MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MEMPHIS MAY FIRE

2009.12.12UPDATE

2009年12月号掲載

MEMPHIS MAY FIRE

メンバー:Kellen McGregor(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-2008年のレコーディング時に前任ヴォーカリストのChase "Ryan" Robbins が脱退したとのことですが、どのような理由で脱退したのでしょうか。

レコーディング中にChaseがバンドを辞めた主な理由は、彼が父親になるということが判明したからなんだ。でもそれ以外に、俺たちは彼のヴォーカルが新しい作品を歌う基準に達していないと感じていたのも事実だよ。

-今作『Sleepwalking』リリースは元々2008年のリリース予定だったそうですが、リリースがずれ込んでしまったのは、ヴォーカル探しに時間がかかったためでしょうか?

『Sleepwalking』の完成は、いくつかの理由が重なって遅れてしまったんだ。でも、そうだね。主な理由は新しいヴォーカルを探すのに時間が掛かったからだよ。

-後任ヴォーカリストのMatt Mullinsは前任のChase とは大分声質が違いますが、前任のRyanに近い声質のヴォーカルを探したりはしなかったのでしょうか?

最初からChaseのような声質のヴォーカルを探していたわけではないんだ。俺たちには『Sleepwalking』をどう作り上げたいかというビジョンがあって、それにMattのヴォーカルがピッタリ来ていたんだ。

-後任ヴォーカリストをMattに決めた理由を教えてください。

Mattに決める前にオーディションで100人近くのヴォーカルに会ったんだけど、全く満足いかなかったんだ。最初にMattの声を聞いたとき、彼が俺たちのためのヴォーカルだって直ぐに感じたよ。まるで運命みたいにね。

-MEMPHIS MAY FIREはかなりメンバーが流動的だと思うのですが、今現在の最新のラインナップを教えてもらえますか?

そうだね。かなりメンバーを変えたね。現時点での固定メンバーはMatt Mullins (Vocals), Kellen McGregor (Guitar), Cory Elder (Bass), Eric Molesworth (Drums)だ。今までで最高のラインナップだと思ってる。

-唯一のオリジナル・メンバーであるあなたが主に作曲、作詞両面においてイニシアティヴを握っているのでしょうか?

そうだね。俺が唯一のオリジナル・メンバーだ。俺がずっと全ての曲を書いてきたし、今でもそうだよ。そしてMattが『Sleepwalking』の詞を全て書いた。今後もそうなる。

-Mattが加入する前に今作『Sleepwalking』のヴォーカル録り以外のレコーディングはすでに終えていたとのことですが、Chaseに合わせて作曲していたものを歌いこなすのはMattにとって大変だったのではないでしょうか?

そうだね。『Sleepwalking』の曲はMattが加入する前に作曲、レコーディングされていたんだけど、ヴォーカルは未だ録っていなかったんだ。曲はChaseのために書かれたものではないんだよ。『Sleepwalking』の曲はChaseには向かなかったんだ。そしてMattが加入して、詞を書いて、スタジオに入って、曲を録ったんだ。

-『Sleepwalking』で新たにチャレンジしたことがあれば教えて下さい。

EP『Mamphis May Fire』の時に比べたら俺たちの音楽は凄く成長したと思う。今後もどんどん音楽的に成熟していくと思うよ。

-またフル・アルバムのリリースは初めてですが、苦労した点はありますか?

『Sleepwalking』を作る上で一番苦労したことは、適切なヴォーカルを見つけることだったんじゃないかな。Mattを見つけてからは全てがスムーズに進んだし、素晴らしいアルバムを完成させることができたよ。

-話は遡りますが、2006年に結成してからわずか1年足らずでEPを完成させ、非常に大きな反響を得られ、Trustkill Recordsとの契約にも繋がりましたが、あなた方自身この素晴らしい結果は予想していましたか?

全てが速く展開したのは、多分そこにたどり着くまでにバンドのメンバーそれぞれが最大限努力したからじゃないかと思う。そしてこの結果を得られたことを感謝しているし、恵まれていると思っているよ。

-そのEPではサザンロック+スクリーモと書かれている紹介文をよく目にしましたが、自分たちではサザンロックのテイストを入れている意識はありましたか?

俺たちは確かにサザンロックのテイストを持っているよ。作曲過程で自然に出てくるものだね。南の出身だからサザンロックの影響を受けているしね。