MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

SEVER BLACK PARANOIA / RAG / Sailing Before The Wind / TRNTY D:CODE / Reptile / Broken By The Scream

2018.06.16 @下北沢LIVEHOLIC

宮﨑 大樹

下北沢LIVEHOLICの3周年イベント8日目は、ダーク・エレクトロ・バンド SEVER BLACK PARANOIAと、パリピ・コア・バンド RAGのダブル・リリース・ショーとして開催。共演にはBroken By The Scream、Reptile、TRNTY D:CODE、Sailing Before The Windと、合計6組が名を連ねた。

最初に登場したのは、メタル系スクリーミング・アイドル Broken By The Scream。雲林院カグラの"盛り上がっていきましょう!"の声とともに「泣いて泣いて泣きまくれ」をスタート。この日唯一のアイドルということもあり、観客はまずは様子見という感じであったが、カグラのスクリーム、野月平イオのグロウルが響きわたると、徐々にリズムを刻み出し、首を振ったりしながらパフォーマンスに入り込んでいく。続けざまに披露した「Breeder Breeder」ではスクリーム、グロウルに加えて、熊埜御堂ヤエと流鏑馬アヤメのクリーン・ヴォイスが交わり、彼女たちの強烈な個性でLIVEHOLICを満たしていった。
MCでヤエが"バンドさんに負けないようにBBTSの必殺技を持ってきました"と語り、オール・デス・ヴォイスの「Do・Do・N・Pa!!」を披露。続いて"まだまだ声を出せますか!?"とヤエが煽りを入れ「恋は乙女の泣きどころ」、「夢花火」を連続で披露し、パフォーマンスは終了。男性顔負けのラウド・サウンドでオーディエンスを圧倒した彼女たちは、最後は生声で"ありがとうございました!"と感謝を述べ、ステージをあとにした。

2番手は5人組ラウドロック・バンド、Reptile。KENTA(Vo)の"かかってこい!"の叫びから「Don't Stop Fuck'n Beat!」が始まる。アップテンポな曲調にラップを乗せたかと思えば"頭振れますか下北!"とLIVEHOLICがラウドな空間へ一変。"重い曲やります"と続いた2曲目の「来世に期待Death」でも、腹にズシンとくる重厚なラウド・サウンドを軸に、時折入るダンサブルなリズムで観客を踊らせる。「Letters」ではこの日最初のサークル・モッシュが発生し、彼らの観客を引き込む力を見せつけた。"みんなと繋がる瞬間を歌います"と始まった「Moments of Connection」では会場を沸かせつつ、泣きのメロディでじっくりと聴かせる場面も。"近くで歌いたい、男子おいでよ"と集めた男性客に持ち上げられたKENTAが搾り出すような叫びを響かせた。会場が拍手で包まれるなか"これで終わったと思うでしょ? あと1曲あります"と笑みを浮かべ、ミドル・テンポの「Dark Side Samba」を披露した。

続いて登場したのはヴィジュアル系バンド、TRNTY D:CODE。ヴィジュアル系には珍しくマニピュレーターがいるバンドだ。メロディックなサビとラウド・サウンドに効果的な電子音が入る「Enoch」からスタートし、「No.6」、「GATE」とアグレッシヴに攻め続ける。丐(Vo)が"初めてのロック界隈との対バン。メンバーはいつもより気合が入っている"、"ジャンルの壁なんてぶっ壊してやる!"と声を上げ「喰row」を始めると、観客は拳を突き上げたり、タオルを振り回したりと、思い思いに楽しんだ。続いて「GRAVITY」、「No PAIN No GAIN」を披露し、最後は"また一緒にライヴしよう!"と締めくくった。

4番手にはポスト・ハードコア・バンド、Sailing Before The Windが登場。「Resistance」、「Four Rivers」と、ゴリっとしたギターとベース、ドラム・セットを破壊せんばかりのドラム・プレイを初っ端からかます。時折入るギター・ソロに地力の高さを見せつけつつも、休むことなく攻め続けていった。"メタル好きな奴はどれだけいるんだ!? ツー・ステップしたい奴いるか!?"とRyoichi(Vo)が叫び「Aureola」を始めると会場はヒートアップ。モッシュ、ツー・ステップが巻き起こった。MCではSEVER BLACK PARANOIAのHibiki(Dr)がこの日でバンドを脱退することに触れ、彼への感謝を述べると、「Iolite」で全身全霊のパフォーマンスを披露。観客は手を上げてこれに応え、最後はメンバーとオーディエンスによるメロイック・サインとともに出番を終えた。

ここまでに強烈な4組を観終えて満足感を味わっていたが、本日はSEVER BLACK PARANOIAとRAGのダブル・リリース・ショー。いよいよRAGが登場し、活動休止を経て制作した新作EP『RagDonald's』を携えてのライヴが始まった。「hangover」ではハードコア・サウンドをプレイしつつもパリピ・コア・バンドを掲げる彼ららしくダンサブルな四つ打ちサウンドで観客を踊らす。しゅーた(Vo)が"RAGです! 新曲聴いてくれよ!"とニューEP収録の「no way out」、「Feral Horde」を披露。洪水のように力強く押し寄せるサウンドに観客も熱狂した。MCでは"活動休止から半年。新曲をやっと披露できる。SEVER BLACK PARANOIAとのダブル・リリースを迎え、集まってくれて嬉しいです。"と噛み締めるように語った。そうして"みんな猫になりたいんです!"の声とともに「CrazyCat」で騒いだあとは"デンジャーなところに踏み入れないで何がパリピ・コア・バンドだ"と、権利的にいろいろ心配な新作表題曲「RagDonald's」を、ポテトの揚がるいい香りをイメージさせる電子音でスタート。ハードコア・サウンドをメインにしつつもEDM調の間奏も入り、バンドとしても音楽性としても攻め攻めの姿勢を見せた。"SEVER BLACK PARANOIAに繋げるために、この場をもうひと盛り上がりさせてからこの場を去ろうと思います"と「jump jump jump」を披露。タイトルどおりに飛んで跳ねて、会場を熱くした。

いよいよトリを務めるSEVER BLACK PARANOIAが登場。「Autumnal Gloom」での凶悪なグロウルひとつで空気を一変させる姿に感動を覚えていると、「Insanity」で超高速の轟音を響かせライヴハウスを揺らす。Daisuke(Vo)が"二度と来ない夜にしましょう"と「Violence to the Steel Gray Night」が始まると観客は一斉に頭を振り乱し、ワンマン・ライヴかのような一体感を生み出した。
MCではDaisukeが、デジタル・シングルとしてリリースした『亜種』について"遠くの人に届けられるようにした。ライヴハウスで顔を見て、本当に出して良かったと思った"と語る。さらに本日で脱退となるHibikiが加入当時の思い出を語り、"居心地がよかった、曲も良くて。ずっと音楽は続けていくので応援してください"と感謝の想いを伝えた。これを受けたDaisukeは涙をうっすら浮かべながら"オリジナル・メンバーはひとりだけになったが、これからも音楽を追究していきたい"とコメント。そんな気持ちを歌った曲だという「Phoenix」で感情の迸るパフォーマンスを見せると、新曲「亜種」、「Abel」へと繋ぎ、総勢6組のライヴ・パフォーマンスが幕を閉じた。 ジャンルの異なるアーティストたちが揃うラインナップだったが、ラウド・サウンドという共通点でSEVER BLACK PARANOIAとRAGのリリースを祝うだけでなく、グループを去るメンバーの門出をも祝うような、熱くもあり温かくもある夜だった。

  • 1