MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GYZE

2015.02.12UPDATE

2015年02月号掲載

GYZE

メンバー:Ryoji (Gt/Vo)

インタビュアー:米沢 彰

-『BLACK BRIDE』というタイトルに込められた意味を教えていただけますか?

最初は正直"JULIUS"にしようと思っていました。もうひとつの候補が"BLACK BRIDE"だったんですけど、切ないメロディがドラマチックに展開していて、歌詞も"裏切られた目線"と"裏切った目線"を混合したような内容になっていて、悲しみが主題になっています。ジャケットも黒衣装の花嫁が描かれていますね。"BLACK BRIDE"っていう響きが好きだったというのもあります。あと、同じ"BLACK BRIDE"という名前でブランドを立ち上げようと思っています。GYZEって見た目にもこだわっているバンドなんですけど、既存のものでは物足りなくなってきたこともあって"自分で作っちゃおう"って思っていたら、いろんな協力者も現れて。これからそういうことも始めるのでぜひチェックしてみてください。

-バンドのグッズとしてバンド名を入れた"ルアー"を作っていたり、サウンド面以外での動きも本当に面白いですよね。

釣りも音楽以上の"生きがい"なんですよね。『BLACK BRIDE』のレコーディングを北海道でしてたんですけど、その合間にメンバーとよく釣りに行ってたんですよね。そのときにふと"ルアーを自分で作って物販に置いたらいいんじゃない?"って思いついて。メタル史上初だと思うんですけど(笑)。

-メタルに限らず、聞いたことないですよ(笑)。

(笑)そうですよね。新しいことやっちゃえ!って。好きが度を越してしまいましたね(笑)。これも本気で展開していきたいなと思っています。この間も試しに行ってきましたけど、ばっちり釣れました(笑)。

-ちゃんと釣れるルアーなんですよね(笑)。ルアーの反応はいかがでしたか? あ、魚じゃなくて人というかファンの方の反応です。

お客さんも釣れましたね(笑)。いろんなところで"ルアーあるんでしょ"って言われたりしています(笑)。

-今作のリリース後の予定は決まってきていますか?

今直近で決まっているのは、2月28日に韓国のMIDIAN、台湾のANTHELIONと共に、日本、韓国、台湾3ヶ国のメロデス・バンドによるフェスティバルを開催しますね。その後、ワンマン・ツアーもあったり、最終目標としてはZepp Tokyoでワンマンをやりたいと思っていますが、それらは追々発表していきます。最終的なヴィジョンとしては、北海道の湖でいつかフェスをやりたいと思っています。朱鞠内湖というところなんですが、スカンジナビアとか、シベリアとかアラスカとかああいう雄大なイメージが僕のメタルのイメージなんで、そういうところのバンドを呼んで、日本のバンドも入れて、フェスをやりたいと思っています。

-先月のインタビューでブラジルのメタル・バンド、HIBRIAが日本で注目するバンドにGYZEを挙げていました。海外からも注目されつつありますが、実感はありますか?

X JAPANやLOUDNESSとGYZEの名前が並んでましたね。地球の真裏にも伝わるってことが頭ではわかっていたんですが、こうやって実際に反応があるのを見ると、今の技術のすごさもありがたいなと思えますし、今までやってきたことへの自信にもつながりましたね。

-今後のバンドの目指す目標や理想を教えてください。

2012年に掲げた目標に"美しい楽曲で魅了するステージを繰り広げて、世界をアリーナ・ツアーして回るバンドになろう"というのがあるんですが、これは外せないですね。今年に関しては個人的にはどんどんクリエイティヴなことをやっていきたいと思っています。バンドについてはまず、ワンマン・ツアーをやりたいと思っています。東京公演は4桁の規模でやりたくて、年内にはZepp Tokyoでワンマンをやってソールド・アウトさせたいというのが明確にあります。あとは海外、特にヨーロッパでのツアーをやりたいです。

-ありがとうございます。4桁というのは大きな挑戦ですね。

O-WESTを決めたときも、それまではライヴハウスで2桁ぐらいしか集めたことがなくて、そのときと比べると大きなハードルにも感じないんですよね。次へ次へと挑戦し続けていかないと、と思っていますね。