MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2018.02.28UPDATE

2018年03月号掲載

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 メイユイメイ

インタビュアー:吉羽 さおり

-もう1曲の「Exodus」は躍動感、ロック感がある曲ですね。

しだれ:曲調は明るいなという印象がありました。これは激ロック読者は好きそうですかね。

-クラップが入っていたりしてアッパーな曲でもあるし、シャウトとメロディのコントラストがあって、激ロック感もあると思いますよ。

しだれ:そうですね。でも歌詞は明るいことはなくて、"汚れきったこの手"とかが出てきて、基本罪人なんですよね、わたくしたちの歌は。一貫して、"君がいてくれたら生きられる"とか、そういうことを歌い続けていて。誰しも自分は必要じゃないんじゃないかって――メイが前に、自分は誰にも必要とされたことがないし、自分も(誰かを)必要としてなかったって話をしていたんですけど。わたくしも、まったく同じことを思ったことがあるし、たぶんどんな人でもそういうことを思ったことがあるんじゃないかなって思うんです。自分が死んでも世界は変わらないんじゃないかとかは、中学2年生とかできっと通ってくる道だと思うんです。でも絶対(自分は)必要なんですよね、誰かにとって。どんなに嫌いでも、いなくなったら世界は絶対に変わっちゃうんですよ。わたしと君は絶対必要で。誰からも必要とされてないと思っていても、今この曲を歌ってるわたしとこの曲を聴いているあなたは絶対に繋がっていて、必要であるっていうことなんです。

-この曲では、ちゃんと相手に手を差し出している感じがありますね。

しだれ:はい。救い、多めです。

メイユイメイ:わたし的に「Exodus」は、わたしとメンバーに当てはめて解釈しました。"僕"がわたしで、"君"が(メンバー)みんなです。みんなはちょっとネガティヴ思考なので──

艶奴:そこに、艶奴も入ってるの?

メイユイメイ:艶奴は、いないかな(笑)。でも艶奴も"君"だよ。わたしは昔から、何も行動はできないんですけど、変に正義感だけはあって、戦隊モノとか医者とかに憧れたりしていたんです。そういうわたしが、みんなを支えるんだっていう解釈で歌ってました。

しだれ:泣けるー。曲の解釈変わるね。小町、メイが支えてくれるって!

小町:ありがたいね。

-メイユイメイさんはもともとがそういう奥ゆかしい性格で、なぜこうして表舞台に出ようと思ったんですか。

メイユイメイ:今まで心で思っても行動を起こしたことが一度もなくて。今までしてきたことも、思い出とかも、思い出せるようなことがあまりなくて、そばにいてほしい人もいなくて。だからって、そばにいてほしいとも思われたこともなくて。なので、変わりたいと思って応募したんです。

-そこで発見してしまったのが、つれづれの(新メンバー加入)オーディションだったと。

しだれ:つれづれはみんな、変わりたいっていう思いで入ってきているんですよね。誰も、アイドルになりたいっていうので入ってきてないんです(笑)。

艶奴:きっと"アイドルになりたい"だったら、つれづれではないよね。

-こうして新メンバー加入となりましたが、グループの活動自体は2年が経ちました。ここからのゆくえしれずつれづれをどう考えていますか。

しだれ:そうですね、2年が経ってしまって。自分たちの気持ちとしては、もう1回ゼロからやり直したい気持ちなんですけど、周りから見たら、2年という活動の時間があって。どうしても、ゼロからはやり直せないんですよね。ここからは厳しいなと思うんですけど。でも焦ってはいなくて。

-リリースする曲がその時々を映した曲で、記録になってると思うんですけど。つれづれの場合は、こうして今回のような曲を歌うのにその時間が必要だったというか、2年必要だったという感じもありますしね。

しだれ:どうしても必要だったんですよね。自分たちじゃなかったら、もっと早くいけたんでしょうけど、こういう人間たちだからどうしてもこの時間が必要で。そこは、支えてくれる群青さんに申し訳ない気持ちはあるんです。時間がかかってしまって。"もっと素直になればいいじゃん"とか、"なんでそこでネガティヴになってるの"とかいろんな想いがあったと思うんですけど(笑)。ごめん、って思ってます。でも2年やってきて、歩くのをやめたいというのはなかったので。本当につらいときも、いつも歩いてはいたなと思いますね。新たなメンバーが加入して、今回は改めてメンバー同士で見つめ合う機会になったし、自分自身とも見つめ合う機会になったなと思います。

-これからのことは、4人で話しているんですか。

しだれ:特にないんです(笑)。それぞれが感じることや想うことはあると思いますけど。

艶奴:でも前よりは、"言いたいことを言おうね"というふうにはなりましたけどね。

小町:"これから"と題してはないんですけど、なんとなくそんなコミュニケーションは取れている気がします。

しだれ:あれ、まだ足りてない? だいぶ変わってきたと思うけど。前はもっと諦めていたんですよね。自分はこういう性格で、相手はこういう性格なんだから、ここは言ってもしょうがないっていう勝手な解釈をしたり、思い込みとか、諦めはいっぱいあったなと思います。それが個性を生かす方法なのかなと思ったことがあったんですけど。でも、やっぱりそれは逃げだなという考えもあったんですよね。それは、個性を認め合うんじゃなくて、個性を諦めるみたいな感じだったので、反省してます。今日は反省会みたいですね(笑)。