれをテーマとした5曲をまとめたミニ・アルバム『forte』!

MOTION CITY SOUNDTRACK

MOTION CITY SOUNDTRACK

「Go」は死から去ることでもあり、生きることを受け入れるという意味もあるんだ。 生まれた時から死は確実にやってくるものだから、それをポジティブに受け入れるという気持ちがあってもいいと思う。愛で悲しみを乗り越えるのさ。