MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

"CODE OF ZERO Presents KING OR DEAD fest."

2022.05.28 @渋谷3会場

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by 小林弘輔

CODE OF ZERO初の主催サーキット・フェス"CODE OF ZERO Presents KING OR DEAD fest."が、渋谷Star lounge、SHIBUYA THE GAME、Shibuya Milkywayの3会場で開催された。本イベントは、ライヴハウスを主戦場として様々なタイプのアーティストと渡り合ってきたCODE OF ZEROだからこその、バンドあり、シンガーあり、アイドルありと、ジャンルレスな1日になった。本稿では、SHIBUYA THE GAMEに出演したアーティストから3組のライヴの模様をお届けする。

満員のSHIBUYA THE GAMEに登場したのは、Another Story。コロナ禍に入って約2年間ライヴ活動を休止し、新体制になって活動を再開したばかりの彼らは、溜め込んでいたライヴへの想い、ライヴハウスに立つことへの渇望をエネルギーに変換するかのように、ポスト・ハードコアを軸にする激情のラウドロックをフロアに投げ掛けた。フロア後方から観ていても、汗のにおいや体温が伝わってくるような気がして、ライヴハウスだからこそ伝わってくる生身のパフォーマンスに自然と拳を握ってしまう。"もう一度、人生を賭けようと戻ってきました"そう語るKeiGoの言葉とバンドの音楽が頼もしかった。

そんなAnother Storyの次に姿を見せたのは、Hello Sleepwalkersの5人だ。1曲目の「猿は木から何処へ落ちる」から、エッジの効いたトリプル・ギター編成のロック・サウンドを鳴らし、癖になりそうなメロディを、シュンタロウ(Vo/Gt)とナルミ(Gt/Vo)による男女ツイン・ヴォーカルで紡いでいく。四つ打ちで怪しく踊らす「Bloody Mary」や、様々な音楽的要素を取り入れたアッパー・チューン「虚言症」など、フェス=祭りという部分にフォーカスしたかのようなエンタメ感の溢れるライヴ・メイキングだ。難しいことを考えさせず、只々楽しませてくれるバンドに対して、オーディエンスも嬉しそうに身体を揺らして楽しんでいた。

"KING OR DEAD fest."のトリを飾れるのは、もちろんCODE OF ZEROしかいない。「WHAT IS THE BRAVE?」で身体がビリビリと痺れるほどの重低音を響かせながら、0C(Vo)が笑顔で、気持ち良さそうに歌唱を響かせていくと、"渋谷来いよ!"とオーディエンスを引っ張っていく。時折"フゥー!"と声を上げる0C。彼女は今アドレナリン全開の様子。そしてアドレナリンが出ているのは、オーディエンスも同様だ。「FAKE」では、長時間のイベントのトリで体力は消耗しているはずなのに、そんなことは微塵も感じさせないヘドバンをすることで、0Cの勇姿に応えた。"大好きなアーティストさんにも出てもらったし、ちょっと怖い先輩にも出てもらったし、かわいい後輩にも出てもらったし、人脈を駆使して、私自身も出会ったことのないアーティストさんにも声を掛けさせていただきました。本当にいろんなジャンルのアーティストさんに出てもらって超楽しかった。でも、今日一番楽しまなあかんのはCODE OF ZEROの最後の1曲ちゃう?"そう話して「out of control」へ。観客はツーステをし、頭を振り、拳を突き上げる。ロックのお手本のような光景を生み出すと、アンコールは「BAN=DA RANDOM」、「MAKE ME REAL」の2曲。体感的には一瞬にも思えるスピード感で、あっという間に駆け抜けてイベント締めくくった。

"KING OR DEAD fest."。演者もオーディエンスも、ロックという音楽、それを生で体験できるライヴハウスという空間を欲していたのだと改めて感じさせられるイベントだった。彼らの希望を叶える場所を提供した0Cは、まさに王(KING)のよう。そして、自らの意志でライヴハウスへ足を運び、音楽を思うがままに堪能したオーディエンスにも、等しくKINGの称号を与えていいんじゃないかと思う。

  • 1