MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

摩天楼オペラ

2014.07.14UPDATE

2014年07月号掲載

摩天楼オペラ

メンバー:苑 (Vo) Anzi (Gt) 燿 (Ba) 悠 (Dr) 彩雨 (Key)

インタビュアー:荒金 良介

-昨年出た前シングル「Orb」、それに伴うショート・ツアーの新木場STUDIO COAST公演(12月7日)は素晴らしいライヴでした。今年も半年過ぎましたが、振り返っていかがですか?

苑:9月にニュー・アルバムが出るんですけど、それに向かうための半年でした。「Orb」からウチのサウンドも広がりを見せたし、新木場STUDIO COASTを終えて、それが自分たちの中で消化されて、次のアルバムの構想が一気に出てきたんですよ。

-「Orb」を実際にライヴでやった感触はどうでした?

彩雨:声を出すというウチらのライヴ・スタイルにお客さんも慣れてきたのか、「Orb」の合唱パートをみんなが歌ってくれるんですよ。それをステージで観ながら、お互いに感動し合えるような光景が作れたので良かったです。

悠:去年僕は休んでいた時期があるので、「Orb」と新木場STUDIO COASTのライヴはセットで思い入れが強いです。あの曲はツアーを回るごとに進化していたし、曲的にもアレンジ面でも新しかったけど、摩天楼オペラのファンは受け入れてくれたと思う。個人的には新木場STUDIO COASTで1つ区切りができました。

苑:あの曲は壮大で明るいバラードじゃないですか。希望に溢れた明るい曲を歌いたかったんですよね。で、ウチらでもこういう曲をやっていいんだと思えた。聴いてる人の気持ちが前へ前へ進む音楽を作りたかったんですよ。アルバムに向けて、そういうヒントを得ることができました。

-ライヴでその感触を確かめられたことが大きいと。

苑:ダークな曲にはその良さがあると思うけど、ダークな曲でも歌詞は前向きになってきたし、最近の摩天楼オペラは前向きです。それは「Orb」を作った影響が大きいですね。

Anzi:この曲を挟むことで、アルバムの曲作りにおいても、チャレンジ精神が増して、いいモチベーションになりました。

燿:聴かせる曲は世界観を見せるようなマイナー・キーが多かったけど。「Orb」は明るいバラードで、暗いバラードとは違う壮大さがあると思うんですよ。今年の春ツアーでもいいライヴができたし、明るく壮大なバラードをしっかり聴かせられたので、バンドも成長できましたね。

-前作「Orb」発表以降、9月のアルバムに向けて全力で突っ走ってきたんですね。

苑:そうですね。いきなりポンとアルバムを出すよりも、春ツアーで新曲をやったり、今回のシングルを挟むことで、ファンも一緒にアルバムまで歩むことができるから。

-今回の2曲はアルバムの序章的な意味合いもあります?

苑:前のめりな希望という意味では「隣に座る太陽」はそうですね。「メインキャストは考える」はまた違いますけど。

-今作は新しいことに挑戦した前作の流れに位置する1枚と言えますか?

苑:今までの摩天楼オペラにプラスして、成長したものが乗った感じです。「隣に座る太陽」は不満をタラタラ垂れ流してる歌詞だけど、物の見方を変えれば自分から前向きになれるんだよ、ということを歌ってます。だから、非常に前向きですね。

-それが今の摩天楼オペラを象徴している?

苑:そうっすね。後ろ向きな曲や、心の闇を表現するものは歌いたくなくて。明るく楽しくいきたい。