MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

NINTH

the GazettE

『NINTH』

Release Date : 2018-06-13
Label : SMR
¥13,000

前作『DOGMA』以来約3年ぶりのアルバムとなる今作は、the GazettEの本質と本性を改めて具現化したものに仕上がっているようだ。昨春に迎えた結成15周年の節目を経たうえで、さらなる一歩として制作が始められたのであろう『NINTH』は、文字どおり彼らにとって9枚目のアルバムでもある。MVが先行公開された「Falling」(Track.2)から感じる、美しき歪みを内包したドラマ性は、the GazettEらしさの現在進行形を明快に提示したものとなっている印象。また、「GUSH」(Track.4)を筆頭に攻撃性に磨きの掛かった楽曲たちも痛快で、前衛的アプローチが興味深い「BABYLON'S TABOO」(Track.8)も非常に乙。まさに彼らの本質と言えるだろう「UNFINISHED」(Track.12)の泣きメロも、これまたたまらない。 杉江 由紀