MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2018.02.28UPDATE

2018年03月号掲載

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 メイユイメイ

インタビュアー:吉羽 さおり

-現在行っている4人揃ってのツアー"BY THE AVANTGARDE TOUR"は大きな成長の場になりそうですね。

しだれ:大きなツアーになっていくと思いますね。1日目から全然違うライヴができたなという気持ちもしましたし。......しましたか?

艶奴:はい。

しだれ:今はライヴ後にその日撮った動画をちゃんと確認するようにしていて、それが効果的かわからないですけど、少し客観的に見られるようにはなってきたかなと思います。つれづれは、自分のことが嫌いな人が多いグループで、小町としだれは特に自分自身のことが嫌いなので、正直自分たちのステージは観たくないんです。でも向き合わなきゃいけないところもあるし。もうちょっと向き合ってみようとか、そういう考えが今さらなんですけど少しずつ出てきている気がします。

小町:小町はまだ観れてないです。

しだれ:まだダメみたいです(笑)。

小町:本当に観れないんですよね。本番でも、自分自身がどうなるかわからなくて。スタジオ練習でも、自分の前にある鏡を観るのがイヤで。リハーサルも、手を抜いているわけではないんですけど、本気っていうのがなんなのかわからないみたいな状態で。本番に放り出されて、どうできるかっていう感じなんです。


今のタイミングだからこそ出した、すごく意味のある3曲


-では改めて、今回のニュー・シングル『Paradise Lost』についてお訊きします。これはもともとリリース予定だった曲と、内容は一緒なんですか。

しだれ:以前は、詳細がまったく決まってなかったんです。ただ、シングルが出ますよという話だけがあって。曲を貰ったのも実は最近なんです。

-そうなんですね。今回の3曲は、これまでとは雰囲気がだいぶ変わったなという印象ですね。

しだれ:やはりそうですか。

-新メンバーが加入して、ここからシフト・チェンジしていくのか、新たなベクトルに進んで行こうとしてるのかとか、すごくいろんなことを考えさせられるシングルだなと思うんです。

しだれ:今のタイミングだからこそ出した、すごく意味のある3曲だと思います。シフト・チェンジというよりは、"今だからこれ"というもので、また次はまったく違うものになるかなと思っていて。今回はすごく伝えたい想いがあるので、曲も歌詞もわかりやすくなっているし。わたしたちが伝えるのが下手だからこそ、ちゃんと伝えられるものになっているかなと思ってます。

-特に表題曲の「Paradise Lost」の歌詞は、比喩的な言い回しなどはせずに、心の内をストレートな表現で訴え掛ける曲になりましたね。

しだれ:今までも、"自分たちに歌う自分たちのための曲"っていうのは多かったんですけど、特に今回はそうだなと思っていて。自分を責める、叱る曲でもあるし、支えてくれる曲でもあって。なので、歌うのはすごくつらいときもあります。でも決意の曲でもあるので、しっかりと届けたいなという気持ちですね。ライヴでもそういう気持ちで歌っています。

艶奴:普段はメロディを聴いて、これは好き、これは嫌いと分かれるんですけど。この「Paradise Lost」は、今までで一番、歌詞の意味が理解できた気がします。

しだれ:誰かとの別れとか、誰かを亡くしたことがある経験ってきっとみんなあると思うので。どんな人でも自分の歌にできる曲だし、その人の支えや救いになる曲になればいいなと思います。

-曲調としても、明るいとまではいかないんだけど、照らしている感じがあります。内なるものを吐き出す曲とはまた違うタイプの曲だなと思いました。

しだれ:そうですね。「Paradise Lost」という曲名にも意味があるなと思って。きっと捉え方は人それぞれだと思うんですけど、"Paradise Lost=失楽園"ということで、アダムとイヴの話を改めて読み直してみたんです。アダムとイヴは禁断の果実を食べてしまったから、エデンの園を追放されるじゃないですか。でも、それを食べなかったら人間としては成り立ってなかったので、楽園追放があったからこそ歩き出せたというか。そう思ったら、今から歩き出すとか、ここから始まるという意味も込められた失楽園なのかなって、個人的には思って歌っていました。

メイユイメイ:わたしは今回が初めてのレコーディングで、最初はもっとラウドな激しい曲がくるのかなって思っていたんです。わたしが入って最初の曲で"失楽園か......"って思いましたけど(笑)。でもわたしも、今までのことをすべて捨てて、イチからやりたいと思って、こうしてやっと見つけた居場所なので。ここから、またみんなと最初から始められるかなって思える曲だなと思いました。

-そういう想いが、メロディアスで疾走感のある曲に乗せて歌われるのがいいですよね。

しだれ:激ロックをお読みの方はどうなんでしょうね、もしかしたらサウンド的に物足りないのかもしれないですけど(笑)。