MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOVEBITES

2017.10.20UPDATE

2017年10月号掲載

LOVEBITES

メンバー:asami(Vo) mi-ya(Gt/Key) miho(Ba)

インタビュアー:吉羽 さおり

-そこから各パートでもっとこうしてほしいっていうのは、それぞれに伝えていくんですか。

mi-ya:それはレコーディングのときですね。基本的にスケジュールがぱつぱつだったりするので、レコーディングのときに、"じゃあ、ドラムはもっとこうするね"とか、"私はこうギターを弾くからベースはこうしよう"とか。相談しながらで。

miho:それが楽しくもあるんです。まずドラムを録って、デモと変わっている部分があると、ここはどうしようかっていうので、またレベルが上がっていく感じがして楽しいんです。

asami:やっていくごとに、いいものができあがってきて。それを最終的に聴いてヴォーカルを入れるので。完成形でイメージしながら、最後に声を作るっていう感じです。今回のリード・トラック「Shadowmaker」に関しては、私的にはレンジがそんなに高くないんですよ。

mi-ya:そうだね。

asami:ハイトーンが好きな方は、もしかしたら物足りないのかもしれないですけど。意外と、中低域って難しいんです。高い音を出せる女性ヴォーカルはいるんですけど、低くなればなるほど、音に埋もれちゃって(声が)聞こえない人が多いんですよね。

miho:こういう音だとなおさらね。

asami:ライヴとかが特にそうで。なので私の中では、中低域でも抜けのいい声で、サウンドに負けずに歌うようにというのは、考えていますね。

-このasamiさんならではのヴォーカルのレンジをうまく使いながら、作曲もしているんですか。

mi-ya:「Shadowmaker」に関しては、サビもお客さんにも歌ってほしいなというのもあって、そうなるとあまり高いキーでは歌えないので、みんなが歌いやすい範囲で、且つasamiの声がカッコよく出る中低域を狙って、メロをつけています。あとは覚えやすいメロディというところで。

-面白い曲だなと思ったのが「Liar」で。冒頭で、クラシカルな美しいバラードなのかなと思いきや、ガラッと変わっていく。どんどん展開していく曲ですね。

mi-ya:これはもともと私が前にやっていたバンド(a DROP OF JOKER)の曲なんです。前はラウドというかロック寄りだったんですけど、昔からmihoとかが"この曲いいよね"って言ってくれていて、LOVEBITESバージョンというか、メタル・アレンジにしてみるねっていうので、自分の曲をさらにアレンジしたんです。メタルにしてもカッコよかったなっていう(笑)。メロが良かったんでしょうね。

miho:アルバムの中でも関係者評価の高い曲で。

-なんというか、グルーヴ感がある曲なんですよね。

asami:そうなんです。R&Bとかのテイストも入れたりできる楽曲なので。歌っていても、気持ちよく歌える曲だなと。

-こういうグルーヴ感は、へヴィ・メタル・バンドとしてはあまりないものだから、面白いなって思いますね。

miho:弦楽器の刻みに関してはIRON MAIDEN風にはしてるんですけどね。歌の感じが、オリジナリティがあるなと思います。asamiがもともと持っていたものと、mi-yaのメロディが融合したというか。

mi-ya:ギター・ソロも長いしな。

asami:その間、何してようっていう(笑)。私の衣装、5つくらい用意してもらって、早着替えでも......。

-もう1曲バラードっぽい曲の話で、「Edge Of The World」。これがさらに壮大且つ濃いサウンドが堪能できる曲ですし、LOVEBITESならではの展開ですね。

miho:これこそ、全部乗せですよね。

mi-ya:3曲分くらいはある。そもそもバラードなのかっていうね(笑)。

asami:一応バラードで。でも理想を超えてきてくれたなっていう気持ちがある曲ですね。展開が面白いなって。

miho:バラードというよりは、組曲っていうか。そういうテーマでこういう曲をっていうのはありましたね。

-いわゆるパワー・バラードではつまらない?

mi-ya:つまらないわけではないんですけど、予想を反していきたいなっていう。

-この曲はMaoさんの作曲ですが、ソロのパートはそれぞれに任せたりするんですか。

mi-ya:Maoくんのデモは、一応ギター・ソロはこんな感じでと打ち込んでくれていて。基本的にうちは、忠実にいくところもあるんですけど、ちょっと変えたりもしつつ。midori(Gt)は忠実に弾くので、逆にすごいなと思うんですよね。それ弾けるんだ!? っていう。

asami:忠実にやる方が難しかったりするもんね。打ち込みで作っているから。

mi-ya:その運指ようできたなっていうね。バッキングとかもデモを聴いただけだと簡単そうに聞こえるんですよ。でも、実際に演奏してみると、これいけなくない? っていうのが多い。

miho:ふたりでレコーディングしながら、ヤバい、ヤバいって。

mi-ya:恨みつらみをぶつぶつ言いながらやってます。

miho:やってやったぜ! って言いながら、録り終えるっていう。