MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

the GazettE

2016.04.26UPDATE

2016年05月号掲載

the GazettE

メンバー:RUKI(Vo) 麗(Gt) 葵(Gt) REITA(Ba) 戒(Dr)

インタビュアー:KAORU

-有名エンジニアのドラムのサンプリング音源を買い取って、その音源を使うことによって、世界水準のクオリティを保つという手法で......。

一同:えええー!!!

RUKI:よーし! いいこと聞いた(笑)!

REITA:なるほど-っ(笑)!

葵:(戒に向かって)お疲れー(笑)!

戒:そうなるよねぇ(苦笑)。

-ちょっと待ってください(笑)。でもそれを聞いたときショックだったんです。もちろんすべてのバンドがそうではなく、生の録音にこだわっているバンド、ドラマーもたくさんいますし、打ち込みそのものにこだわっているアーティストいますけども――そもそも海外の一流バンドが取り入れている手法なんですよね。打ち込みでも生感が出せますし、制作費を削減して時間の短縮にもなりますからね。そもそも現代のメタルコアの音像がどんどんハイブリッドになっていて、そもそも人力では出せない音になっているということもあって。リスナーもそういう音に聴き慣れてますし、打ち込みには打ち込みの高いスキルが求められますし、作品のクオリティはものすごく高いのですが、でも"実はそのバンドのドラマーは作品では一切叩いてない"とシンプルに聞いてしまうと、ちょっと冷めてしまうのも事実なので、好きなドラマーにはそうしてほしくないという気持ちもあって......。

葵:まぁサンプリング音源を買った方が安いですけどね(笑)。でも夢がないですね。

RUKI:そしたら自分たちの音じゃなくなるよね。

葵:わからないでもないんですけどね。音像のクオリティを考えるとなると。

麗:合理的っちゃ合理的ですけどね......。

-そうですね。作品は作品として捉えれば。実際ラウド系のドラマーは高い技術を持っている人が多いのも事実なのですが、でも実際にライヴを観たときに、クオリティの高い作品に対してがっかりすることもあって......。

RUKI:ああ、それはそうですよね。それにバンドの作品を作ることにおいて、人様の音を買うっていう発想自体もいかがなものかと......。

REITA:まぁ、厨二心はくすぐられないね。まっっったく!

-でも戒さんは代々木で実際にすごいドラムを披露してくれましたし、めちゃくちゃ上手いなぁと思って圧倒されました。そもそも高い技術を持ったドラマーであることは周知の事実ですし、そういう心配はないですね!

戒:本当ですか? ありがとうございます(笑)!(※なぜかREITAと握手を交わす)。

-仲いいですね(笑)。ちなみに戒さんはジャズを聴いて育ったとか......?

戒:親が好きで聴いてただけです。ジャズを叩いていたわけではないですね。

REITA:照れんなって(笑)!

葵:ニュージャージー生まれでジャズ育ちっていう(笑)。

-(笑)ライヴを観て改めて思ったのは、感情表現が豊かだなと。REITAさんのベースもそうなんですけど、全身を使って表現するというか。リズム隊の強固さを感じました。

戒&REITA:ありがとうざいます。

麗:そこは握手しないんだ(笑)。

葵:お前ら手前味噌なんだよ(笑)。

-話を戻しますね。RUKIさんは近年の作品でデス・ヴォイスなどを使っていますが、「UNDYING」では最後の"my hate"というスクリームにすごく鬼気迫るものがあって、感情が集約されているような気がしました。

RUKI:そうですね。まぁ、そういうフレーズにしたかったんですよね。フックとして。

-ギター・ソロについてはどのようなこだわりがありましたか?

麗:ギター・ソロというか、オブリガードですね。浮遊感を表現するためにタッピングしました。本当は裏でうっすら鳴っているイメージだったんですけど......。

RUKI:前面に出てるよね(笑)。

-葵さんは冒頭の高速リフ以外のところでのプレイはどのようなところに重点を置いていましたか?

葵:僕はわりとコード感重視で、あまり色づけはしないです。いぶし銀的なヴォイシングにこだわりましたね。