MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Broken By The Scream

2018.08.21UPDATE

2018年08月号掲載

Broken By The Scream

メンバー:野月平イオ 熊埜御堂ヤエ 雲林院カグラ 流鏑馬アヤメ

インタビュアー:吉羽 さおり

メタル系スクリーミング・アイドル Broken By The Scream、通称BBTSが1stフル・アルバム『AN ALIEN'S PORTRAIT』をリリースする。切なさを帯びたキュートなクリーン・パート(熊埜御堂ヤエ、流鏑馬アヤメ)と、女性が歌っているとは思えないくらいのヘヴィなグロウル(野月平イオ)と、奇天烈なパワーのスクリーム(雲林院カグラ)という個性が際立ちまくった歌が、前作1stミニ・アルバム『SCREAMING RHAPSODY』からさらに昇華し、BBTS色が濃くなった。デス・ヴォイスのみで構成した異例の曲もあり、泣きの美メロを響かせる曲もありの多彩な12曲となっており、アイドル・シーン、ラウド・シーンを賑わせてくれそうだ。

-濃厚な1stフル・アルバム『AN ALIEN'S PORTRAIT』が完成しましたが、今の手応えはどんな感じですか?

イオ:ここまで振り切ったアイドルさんは今までいないんじゃないかと自負できる作品ができたので、私たちが目指す"最強"にまた一歩近づけたアルバムになったかなと思ってます。

アヤメ:デモが上がってきた時点で、毎日聴くくらい好きな曲が多かったです。でも好きなんですけど、実際に歌うのは難しくて。レコーディングも泣きながら歌ったりとか(笑)。苦戦はしました。

-曲ができあがってからレコーディングまでって、どのくらい時間があるんですか?

イオ:他のみなさんについてはわからないんですけど、私たちはたぶんめちゃくちゃハイスピードだと思います。曲ができたら、どんどん録っていく感じで。

カグラ:一気に曲を録っていったので、これから発表していくうえでは覚えるのも大変だけど、でもみなさんに披露する日がくるのがすごく楽しみです。

-BBTSはヤエさんとアヤメさんがクリーン・パート、デス・ヴォイス・パートのグロウルがイオさんで、スクリームがカグラさんということですね。アイドルで、ここまでデス・ヴォイス・パートを振り切ってるグループはないですよね。

イオ:ありがとうございます。グロウル担当、スクリーム担当で分かれているというのはアイドルさんでなくても珍しいと思いますね。

-しかも今回、デス・ヴォイス・パートのみで構成した曲「Do・Do・N・Pa」もできちゃいましたね。

イオ:はい、まさかの(笑)。

ヤエ:でもそのうちこういう曲もくるのはわかっていたというか。これはBBTSにしかできないっていう必殺技を出したい気持ちはあったので。シャウトだけの曲もやりたいねという話をしていたときにできてきた曲だったんです。実際に聴いたときは驚きましたけど(笑)。

イオ:この曲はデス・ヴォイスのふたりもヤバいですけど、ダンスのふたりもヤバいし。4人でぶち上げるというか。

ヤエ:体力荒削り曲です(笑)。

-ものすごくアグレッシヴでテンションの高い曲だから、お客さんもだいぶ体力削られそうです(笑)。

イオ:メロデスっぽい感じの熱い曲で、展開も激しいので、やっていても、どんどんアガる曲ですね。

ヤエ:重いだけじゃなくて、リズミカルなところもあるので。

イオ:みんなでジャンプできたりね。

ヤエ:曲展開が楽しい曲です。

-実際、ライヴでのお客さんのリアクションはどんな感じですか?

イオ:振りを一緒にやってくれますね。

ヤエ:私が曲振りをすることが多いんですけど、「Do・Do・N・Pa」の曲振りをするときは、必殺技っぽい雰囲気を出して言うんです。それでもう、"きたー!"っていう感じで沸いてくれるので、4人もスイッチが入るし、お客さん側もそれを感じて盛り上がってくれますね。

-キラー・チューンですね。今回は、内容的にはいわゆるアイドルらしいかわいらしい曲もあるけど、心の裏腹さ加減も表すように、切なくてセンチメンタルなパートをクリーンで表現して、相反する想いがスクリームとして出るというような形になっていますね。

ヤエ: BBTSの曲は恋愛ものが結構多いんですけど、今回の曲に関しては切なげな歌詞がすごく多くて。レコーディング前も歌詞を読んで、想像してから歌えるっていうか。

イオ:前回のミニ・アルバム(2017年リリースの1stミニ・アルバム『SCREAMING RHAPSODY』)ともまた雰囲気が違いますよね。前回は、"好きだー"っていうまっすぐな感じだったんですけど、今回は切ない感じも、強気な感じも出てきています。

-より表現力がいる感じですね。

カグラ:そうですね。今まではクリーンもデス・ヴォイスもまっすぐな感じの歌詞だったけど、今回はクリーン・パートに切なめな歌詞が多くて。デス・ヴォイスの方はパンチがあるというか、強めな歌詞が多い。その違いにも注目していただけるといいなと思ってます。

-アヤメさんは先ほど泣きながらレコーディングすることもあったといっていましたが、どんなところが大変でしたか?

アヤメ:「サヨナラバースデー」という曲があって。わりと順調に録れていたんですけど、途中でいろんなプレッシャーとか、できない悔しさで、我慢していたものが溢れてしまった感じだったんです。でもレコーディングでそこまで悔しくなることは今までなかったので。

-悔しさが湧くっていうのは、ひとつの成長ですよね。

アヤメ:もっともっと成長したいです。

ヤエ:いつもはクリーン・パートでも、ふたりでパートを分け合って歌うことが多かったんですけど、今回の曲は、私が歌い終わるころに、アヤメが被せて入ってくるところもあって。タイミングが難しかったりするし、感情の込め方もより意識して歌っていたりしますね。感情表現ってテクニックだけではないと思うんですけど。BBTSの曲はリズムが難しいものや速い曲が多いので、感情表現とのバランスが難しいですね。こう歌いたいんだけど、リズムが......とか。