MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

COLUMN

エロはROCKだ!~Non Stop Rabbitのエロックファッションチェック~ 第4回

エロはROCKだ!~Non Stop Rabbitのエロックファッションチェック~ 第4回

このコラムでは、「#ノンラビ激エロック選手権」と題しTwitterとDMで読者に募った"エロック(エロ+ロック)"コーデの中から、メンバー全員でNo.1を選びます!今回はNon Stop Rabbitと激ロックが運営するセレクト・ショップ"GEKIROCK CLOTHING"とのコラボ・アイテム販売決定記念の"特別編"として、優勝者/各メンバー賞を獲得した方にはサイン入りコラボ・アイテムをプレゼントします!

達也:えっと......このぐらい応募が来るんだったらAKBみたいなグループ作ります(笑)!
晴人太我:ははははは!
太我:あと今回おっぱい率が高いな。
達也:高い!わかってきたな。
晴人:俺たちが言ってるからね。
達也:結局、乳出せばいいかな。
晴人:だめだめだめ(笑)。その方向に持っていったらこの企画ダメだから!ちゃんとロックで審査しよ?
達也:ただ、おっぱい出すことによって激ロックを取っていく人が増えるはず。
晴人:そのうちさ、激ロックが表紙をおっぱいにしちゃうんじゃない?
太我:もうひとつ雑誌、"乳ロック"作ったほうがいいですよ!
晴人達也:どんな提案だよ(笑)。


達也:よし、さっそく見ていきますか!ちゃんとひとりずつ見ていこう。
晴人:まずはこの子。
達也:俺のシャツ着てるな、媚びてるな~。
太我:え?逆に?
晴人:次、こちらはどうでしょう?
達也:あぁー、ベランダいいね!避難のとき、蹴ったら開くタイプのベランダだ。
晴人:隣の部屋行くやつね。って、いいのよそこは(笑)。
達也:でも、こういうのいいな~。
太我:エロいよね。
達也:普段なら着ていけないやつを応募できるっていうエロさ。
太我:俺らのファンは変態多いね、まじで。
晴人:続いて、こちら。
達也:これエロいな~。ってか、この人前に優勝してるもん。
晴人:第1回優勝コーデの人。やっぱね、優勝するだけあんのよ!
太我:えっ......俺らが会いに行ったら、いいの?
晴人達也:(爆笑)
晴人:違う違う違う!なんの話してるの、お前(笑)!?彼女オーディションじゃないんだから。

達也:でも、これいいよ!優勝候補枠に入れておこう。次――え、タトゥ入ってない?
太我:おっぱいに?じゃあ、胸にずっとタトゥ入ってるんだ、この子。
達也:これメガネフィルターだよね?本当はメガネかけてないよね。この丸メガネに惑わされたらあかんよ。これ、候補に入れておこう!次、結構デコルテ出とるで。
太我:"激デコルテ"だったら優勝だったけど。
達也:激デコルテって何!?あぁ、大会名がね!
晴人:あと細いなやっぱ。細い子多いな。
達也:うん。ちゃんとメシ食ってるのか心配になるな。
晴人:SoulJa聴いてこなかったんじゃない?(※青山テルマ feat.SoulJaの「そばにいるね」)
達也:続いて第3回優勝コーデの――あの親子で応募してくれた!
太我:うん、いいね。
晴人:えらくセンスがいいんですよね。
達也:和だね!中野にありますよ、こういうガールズバー。花魁みたいなやつ。
晴人:そうなんだ(笑)。
達也:しかもお母さんのアウター着てるんだって!これは最終選考候補に入れる?
太我:いいと思うよ!
達也:おや?次の人も花魁......?プリクラ――これで街歩いてプリクラ撮ったってこと?
晴人:そうなるね。
太我:成人式とかじゃなくて?
晴人:なんかのイベントじゃない?
太我:ナチュラルにしてたらすごいけど。
達也:下はアルゴンキンのワイドパンツ。え?モンスターハンター?
晴人太我:それウラガンキンな(笑)
達也:なんか京都な感じだよね!でも、京都ってエロじゃないからね。
晴人:わかる、風情がある感じ。
達也:打ち水とかしてそうな感じだよね。
太我:次......あ、晴人賞と太我賞とったことある人だ。
晴人:すごいな!
達也:2回入賞してるってこと?猛者やな。
太我:エロいもんこの子。
晴人:毎回選ぶだけあるな。俺きっと好きなんだと思う。
達也:やっぱりセンスだね。

太我:続きまして――お、いいなこの子!"コーデポイントはチラ胸でしょ!笑 はい、黙ります。"
達也:これブラしてるか?
太我:いや、ブラとかしたことないでしょ。
晴人:ヌーブラしてるんじゃない?
太我:うん、この子優勝で!
晴人達也:え、優勝!?
晴人:俺らの意見なし?そんな急に決まるの?
達也:次は、この子お腹出とるで。"精一杯の露出です。ポイントは横から見えるお腹です。"
晴人:お前らは露出すればいいと思ってんじゃん?
達也:うん、合ってるぞ!
太我:でもちょっと好きかも。
晴人:この髪色でさ、この格好されたらもう可愛いんよ。
達也:あと、この子完全に一人暮らし。このサイズのキッチン。
晴人:冷蔵庫の大きさもね。
達也:冷蔵庫の上の電子レンジ置いてる感じも。
晴人:それは結構な人置くやろ(笑)
達也:いいな~。相手の家にも行けるし、こっちにも呼べる。
晴人:うん......って、その特徴は完全にセフレやん(笑)!
達也:(笑)やっぱり髪色いいね!
晴人:そうなのよ、髪色って大事なんよね。俺ら結構ギャルみたいなん選ぶ傾向あるね。
達也:いや、正しいと思うよ!俺らが思うROCKはそういうもんだもん。次は、"昼間より夜中かなって思って夜に撮りました。日曜の23:07。"だって、エモ!
太我:なんかいいな。
晴人:この子インスタやってると思う!
達也:ああ、映え方わかってるもんね。
晴人:あと、おしゃれ。
太我:この子すごい好き。
達也:あのさ、ひとつ言っていい?これ男が撮ってるやろ。
晴人:うちは彼氏には厳しいですからね......
達也:彼氏いる人はNGです(笑)。
晴人:次、この子どう?タワレコで撮ってる!
達也:看板の前まで行ってる。しかもTSUTAYAの中でも。
晴人:半分髪の毛ブリーチこのためにしたんだって。

達也:えぇ!ROCKだな。これは候補に入れよう。このためにブリーチしたマインドが好き。次は――優勝最有力候補きた!
晴人:えーっと、今まで候補に選んできた人ごめんなさい(笑)。
達也太我:(笑)
達也:これどっかの階段で撮ってない?外?しかも裸足。手についてるの何?
晴人:これはファーですね。
達也:ファー?俺、ゴルフでしか聞いたことないよ。
晴人:(笑)ファ~~!!!
達也:これはすごい。納得できるし、激ロックのアクセス数が伸びるよ。
晴人:ファンの子からしたら、かわいいから選んだんでしょ?っていう人もいると思うんだけど、顔を隠してもちゃんとコーデがいいのよ。
太我:これ......次の激ロックの表紙いけるんじゃない?
晴人:このままいけるね!うん、優勝候補だな。続いて、すごいナチュラルだな。
達也:うわ、若っ!小6!?
晴人:え!?
達也:カメラマンはお友達だ。これに応募したいから、わざわざお友達に来てって。
太我:すごいね行動力。
晴人:ちょっと......俺こういうのに弱いわ。
太我:この子優勝でいいんじゃない?
達也:伸びしろで候補にいれよう!まだ小6だから。
晴人:続いて――
一同:あれ、お?
達也:ポイントは"スタイルには自信が――"やっぱり自信持ってるのいいよね。ROCKには自信が大切なのよ。
晴人:"自信があるのデス"って、ROCKですよ!
達也:BABYMETALですよ。
晴人:"制服が1番エロい"って。あとこの人俺のファンだ!
達也:あぁ、無理(笑)。あと、このモザイクなに?
太我:もしやマインクラフト?
晴人:(笑)これは俺の候補に入れておきます!
達也:よし、全コーデ見た!優勝候補の中から決勝戦だ。
晴人:今回レベル高いと思う。
達也:よし!今回の優勝はこの子で行きましょう!


~♛第4回 優勝コーデ~

@tomoluv44さん
<コーデのポイント>
ロックと言えば黒コーデに赤リップのイメージ
布は最小限に...。手元のファーがお気に入り♡



~達也賞~

@F_arisa_0224さん
<コーデのポイント>
ロックはチョーカーと
見えにくいですけどピアスで
エロは見えそうで見えない
胸とLook at me のタトゥーです
よろしくお願いします


達也:今回悩むな~。だから、俺は、このタトゥの子!俺がタトゥが好きだから。あと、俺が入れられない憧れもあるから。タトゥってエロいのよ、俺の統計上!
晴人:なるほどね(笑)。
太我:今回選べないので、ちょっと辞退させてもらいたい。
達也:なにそれ、新しい(笑)。審査員辞退!
晴人:選べよ(笑)。



~晴人賞~

@watashiha_happaさん
<コーデのポイント>
精一杯の露出です
ポイントは横から見えるお腹です...


晴人:俺は決まりました!
達也:理由は?
晴人:髪色が好きです!
達也:大事だよね。
晴人:やっぱりROCKやエロって髪からなんですよ。
達也:わかるわ~。だいぶ印象変わるからね。
晴人:あと、冷静に見てすごいエロくないですか?
太我:うん、エロいよ。
晴人:オーバーオールで下がこのオレンジの服だけって。斬新でエロいなって思いました。



~太我賞~

@moccha32002020さん
<コーデのポイント>
コーデポイント?チラ胸でしょ!笑
はい、黙ります。


太我:わぁ、俺はこの2コーデで迷ってるな。

晴人達也:わかるよ。それは迷う。
達也:なんなら俺たちはお前に譲ってるよ。だから辞退されたら困る(笑)。
太我:じゃあ、このおっぱいで。
達也:理由は?ROCKっぽい理由をつけてね。
晴人:落選した人が納得できないから。
太我:そうだな......やっぱり、おっぱい面積が多いからかな。
晴人:他は?
太我:うん、指挟みたくなるおっぱい。
晴人:結局そこかよ(笑)!
太我:だって朝起きて、今日はおっぱいの日って決めてきたんだもん!

  • 1