MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

COLUMN

エロはROCKだ!~Non Stop Rabbitのエロックファッションチェック~ 第2回

エロはROCKだ!~Non Stop Rabbitのエロックファッションチェック~ 第2回

このコラムでは、"#ノンラビ激エロック選手権"と題しTwitterとDMで読者に募った"エロック(エロ+ロック)"コーデの中から、メンバー全員でNo.1を選びます!


達也:ノンラビファン以外の激ロックファンから「なんでこんな企画やってるの?」って大不評な企画です!
晴人:ははははは(笑)。
達也:よし、さっそく順番に見ていくか......って、この子は男?
晴人:(顔全体が)モザイクかかってるから。
達也:よく見ると髪の毛に色入れてる!本当はここがロックだったかもしれないのに......。
晴人:そこまでして顔を隠したかったのか。
太我:でもモザイクの入れ方おしゃれだよね。俺嫌いじゃないよ。韓国ファッションというか――
達也:でもさ"エロ"だよ?
晴人:あぁ、エロからはかけ離れてるかな。じゃあ次行こうか。この子はどうですか?
達也:洗濯してたからボトムスなかったのかな......あと、え?絆創膏?
晴人:ほんとだ、足に絆創膏だ。
達也:俺1ヶ所ロックな点を見つけたよ。携帯の持ち方!あと玄関で撮影ってのがポイント高い。コーデのポイントは「エロが分からなかったんです。あえて言うなら鎖骨です」
晴人:ほんとだ、鎖骨がエロい。
達也:うん、わからないなりに鎖骨で勝負してるのいいと思いますよ。では、次!!
全員:お!?
達也:シンプルにエロいやん!
太我:これ超好きだな!
晴人:これロックさも感じられますね。上着の感じとか。
太我:これ"乳ワングランプリ"じゃないの?
晴人:乳ワンだったら優勝。
達也:あと口元のグロスがいいね。「空きすぎない胸元がかわいい服」か、わかってんな。
太我:これ実際のおっぱいはどうなんだろ?
達也:はい(笑)?
太我:いや、実際の乳はどうなんだろ。
晴人:細い子だから盛ってはいると思うね。
達也:あと、海外の大型犬がつけるようなでっかい首輪みたいなんしてる。これいいね!ロックや。ひとつだけ言うなら、なぜ階段で撮っている(笑)?
(編集:ちなみに第1回目も応募してくれた方です。)
全員:えぇぇぇぇぇぇ!?
太我:もしかして男性疑惑が出ていた子!?今回めっちゃいいじゃん!
達也:同じ子?信じられんな!
晴人:(前回のコーデ見て)「男かも!」って言ってたもんね。今回どうです?
達也太我:いいと思う!
晴人:へそピまで開いてしまってるんで、ギャル確定ですね!ポテンシャル高いですよ!
達也:悪くない!伸びしろ感じたわ。じゃあ、次!ディズニー好きかな?ポイントは部屋着だって。
太我:こういう服装好きだな。
晴人:うん......好き。好きです(笑)!!
太我:靴下はニモ柄だね。
晴人:好きだな~。
達也:なんとなく片付いてるんだけど、家じゃん。ちゃんと片づけないロックな感じはあるよね。
晴人:生活感をあえて出してる感じね。
達也:あと、脚がいいね。
晴人:うん、いいですね。
達也:髪色もいいね。あ、この選手権において髪色大事なことに気づいてきた。次の子見てみよう。ポイントは「かっこいいベーシスト」。胸元結構がっつり空いてますよね。
太我:この太もものところいいな。ニーハイってのが。
達也:ロックって結局抗う精神じゃないですか。自分が持ってないものを取りにいったりとか。この写真に映ってるベッドのフレーム見てください。絶対お姫様系のベッドだし、本がめっちゃあるんで、本当は賢いし真面目なんだけど、この選手権のためにこうやってるっていうロックな精神よ。胸元だって普段あけたら、お母さんお父さんに言われるのに――
晴人:怒られますよ!
達也:なのに、こっそりこの選手権に応募しちゃおうというロックさ。ポイント高いね。
晴人:はいはいはい......ってわからんけどね(笑)!今のところ全部妄想でしかない(笑)。
達也:続いて、太我に激似の子~。お前、なんで応募したの?
晴人:まじ太我にしか見えない。
太我:この子前もいた......え、別の太我?いや、目元めっちゃ似てるな。
達也:あと自撮りのときの角度!
晴人:めっちゃ似てる!
達也:あとちょっと睨んでるような目。
太我:メンバーが俺の癖を見抜いてくれてるところが嬉しい。
晴人:これさ、太我だってTwitterにあげても気づかないと思うよ。「今日はおでかけ!」って。
達也:あ、ファンも?
太我:あああ、それめっちゃやりたい!
達也:「髪染めたんだ」とかいっぱい言われると思うよ。
晴人:いや~似てるわ。
達也:次は、えっと......バーレスク東京の人(笑)?
晴人太我:ははははは!
晴人:シンプルにかわいい!
達也:「実家のリビングでめちゃくちゃキメ顔してたら弟にガン見されました。」って、やる気満々のところもいいんちゃう?
太我:しかもスタンド立てて1人で撮影してるんでしょ?
達也:あと、チョーカーはマストなんだ。
晴人:あるとエロいね!
太我:ちょっとさ俺夢があって、人生で1回は女の子とバンドやりたいんだよね。
達也:もうおせぇだろ(笑)。
晴人:ははははは!
達也:しかもなんで女の子とやりたいかわかっちゃう。お前の目的が(笑)。
晴人:(笑)いや~この子いいね。
達也:次の子は、第1回目も応募してる。コーデポイントでめちゃくちゃ自分のこと喋るじゃん!
晴人:友達に送ってるみたい。
達也:すごい俺たちに喋りかけてきてる(笑)。
太我:後ろに俺らのポスターが。ノンラビのポスター貼ってくれてる人いるんだね。
達也:2020年のやつだ!奥に俺らの雑誌もある。
太我:すごいね!現実味がない。
達也:パンツスタイルっていいね。脚を出すのもエロだけど、意外とタイトなジーンズがねじ込んでる感じもいい......あれ、次の子も同じ部屋。
太我:2つ応募してきてるの言わない感じもロックだね。記憶飛んだのかな(笑)?
達也:俺、こっちの方が好きだな。
晴人太我:俺も!
達也:次は......。
太我:スタイルいいっすね。このピタッとしたニットがいいんだよな。俺このニット世界で一番好き。
晴人:あ~、乳ニットね!
太我:そう!乳ニット!
達也:わかるわ~!
晴人:ボディラインに自信がある人しか着れないんだよね。
太我:乳ニットグランプリなら優勝かな~。
晴人:そもそも乳ニットグランプリがないのよ(笑)。
達也:次の子もレベル高いよ!今の子と同じ子だ。ロック=マーチンってどうなん?俺ら一時期履いてたけど、履かなくなったよね。
太我:重いから疲れるよね。
達也:疲れるね......って俺らが一番ロックじゃないじゃん(笑)。でも、この子のスタイルは一番ライブっぽいよね。うぁ~今回ムズイな。
晴人:ノンラビ賞どうしようか。
達也:もう2択だよね。
晴人:俺さこのエロック選手権で楽器持つのはタブーだと思うんですよ。
達也:楽器に頼ってるってこと?でもさ、応募するために楽器を買ってくれてたらロックじゃない?
晴人太我:それはロックだ!
晴人:ちなみにこの子のは初心者セットの9,000円のやつですね(笑)。
達也:(笑)OK、それを踏まえて選ぼう!
全員:せ~の、こっち!


~♛第1回 優勝コーデ~

@amn_3473さん
<コーデのポイント>
空きすぎない胸元がかわいい服です


達也:おぉ、満場一致!
太我:顔の隠し方がうまいんだよな。
達也:ネイルをちゃんとしてるってところがポイント高いんだよな。あと、スポーティ。
晴人:へそピも開いてるし。
達也:やっぱりまだ気になるんだけど、男じゃないよね?
太我:乳もマジックで線を描いてるとか?乳メイク。
晴人:トリックアート(笑)!
達也:ちょっと次回も応募してほしいな。本当に女なのか確認したいから。
晴人:女の子ですよ(笑)。
達也:いや、騙されてたら怖いから(笑)。


~晴人賞~

@nsr_200202さん
<コーデのポイント>
ポイントは部屋着ってこと!!笑
部屋着でしかないけど、
お気に入りのダボッとしたトレーナーなのです。


晴人:俺はこの子にもう決まってた!
達也太我:え!?なんで?
晴人:もうね、好きなのよ。
達也:え、ロ、ロック......だよ。好きとかじゃないのよ(笑)。
晴人:え(笑)?好きだけじゃダメ?じゃあ、シンプル・イズ・ロックみたいな......。
達也:(笑)
太我:部屋の感じはこの中だと一番ロックだもんね。
晴人:部屋の散らかし具合とか。
達也:どっちかと言うとロックではないだろ(笑)。
晴人:今回は俺の好みでいきます。


~達也賞~

@nsr_mireiさん
<コーデのポイント>
前回のノンラビの高評価ポイント全部無視して投稿するのなかなか強いと思うんだが
ロックも露出もない私なりにがんばた結果


達也:おれは......この子だな。2枚送ってるのに2枚送ったって思わせてないところ。あと、タイトなジーンズがねじこんでるところ。
晴人:ねじ込んでないだろ(笑)。
達也:いや、ねじ込んでるよ。画像に〇で印つけてほしいぐらい。
太我:ねじ込みポイントね(笑)。
達也:あと俺らのポスターを飾ってくれてて、ちゃんとしてる!
晴人:うん、エロい!


~太我賞~

@Bmb504Yunaさん
<コーデのポイント>
ギターもファッション。
実家のリビングでめちゃくちゃキメ顔してたら
弟にガン見されました。


太我:俺は2択だったな......この子か太我(似)。太我ワングランプリだったら1人勝ちだけど。
晴人:T(太我)ワングランプリね(笑)。
達也:アカウント名に浦和が入ってる!
太我:え、浦和なの?もう太我じゃん!え、俺?
晴人:お前もう1人の人格じゃないの?
太我:それあるかも!最近、俺記憶ないときある。
達也:でもさ、俺らも昔ノンラビ結成する前にさ、憧れのアーティストと同じ格好をしてるファンって結構ロックだったじゃないですか。それに近いよね。
晴人:これでライブ会場にいたらさ、太我だと思われるよ。
達也:いるいる!だいたい太我の真似なんだよな。んで、この子選んだのは?
太我:好きだから。だって、意味わかんないもん太我を選ぶの(笑)。
達也晴人:(爆笑)
太我:この子はシンプルに会いたいです。
晴人:そういうのじゃないんだよ。
達也:いや、ロックだって言ってるじゃん(笑)。
太我:え、あ、会いたいワングランプリじゃないの?
晴人:それやってないのよ(笑)。
太我:がっつり顔出ししてるところとかロックって結局――要するに好きってことですね。

達也:なんなんだろエロック。ギャル感なのかな......赤いグロス?
太我:たしかに。
達也:あ、黒と赤だ。その色使いをわかってる人が勝つんだよ!
晴人:そこを踏まえて次回......って、黒と赤コーデしかこなくなるよ。同じようなコーデが並んで俺らわかんなくなる(笑)。
達也:あとは原色と露出だね。
太我:バランスが大切だね。

  • 1