MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GALNERYUS

2012.02.01UPDATE

2012年02月号掲載

GALNERYUS

メンバー:Syu (Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-「ACROSS THE RAINBOW」は2ndアルバム『ADVANCE TO THE FALL』収録の「WHISPER IN THE RED SKY」が原曲ですが、歌詞やタイトルも変えて、1分ほどのイントロも新たに付け加えられたりと、ガラリと変わったニュー・ヴァージョンになっていますね。

実はこの曲はライヴにおいてすごく人気のある曲で、お客さんもこの曲をやると喜んでくれる鉄板ソングなんです。ですので「WHISPER IN THE RED SKY」を変えるのかと賛否両論を呼ぶのではないかとは思いますね。この曲をなぜ変えたのかというと、小野さんのヴォーカルをもっと際立たせたかったんですね。メロが単調であったりと、気に入ってないところがたくさんあったんです。それで自分で新たに練り直してみて、小野さんに歌詞を書いてみてくださいと頼んだんです。小野さんの声で、当時から今までたくさん経験を積んで、音質的にもプレイ的にも向上したし、今弾くとこういう感じになるということも体現したかったんですね。ライヴで何回も弾いていると慣れるじゃないですか。そうするとインプロヴァイズもすごく増えるんですよ。そういった感じも入れときたかったですね。2012年版の新しい「WHISPER IN THE RED SKY」ですね。これからは「WHISPER IN THE RED SKY」とは呼ばず、「ACROSS THE RAINBOW」と呼びます。「WHISPER IN THE RED SKY」って言ったほうが慣れた感じではありますが、これからは「ACROSS THE RAINBOW」として慣れていきたいと思いますね。

-歌詞を変えるというのは大胆ですよね?

鋼鉄感の溢れる歌詞だったんですが、僕の中ではこの曲にはもっとエモーショナルな歌詞が良かったんですよ。もちろん前任のことを否定する訳ではないのですが、鋼鉄男だったんで、物語性がなかったと捉えられることが結構あったんです。小野さんの書く歌詞はドラマティックで、曲ごとに伝えたいことがあるし、その伝えたいことが曲ごとに違うので見ていて面白いし、曲にも合っていると思うんです。

-原曲とニュー・ヴァージョンを聴き比べると面白いですね。

そうですね。

-「TIME AFTER TIME 」「WINNING THE HONOR」の2曲 は新曲ですね。いつ頃作った曲ですか?

「TIME AFTER TIME」は前のアルバム『PHOENIX RISING』時にはほぼ完成していました。温めていた曲だったのですが、今回ミニ・アルバムのタイミングで歌詞も書きつつ歌も乗せてアルバムに入れることになりました。だから音質的には『PHOENIX RISING』の時と似通っている部分があるのでその辺りも聴いて頂けると面白いと思います。
「WINNING THE HONOR」は完全に書き下ろしの新曲です。そうそう、この「TIME AFTER TIME」と「WINNING THE HONOR」はキーボードのYUHKIさんが書いた曲です。ですのでYUHKI節が炸裂していますので、ファンの方が聴いていただければ、これはYUHKIさんが書いたんだなというのが一聴してすぐに分かるような曲になっていますね。特に「WINNING THE HONOR」はYUHKIさん全部乗せみたいなYUHKIさんの魅力が全部詰まってます。ギターを弾いていてすごくしんどいですけど、挑戦しがいのある楽しい曲になりましたね。

-トータル的にGALNERYUSの他のアルバムと比較すると比較的聴きやすい曲が並んでいるように感じました。

それはミックスの仕方かもしれないですね。ブライトな音作りになっていると思うんです。最終的なマスタリングではかなり“ジャリンッ”という要素が出てると思うんですけど、小野さんの声も相まって全体のトーンになっているんじゃないかなと思いますね。パンチが効き過ぎてると……例えばギターが“ジョワーッ”と出てきたりすると嫌いな人は嫌いだと思うんです。前々からなのですが、最近はさらに歌をメインに打ち出していこうという気持ちが強くなっているので、それがすごく分かりやすくミックスされてるんじゃないかなと思います。そこら辺が聴きやすさに繋がっているのかもしれないですね。

-「departure! (English Version)は元々小野正利さんのソロとしてリリースされた曲ですが、この曲を英語ヴァージョンで収録することになった経緯を教えてください。

「Hunter×Hunter」のオープニングで使われた曲なんですが、キャッチーでポップで良い曲なのでミニ・アルバムを出すなら「departure!」をやりたいと思っていたんです。ただそのままやっても面白くないので英語歌詞にして凄まじいアレンジにしてやろうということで始まった曲です。1からアレンジし直してレコーディングしました。

-この作品について是非ここを聴いて欲しいというポイントがあれば教えてください。

どの曲もなんですけど「絆」はリード・トラックとして楽しんで頂けたらなと思いますね。リメイク物は、“なぜリメイクしたのか?”と言われると満足したいからなんですが、今まで作った曲を否定しないけど、リメイクする理由というのは今のメンバーでその曲を表現したものをお客さんに聴いてもらいたいんですよね。あとはYUHKIさんの2曲はガルネリ節が炸裂しているし、「departure!」はいじくり倒していい感じにガルネリ色のアレンジになったと思うので楽しんでもらいたいですね。