MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOVEBITES

2017.10.20UPDATE

2017年10月号掲載

LOVEBITES

メンバー:asami(Vo) mi-ya(Gt/Key) miho(Ba)

インタビュアー:吉羽 さおり

5月にデビュー作『THE LOVEBITES EP』をリリースし、ヘヴィ・メタル・シーンに颯爽と乗り込んだ、女性5ピース・バンド、LOVEBITES。そこからわずか5ヶ月で完成した1stアルバム『AWAKENING FROM ABYSS』は、EPで掴んだファンを彼方まで吹っ飛ばし、重厚にしてテクニカルな、壮大なスケールでたっぷりと酔わせるアルバムに仕上がった。スラッシーで破壊力のあるアメリカンなメタル・バンドのビートから、クラシック的な構築性や様式美を持った欧州メタル勢の繊細さ、耽美性、伸びやかな声質とで変幻自在なテクニックも持つヴォーカル、そのすべてのピースがはまったカタルシスがある。ギター・キッズなら超絶ギターに興奮すること間違いなしのバンドだ。

−実に重厚な1stフル・アルバムが完成しましたね。

miho:ゴリッゴリのメタルになってます(笑)。ヴィジュアルからは想像できないものに仕上がっていると思います。

-爽やかなあのアー写を見てLOVEBITESを知った方がこのアルバムを聴くと、かなり驚く内容ですよね。アルバムができあがった手応えは、いかがですか。

miho:ずっと聴いていますね。

asami:私もですね。寝れないなってときに、イチからかけ始めちゃって余計に寝れなくなって。爆音すぎるし、どんどん覚醒しちゃいます。

mi-ya:私も聴いてますけど、もう次の新曲を作ってます。

-ずいぶんと早くないですか?

mi-ya:発売日を待たないっていう。

-制作欲やエネルギーが溢れ出ている状態ですか。

mi-ya:やっぱりお客さんからの期待が、ネットを見ていてもわかるから、もっといい曲を書かなきゃと思って書いてます(笑)。

miho:前回のEP『THE LOVEBITES EP』をリリースして、アルバムが完成して、こういうのがいいのかなっていうのが固まってきているのもあるし。

asami:EPのときも、発売を待たずに次の制作に進んでいたもんね。

mi-ya:レコーディングも始まってたね。

-もともとLOVEBITESはどんなふうに始まったんですか。

miho:大人の女性がやるヘヴィ・メタル・バンドが作りたかったんです。

-それは、今のメタルやラウド・シーンにいない存在でもあるから?

miho:ここまでメタルに振り切っているバンドは、いないのかなっていう気はしていて。それでいて私がやりたかったのは、このシーンにはいないタイプのヴォーカルが欲しいなと思っていたんです。そこで、ヴォーカルのasamiと出会って、方向性が固まった感じでしたね。

-asamiさんは、メタルにどっぷりだったわけではないんですね。

asami:私は、メタルのメの字もないくらい、無知な状態から始まっているので。最初は勝手にイメージしていたものもあったし、メタルって──

miho:デス・ヴォイスなのかとかね。

asami:それは、出せないしなと。最初はそういうイメージだったんですけど、でも彼女たちが目指す方向性の話を聞いて。今まで私はR&Bやソウルにしか携わってきていないんですけど、そういう歌い方をすることで、メタルをあまり聴かない人でもメタルの楽曲の中に入ってほしいというのがあったので、それなら私の解釈で、いい楽曲やいい歌を歌うことができるのかなと思ったのがきっかけなんです。最初に"これ歌ってみて"って渡された楽曲があったんですけど、HELLOWEENの「Eagle Fly Free」とか。

miho:メタルというよりはハード・ロック寄りのバンドではあるんですけど、女性ヴォーカルのHALESTORMの曲が1曲と。あとはハイトーンがどこまで出せるんだろうかということで、JUDAS PRIESTの「Painkiller」と(笑)。

asami:「Painkiller」に関しては、最初は唖然としてしまって。

mi-ya:はははは(笑)。

asami:"これは歌なんでしょうか......?"という質問を先にしましたね。ただ、やってみたら意外とね?

miho:楽しかったようで。できちゃったし。

asami:歌えるかもしれないと思って。ああいう声質でハイトーンを出したことがなかったですけど、歌ってみたら、"あれ、出たかもしれない"っていう(笑)。