MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

打首獄門同好会

2015.11.14UPDATE

2015年11月号掲載

打首獄門同好会

メンバー:大澤 敦史(Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-もしかすると、シングル曲以外の楽曲は100人中100人が納得するというより、一部の人がそうそう!って深く頷くようなテイストが多い気もします。

猫をテーマにした曲(Track.4「猫の惑星」)とかそうですね。犬派、猫派と五分五分と考えると、その時点で50パーセントしか取れないことを覚悟のうえで、猫を愛する曲を歌ってますからね。そういう意味ではぶっ込めた曲です。

-今度は農家ではなく、猫好きの人から激励のメールが届きそうですね。

この曲はウチのメンバーが猫好きで、歌の練習をしながら泣いたという。歌詞の世界観に入りすぎちゃって。ライヴで披露したときも、黙って観ている人とものすごく手を挙げる人と両極端なんですよ。

-はははは。

0か、100かみたいなリアクションですね。まあ、Track.7「だから貯金がたまらない」も貯金がたまらないタイプの人しか共感できませんもんね。でもライヴハウスに来てくれる人なら共感してもらえるかなと。

-(笑)

この曲ができたきっかけはしっかり覚えてます。RIZEのKenKenは酔っぱらって気分が良くなると、後輩にも友達にもものすごくお酒をおごっちゃいがちなんですけど、彼が出た湘南の海辺のイベントに遊びに行ったとき、砂浜を歩きながら、ぼやくように"だから貯金がたまらないんだよ"と言って。"それ曲にしてもいい?"と聞いたのがそもそもの始まりです。自分の中のキーワードにビビッ!と来たんですよね。

-この曲にそんなエピソードが(笑)。

レコーディング・スタジオにもKenKenを呼び出して、ひと言だけ入れてもらいました。それは曲の終盤に入ってます。よく聴くと終盤はずっと曲の後ろで密かに喋っていますよ(笑)。

-そして、Track.5「ナイスフォロー」はこれまた身も蓋もない歌詞ですね。

これは最近の曲ではなく、10年前に作ったものなんですよ。ウチはアルバム・サイズだと、昔のものを1曲復活させるようにしてるんです。この曲はあまりにも酷かったから、今まで候補に挙がらなかったんですけど(笑)。サウンド的に全体の方向性と被らなくて、取り上げる曲はどれかなと考えたら、これかなって。まあ、酷い曲ですね。

-この曲を選んだ決め手は?

曲のノリで選びました。暗めのノリの曲もあったけど、それは「TAVEMONO NO URAMI」と被っちゃう。「ナイスフォロー」みたいな曲調なら、いいアクセントになるんじゃないかと。歌詞抜きのサウンドで決めたら、歌詞が酷いよなって(笑)。最近、こういう酷い曲は歌ってなかったから、10年前は何を考えていたのかなって。

-当時はこういう曲が多かったんですか?

ほんとに結成1~2年目の曲だから、手探り状態でいろいろ作ってたころですね。マジメな曲も多少作っていた時代で、バンドの方向性も固まっていない段階で、こういう身も蓋もない曲も作ってみたという。もう1曲そういうのあるんですけど、久々に聴いてみたらそっちも酷かったですね(笑)。少年を応援したいのか、ないがしろにしたいのか、非常に歪んだ歌詞で。根本は変わってないけど、それにしても酷い。

-当時はどんな気持ちで書いたんですか?

初期だったからファンも少なかったし、まあ特に周りの目も気にすることなく、遊び半分の悪ノリですよね。ただこの曲が大好きって人もいて、好きな人には刺さる曲のようです(笑)。

-では、最後に今作のレコ発ツアーに対する意気込みをお願いします。

今回、盟友バックドロップシンデレラと発売日も一緒で、レコ発ツアーもほぼ一緒なんですよ。とにかく、去年10周年でベスト(『10獄~TENGOKU~』)を出して、初めてシングル出したあとの作品だから、いろんな人に入門してもらいやすいタイミングではあるんですよね。面白いツアーになると思うので、ぜひ遊びに来てもらいたいです。