MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2018.09.06UPDATE

2018年09月号掲載

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 メイユイメイ

インタビュアー:吉羽 さおり

-激しいものは激しく、静と動のあるものはそのコントラストがより強く且つ美しい曲になっている。曲の持つクオリティを高めていく、世界観の濃いユニットだということを再認識する作品だなと感じました。

しだれ:ありがとうございます。前作『ポスト過多ストロフィー』のテーマが"再構築"だったんですけど、それによっていろんなものを取り入れて、試していた感じがすごく大きかったんです。今作は"希望"っていうのが大きかったので、そこに当てはまる曲たちで、世界観がしっかりしているというか、すべて統一されていて聴きやすい1枚だと思います。

-その希望というのは、今どういうものだと捉えていますか。

しだれ:わたくし個人の見解としては、つれづれの活動についての希望だと思っていて。今までずっと、迷いが大きかったんです。どこに進んでいけばいいかわからない、まさに"ゆくえしれずつれづれ"を体現しながら活動していたんですけど、どこに進むかは明確にはわからなくても、なんとなくちっちゃな光みたいのがあって。やっとそこに向かって進んでいけるような気がしていて。そういったものが入った"希望"かなと思っています。

-艶奴さんは、9月7日の渋谷TSUTAYA O-Crestでのワンマン・ライヴ("英艶奴 脱退LIVE")をもって脱退することが発表されました(※取材日は9月1日)が、今回のアルバムにはどんな思いで向かっていたんですか。

艶奴:レコーディングも、自分にとって最後になるCDだなと思っていたので、今まで以上に気持ちは込めたいなと思いながら参加していました。でも歌割り的には、レコーディングはわりとすぐに終わったんですけどね(笑)。

しだれ:つやちゃん(艶奴)は歌が上手くなったよね。感情が入る歌い方になった。

-最初の方は、散々感情がないとか言われてましたけどね(笑)。

艶奴:「六落叫」(2016年リリースの1stシングル『六落叫 / ニーチェとの戯曲』収録曲)とかと比べてほしいくらい。自分でもそれはすごく思います。

しだれ:感情が芽生えた。

艶奴:ライヴをやっているからというのもあるんでしょうね。

-この2年半くらいで、だいぶ自分の壁を壊しましたね。

しだれ:これまでの活動とかライヴでどんなこと感じてきたの?

艶奴:もともとつれづれに入った理由が、"人生を変えたい"っていうことだったんですよね。加入してやっぱり、ガラッと変わりましたし。ライヴが生きがいというか、一番幸せを感じていたのがライヴで。って考えていたら、みんなに会えなくなるのがつらくなってきちゃったんですけど(笑)。

-そう考えると寂しくなっちゃいますね。

艶奴:でも、歌もそうですし、ダンスもそうですし、人との関わりとかメンバーとのこともそうだし、すごく成長したと思います。だんだんと自分の素を出せた感じなんですよね。最初は猫被ってたんですけど。

-そうだったんですか。

艶奴:自分自身を出せるようになって、本当に楽しかったです。入ったときは、まさかこんなにシャウトをするとも思ってなかったですけど(笑)。でもそのシャウトが良かったのかもしれないです。恥を捨てられるというか、思いっきり叫べて気持ちがいい感じで。今は、レコーディングで"ただ叫んで"って言われても、ついシャウトになっちゃうんですよ。

しだれ:わかる。普通のかわいい叫び声とか出せないよね。

艶奴:出せない。

しだれ:ちょっと虫がいたときに、"きゃーっ"て言えないんです。"うぉぉぉぉ"ってなっちゃうのが、恥ずかしいところ(笑)。

メイ:たしかに!

-(笑)小町さんは今回のレコーディングで印象的だった曲や、自分自身でトライしたことっていうのはありますか。

小町:今回のアルバムは、小町にとって一番苦しいアルバムなんです。ライヴ中もすごく苦しいんですけど、「行方不知ズ徒然」とかも、もっとゆくえしれずつれづれに誇りを持って堂々と歌えたらなと思ったり。「Ways to Die」では、"頭真っ白にして"っていうフレーズがあるんですけど、自分自身そうあるべき形のパートを振り分けてもらっているので、苦しいなぁと思いながら歌ってもいるんです。これから先に進んでいって、未来ではこのアルバムをどう歌えているんだろうかって思いますね。

-メイさんはどうですか。

メイ:新曲もそうなんですけど、わたしは再録をした曲の方が、印象が強いです。すごく不思議な感じなんですよね。そのときはダンスと一緒に身体で覚えていたので、歌だけで歌うのがすごく難しかったんです。だいたい一発録りくらいで録れていたので歌えていたのかなって思います。ただどうしても、新曲よりもさらに気が引き締まりました。

しだれ:どうしても比べられちゃうところもあると思うんです。

メイ:再録では聴きたくないっていう人もいるかもしれないし(笑)。そういう人のことを考えたら、再録したくないっていうふうに思ったりもしたんです。