MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

the GazettE

2018.06.11UPDATE

2018年06月号掲載

the GazettE

メンバー:RUKI(Vo) 麗(Gt) 葵(Gt) REITA(Ba) 戒(Dr)

インタビュアー:KAORU

the GazettEの待望の新作アルバムが完成した。2017年3月に再録バラード・ベスト『TRACES VOL.2』をリリースして以降、国立代々木競技場第一体育館での"十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」"、富士急ハイランド・コニファーフォレストでの"LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」"、豊洲PITでのハロウィン・2デイズ・ライヴ"HALLOWEEN NIGHT 17 SPOOKY BOX2 THE DARK HORROR SHOW アビス/LUCY"など、怒濤の勢いで活動を続けてきた彼ら。『DOGMA』以来、およそ3年ぶりとなる9枚目のアルバム『NINTH』は、より研ぎ澄まされた広がりのあるサウンドスケープにエモーショナルさが垣間見える快作だ。今作について、メンバー全員に話を訊いた。

-ご多忙を極めていると思いますが、ここ最近、まとまった休みはありましたか?

REITA:ないんじゃない(笑)?

RUKI:......ないかな。

-今日はお忙しいところありがとうございます。さて、3月10日に「Falling」のMVが公開されましたが、曲の制作はいつごろから始めたのでしょうか?

REITA:去年の12月くらいかなぁ?

戒:プリプロができたのが11月くらいで、12月に入ってレコーディング。時期としては、ハロウィンのライヴ(2017年10月に東京と大阪で開催した"HALLOWEEN NIGHT 17 SPOOKY BOX2 THE DARK HORROR SHOW アビス/LUCY")が終わって、"COUNTDOWN JAPAN 17/18"くらいのときですね。

-まずお訊きしたいのですが、今回は7弦ギターを使っていますか?

葵:いや、使ってないです。使おうとしてやめました(笑)。

-そうなんですね! 音の広がり的に、「Falling」は7弦を使ってるんじゃないかと、私の周りでは噂になってたんですよ。7弦でなくとも、まるで7弦のような音の広がりを出せるというのは、どんなところがポイントなのでしょうか?

麗:単音弾きじゃないですかね。まさにそこに"デロデロ感"が出るんですよ。最初はパワー・コードでやっていたんですけど、それだとあのニュアンスが出なくて。それを単音に変えたら、いわゆる7弦っぽさ、ラウド感......って言うと浅く聴こえるけど(笑)。そういうものが出たんだと思います。7弦は単音弾きが多いイメージなので。

葵:the GazettEは、今まであんまり単音弾きをやりたがらなかったんですよ。

麗:パワー・コードに情熱を捧げてきたからね(笑)。

RUKI:今回のメイン・フレーズは、単音弾きを多くした感じです。

-『DOGMA』(2015年リリースの8thアルバム)にも顕著に現われていると思うんですが、6弦のギリギリのダウン・チューニングじゃないですか。ギターのスケールを666mmにしたんですよね?

葵:そうですね。結構前からですけど。いつだっけ?

麗:思い出せないくらい前ですね。

-666スケールだと、テンションを保てるということですか?

葵:そうですね。そのぶん長いので。

麗:今回は1回も弦を変えてないんですよね。

REITA:俺も変えてない(笑)。

-「Falling」のMVバージョンは特に7弦感が強かったように感じます。MVバージョンではミックス・エンジニアにJosh Wilburを迎えていますね。Joshとのコミュニケーションはスムーズでしたか?

REITA:バンド側の録り音にもこだわっているので、試行錯誤して変にならないようにしてから渡したんですよ。そこをどうするか? っていうところは、あまり意見できる機会がなかったんですけど、最終日にはネット回線を使って、目の前でリアルタイムで作業してもらったっていうのはありましたね。

-Joshはどういうコメントをしていましたか?

麗:"いいヴォーカルだ!"って言ってました(笑)。ギターは? って思いましたけど(笑)。

-海外では(MVを見てコメントする)リアクション動画が盛んですよね。「Falling」のリアクションはご覧になりました?

RUKI:観ました。

-一発目にくるバンドの音で、ガーッ! とテンションが上がってましたね。

RUKI:"イエス!"って(笑)。最初は"あれ? バラードなのかな?"って思ってたんでしょうね。

-そうですね。パワー感を喰らう感じとか、素直なリアクションが多いですよね。

RUKI:面白いですよね。昔から結構観てるんですけど、わりと最近の人の方がYouTuberっぽいというか、ちゃんとした構成になったりしてますね。