MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2013.05.17UPDATE

2013年05月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-ではセルフ・カヴァーVol.2で、第1期、第2期の後半の曲がメインで入ってくるということですよね?

3rd、4th、5th辺りが強いと思います。当時YAMA-Bが書いたメロディに、僕があまり満足いってない状態で、時間もないままレコーディングしていって、完パケされてしまった、というのもなきにしもあらずで。だからそこを詰めた状態にして、歌詞においてもワン・パターンではなく、ちゃんとその曲の持っているイメージがリスナーに伝わる歌詞でないといけない、とか。そういうところを綿密にしっかり練って練っていきたいなと。なので本当にVol.2のレコーディングはすごい時間がかかってくると思います。

-Syuさんとしては最初の3枚のアルバムより、後半のアルバムの方がより新しくリレコーディングしたいという気持ちが強いようですね。

そうですね、強いですね。4th、5thはちょうどYU-TO君がいた時期で、彼はLOSTPROPHETSとか、今のCHILDREN OF BODOMなどの影響が強いギタリストなんで、モダンな要素を入れてきたんですよね。でもモダンな要素って僕はGALNERYUSに必要ないと思ってて。でも良い曲を書いてきたからトラックには入りましたけど、僕は正直GALNERYUSではないと思っていた。YU-TOが抜けて、YAMA-Bが抜けて、さぁどうしようという時に新布陣になって、“僕たちは本当はこういう声でこういう曲をやりたかったんだよ”というところで『RESURRECTION』というアルバムが生まれたと。なので4th、5thで不満があった部分、不満が強く残った分を再構築して、僕らはこうしたかったんだよ、っていうのを示せればなと思ってますね。

-今回のVol.1よりVol.2の方が、原曲をより変化・進化させる可能性が大きいということですかね?

基本的に「SHRIEK OF THE VENGEANCE」のようなメロスピ系の曲は、あまりバックの演奏は変えるべきではないと思う。ですけど、全体像をとらえてみて何を伝えたい曲なのかを僕がもっと判断しないといけない。突進系なのか、恋愛系なのか、それとも心の葛藤のカオスなのかとか。そういう僕の病んでいるところとか、感情の変化とか、しっかりと小野さんと相談して作詞をしてもらいたいと思ってます。僕がもしかしたら作詞をする可能性もあります。でもほとんどは小野さんにやってもらうと思いますけど。

-Vol.1での歌詞の変更に関しては?

Takaさん(Ba)が帰国子女なんでYAMA-Bが英語で間違った文法を使っていたところは直しました。

-歌詞の変更は大きくコンセプトを変えるのではなく、歌詞の誤りなどを直す程度だったということですね?

Vol.1はそうですね。Vol.2は変わるところは大幅に変わります。リスナーに納得してもらえるような音像で提供できるように、僕たちはひたすら努力をするしかない。でないとリスナーが絶対減ってしまうから。

-セルフ・カヴァー・アルバムを2枚作るというのは他のアーティストではあまり見たことがないです。過去の作品に手を加えるのを嫌がるアーティストも多いですが、いかがですか?

僕も正直あまり好きではないです。ですけど、僕が尊敬するプロデューサーの久武さんとずっと一緒にやってきて、あの人の言うことが絶対というわけでも、暴君というわけでもないですが、話していく上であの人の言うことが明らかに正論だったので賛同して、リアレンジを施してみようと思いました。ただ、今はもう多忙を極めていて、そこまでまだ辿り着いていないですね。

-新しいファンからしたらセルフ・カヴァーも今のGALNERYUSの音ですし、ニュー・アルバムに近い感覚で聴けるのではないかと思います。

まぁそうでしょうね。東京でYAMA-B時代に1番大きい会場が渋谷O-EASTだったのが、いきなり渋谷AXにいき、ZEPPダイバーシティ東京へと凄いキャパ的に大きくなっていってるんで。小野さん、Takaさんが入ってくれた現在の布陣は本当に大事にしていきたいし、みんな尊敬しています。非の打ち所がないような大人の集いなんで、リハの仕方も凄まじいんですよ。ツアー前も2、3回リハしただけで即ツアーですから。普通やったら毎週何回か、3ヶ月ぐらいずっとやってからだと思うんですけどね。それでもまかり通っちゃう、VAPの田中さんの言葉を借りれば“銀河系軍団”ですよ(笑)。サムライジャパンじゃないですけど、集まってちょっと練習したらすぐチーム・ワークができあがるというか。それで集まったら集まったで楽しいですしね。今の状況は凄く良いと思います。

-今作はスペシャル・メタル・ケース・パッケージ仕様ということですが、どのようなものになるのでしょうか?

ラフは確認してるんですが、鎧を着た騎士が馬に乗って旗を振っているジャケットになります。まさにジャケ買いできそうな(笑)。パッケージも金属でできていて、これは手に取ったら買うんじゃないのかな?僕がお客さん的に考えたとしても凄いと思います。