MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

ZēTēS

NOCTURNAL BLOODLUST

『ZēTēS』

Release Date : 2016-04-20
Label : IRIS & CRISIS
¥2,700

"異端児"という言葉がここまで似合うバンドもそうそういないだろう。常に型にハマることなく新境地を切り拓き続けるノクブラの3rdミニ・アルバムは、圧倒的且つ常識外れのサウンドで日本のエクストリーム・ミュージックの定義をまた書き換えようとしている。ゴリゴリの極低音を響かせながらパワフルに展開する各曲は、それぞれが圧倒的なクオリティで迫りつつも、メロディアス且つ音数の少ないサビで一気に引き込んでくる。"曲ごとに"どころか"パートごとに"、メタルコア、デスコア、シンフォニック・メタルなど様々な手法を展開して聴く者を多様性の波にさらっていく。極めつけはTrack.4「NG+」でのサックスの導入。TESSERACTを始め、これまでもなかったわけではないが、ここまでヘヴィな中に取り入れられる音楽性の懐の広さには驚かされるばかり。未だノクブラの伸びしろの向こう端が見えてこない。米沢 彰