MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

the GazettE

2016.02.16UPDATE

2016年02月号掲載

the GazettE

メンバー:RUKI(Vo) 麗(Gt) 葵(Gt) REITA(Ba) 戒(Dr)

インタビュアー:KAORU

-いわゆるキッズが増えた印象ですかね?

RUKI:うーん、わりといますね。

戒:ノってる子もいるんですけど、ジーっと観てる子もいるんですよ。でもつまんなそうって感じじゃなくて、メンバーの手元を見ていたり。そういう人を見ると、キッズなんだなぁと思ったりしますね。目を輝かせていて。

RUKI:頷いてる子とかもいますからね(笑)。うんうんって(笑)。

一同:(笑)

RUKI:何を見て頷いてるんだろうって(笑)。ミスってんなーとか思ってるんですかね?

戒:なるほどねっていう(笑)。

-(笑)"OZZFEST JAPAN 2015"でZakk Wylde率いるBLACK LABEL SOCIETYが出演したときは、やはりZakkはギター・ヒーローなので、大きいモニターで手元を中心に映してましたし、感覚的には......。

RUKI:あ、そういう感じなのかもしれないですね。

葵:弾けるんだ、みたいな感覚はあるのかもしれないですね(笑)。

-ご自身ではあまり実感がないかもしれませんが、私の周りでも"『DOGMA』かっこいい!"という声も多いですし、他のアーティストのインタビューの際に話題に上がることもありましたので、確実に反響はあると思いますよ。

RUKI:そういう話を聞くと励みになりますよね。

-"LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC -DUE-"松戸公演のライヴを観ましたが、演奏もめちゃくちゃうまいし、迫力もすごいし、雰囲気も独特で本当に圧倒されました。

RUKI:なんかすみません(笑)。

-えっ!

RUKI:あまり褒められ慣れてないもので(笑)。

-そんな(笑)。では、そういう新しいファン層や初めてライヴを観るという人たちに、改めて見どころをお聞かせください。

RUKI:うーん、どうだろうな。ライヴに来ないとわからないというか――CDを聴いてもMVを観てもわからない空気感がライヴにはあるので、来てもらえたらそれを体感してもらえる自信はあります。

-『DOGMA』の世界をさらに深めて進化させた形が観れることを楽しみにしています! さて、先ほど少し触れましたが、春にシングル『UNDYING』がリリースされますね。現時点でどのくらい完成しているのですか?

RUKI:ちょっと遅れはとってますけど、ヴォーカル以外は全部録れてますね。

葵:僕らは時間にきっちり動くタイプなんですけどね(笑)。

RUKI:そうですね。申し訳ない一心です(笑)。

-RUKIさん以外はきっちり動くタイプと......。

葵:そうですね。ヴォーカルだからちょっと気難しいのかな(笑)?

一同:(爆笑)

RUKI:そういう印象を植えつけたという自覚はあります(笑)。

-(笑)今言える段階では、どんな感じの曲になっているのでしょうか?

麗:展開が非常に多くて激しくて......。

RUKI:そうですね。激しいんですけど......。でも"激しい"を前面に押し出しているって感じでもないよね。

麗:全部入ってるよね。

葵:"『DOGMA』全部入り"みたいな(笑)。

一同:ああ!

RUKI:"『DOGMA』全部盛り"ですね。

-全部盛り(笑)。『DOGMA』の集大成的な楽曲と言えそうですね。曲の尺は長いのですか?

葵:5分あるかないかくらいの感じですね。