MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Broken By The Scream

2018.08.21UPDATE

2018年08月号掲載

Broken By The Scream

メンバー:野月平イオ 熊埜御堂ヤエ 雲林院カグラ 流鏑馬アヤメ

インタビュアー:吉羽 さおり

-そしてラストの曲「空駆ける風のように」は、一転してミディアム・テンポの曲で、ぐっと聴かせる内容になっています。こちらも新鮮ですね。

ヤエ:今までにない曲ですね。アヤメとイオりん(イオ)がこの曲が好きで、デモが上がってきた瞬間、"この曲がヤバい"って言っていて。イオりんは、最初から"もう泣く"って言ってました。

イオ:デス・ヴォイスは少なめなんですけど、最後に向かってガーッと感情がこみ上げる感じとか、クリーン・パートふたりが感情を込めて歌っているところとか、めちゃくちゃきますよね(笑)。一番好きです、この曲。

ヤエ:内容的にも、自分に当てはめて考えてしまう曲で。

-"自分で決めたからには、迷わず進んでいくんだ"っていう曲ですね。

ヤエ:BBTSも、最近は知ってくれている人が少しずつ増えてきてると思うんですけど、まだまだだと思うので、もっともっと頑張っていこうっていう想いと、歌詞の内容が重なってしまうというか。

-「Message」も、4人の今の想いが聴こえてくるような曲だと思うんです。どんな4人で、どういうグループかっていうのが描かれている曲ですね。

ヤエ:ライヴのパフォーマンスもそうなんですけど、歌詞がどストレートなので、しっかりとお客さんの目を見て歌う曲ですね。BBTSはダンスが激しいので、お客さんの顔をしっかり見て歌える場面って少ないんです。でもこの「Message」はステージの前の方まで行って、みんなそれぞれの感情を込めてフロアに向かって歌っているので、思い切りお客さんの目を見て歌える曲ですね。

イオ:ひとりひとりに届けっていう気持ちでいつもやってます。

-歌詞にある"このフォーメーション 凸凹の絶頂"なんて、まさにこの4人ですね。

アヤメ:"出会いは不思議 まるでパズルみたい"っていうのもまさにそうで。本当に4人ともタイプが全然違うんです。血液型も全員違うんですよ。

ヤエ:まさにパズルだよね、同じピースがない。

アヤメ:好みだったり、聴く曲だったりとかも全部違って。

ヤエ:服の好みもバラバラですしね。

イオ:それがピッタリと合って、みんなで同じ目標に向かってできるのがBBTSで。

-それぞれ違うからこその組み合わさったときの面白さと難しさがありそうですが、"このバラバラの個性がどうまとまるんだろう?"っていうのはなかったですか?

アヤメ:まだ特に難しさというのにはぶつかってないんですけど、どうまとまるのかなっていうのは最初はありました(笑)。

ヤエ:むちゃくちゃあったね。

イオ:今は、ヤエが率先して発言してくれたりとか、いろんなことをやってくれるんですけど。それぞれの分担ができていないときもあったんです。でもライヴやレッスンをやっていくうちに、自分はこういうのが得意だとか、ここは誰と一緒にやっていくといいとかが、だんだんとわかってきて。

ヤエ:苦手なところは、お互いで埋め合えたらなっていう感じになっていますね。最初は、自分が今これをやっていいのだろうか? っていうのが多かったんです。私はおしゃべりなので、喋ることが好きなんですけど、ほかのみんなは結構苦手で。でも、ここで私が出てしゃべっていいのかなとか、葛藤がありましたね。そんなことも今は懐かしいです。

イオ:バランスがとれてきましたね。今は、ひとりでもいなかったらこうなってなかっただろうなって。

ヤエ:誰ひとり欠くことができないっていう。

-いいグループになってきましたね。

ヤエ:それぞれが、もっと強い柱になれたらいいですね。

-見ていて思いますが、キャラ的には全然違いますよね。

イオ:違います。喋り方とかも全然違うじゃないですか。いつも言うんですけど、同じ学校だったら誰も声掛けてないなっていうか。

ヤエ:みんな友達じゃないです、たぶん(笑)。"おはよう"くらいしか言わないと思う。

イオ:一緒にはいないだろうね。でもこのBBTSっていうグループではひとつになるって、すごい面白い化学反応だなって思います。

-1stアルバムの"AN ALIEN'S PORTRAIT"というタイトルには、どんな意味合いを込めているんですか?

イオ:前作『SCREAMING RHAPSODY』もそうなんですけど、ラウド・バンドのアルバムのもじりで、パロディになっているんです。前回が、IMPELLITTERIの『Screaming Symphony』で。今回はSOILWORKの『A Predator's Portrait』のもじりになってます。ラウド好きの方だったら、もしかしたら気づいてくれるんじゃないかな......すでにちょっと気づいてくれている人もいるんですけどね。

-そういうところもまたひとつの入り口になりそうですね。ジャケットのアートワークも、アイドルだと本人たちが前面に出たものが多いですが、イラストとなっていて、どんな感じかがわからないようになってますし。

ヤエ:しかも絵がかわいらしいので、ふわふわしてる感じなのかなーと思いきや......という。逆に、間違えて手に取ってほしいです(笑)。"聴いてみたらとんでもない!"ってなってほしいですね。

-9月5日に渋谷CLUB QUATTROでワンマン"Six Feet Over Killing!!"開催が決まっていますが、どんなライヴにしたいですか?

イオ:今までで一番大きなステージのライヴで。

ヤエ:挑戦ですね。常に挑戦なんですけど、5月5日の渋谷clubasiaでのワンマン"Morbid Idol Of Death Punch!!"も挑戦だったんですけど、埋めることができたし。

イオ:本当に嬉しかったね。

ヤエ:こんなにも聴いてくれている人がいるんだっていう......。私たち結構ネガティヴなんですけど(笑)、自信を持てる一歩になったというか、自分たちの音楽がちゃんと届いているんだっていう自信になりました。もっともっとたくさんの人にBBTSの音楽を届けていきたいんですけど、届けていくためにはまだまだ力がなくて、ファンの方の応援が必要で。日々ライヴしていくなかで、支えられているなって思うんです。もちろん頑張るのは私たちなんですけどね。9月5日は挑戦なんですけど、応援してくれている人たちと、いい景色が見れたらなと思ってます。