MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2017.03.03UPDATE

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 子子子

インタビュアー:吉羽 さおり

この作品があってこその、つれづれだと思う


-今回、3月リリースのニュー・シングル『MISS SINS』の方を先に聴いていたので、改めてつれづれはこんなに変わっていたんだなと思いました。『Antino未deology』の曲は、よりカオス感があって、初期衝動感が強いなと感じます。

しだれ:そうなんですよね、最近のつれづれの曲を聴いて、またつれづれっぽくないのが来たねとか言われるんです。やっぱり、『Antino未deology』で入ってくれた方が多いから、そこと比べるとだいぶ曲調も変わってきてたりして。『Antino未deology』はわりと、ドラムがドコドコしてる曲が多くて、短調で。

小町:アルバムとして、ひとつにまとまっている感じがあるよね。

-いいメランコリーと激情感が詰まったひとつの世界観ができている、濃厚な作品ですしね。そしてここから少しずつ、サウンド的にも幅広く、変化が出てきているのも面白いです。ここは、忘れちゃいけない場所ですね。

しだれ:この子(『Antino未deology』)があってこその、つれづれではあるかなと思います。

-幅が広がって、曲が変化していくというのは、イコールつれづれが成長している、どんどんできることが増えたのも大きいんでしょうか。

しだれ:そうですね、あとは遊び心の部分が大きいと思います。もともとつれづれには"ジャンル"というものがないですし、そう思ったらどんな曲調でもできますしね。だから、どれが"つれづれっぽい"とかは、実はあまりないかなとも思うんです。

子子子:新曲のデモを聴いて、これは新しいのが来たなって思うんですけど、録ってみて聴くと、やっぱりつれづれなんだなってなるんですよね。

しだれ:たぶん、声なんだと思うんですよね。自分はちょっと下手でよかったかなとも思いました(笑)。それが味を出してる可能性もあるかなと。

艶奴:自分で言っちゃうんだ(笑)。でも、声はみんなわかるよね? 4人が4人とも、わかりやすい。

-今回でよりわかるようになりました。それぞれで、"自分のシャウト"が掴めているんですね。

子子子:それが出てきた気がします。

小町:小町は、まだわかってないんだけど(笑)。歌い方も、声変わりしたのかなっていうくらい、低くなった気がするときもありますし。この歌い方が本当の自分なのか、合ってるのかっていうのがよくわかっていないんです。まだまだ変わっていくと思います、小町は。

-模索しながらですね。

子子子:最初は、自分の歌割りを歌うことに必死で、こういうふうに歌いたいというイメージどおりにいかなくて。この『Antino未deology-改式-』では、ここをこういうふうに歌いたいというイメージを、事前に考えて歌えるようになってきてたかもしれない。

しだれ:わたくしは、そもそもこれまでが歌を歌ってこなかった人生だったので、歌ってみて、自分の思いどおりにできないことが多いんです。歌唱力が足りなくて歌えないと、"もう歌なんてイヤだ!"って思ったり、"歌は嫌いだ"ってなったりして(笑)。でも、やっぱり気づいたら歌ってしまうし、歌への姿勢というと難しいですけど、歌は好きで嫌いだなって思ってます。

-あぁ、なるほど。何か伝えようという思いが強くなると、難しさは増えますね。レコーディングは毎回、戦いですか。

しだれ:そうです、泣くか笑うかです。

艶奴:笑うことはあまりないですね。でもこの前、"感情が入るようになったじゃん"って言われて嬉しかったです。心が1ミリくらいですけど。自分で聴いても、変わったなって。まだまだだけど、出るようになったなと思いますね。

-ライヴとはまた違うアプローチですしね。作品として残すとなると、細かな表現も必要となってくる。

しだれ:そうなんですよね。ライヴだったら、目の前にいる群青さんや、初めて観に来てくれた方に向けて歌うことができるけど。レコーディングって、今応援してくれている人たち、これから応援してくれるかもしれない人たち、たまたま聴くであろう人たち、すべての人に向けて、あるいは自分の中の架空の人物に向けて歌うので。まったくニュアンスが変わってくると思いますし。レコーディングは、楽しいです(笑)。

子子子:よかった、楽しくて(笑)。

小町:小町は、もともと歌うときも何をするにも、心の中で妄想が膨らむタイプで。わたしも、これまでの人生で音楽や歌に関わってこなかったんですけど、初めての曲を歌うときにもイメージだけはあったんです。ただ、声はなかなか動かなくて(笑)。それが今は少しずつ、ほんの1ミリずつですけど、イメージに近づいていってるのかなと思います。だから悩んでいるのもあるんですよね。どれが正解なのかなって。

-今作がリリースされて、またニュー・シングルのリリースもあるので、新たに知ってくれる人が増えたらいいですね。

しだれ:ジャケットもすごく華やかになったので、ジャケ買いもしてほしいです。アイドルなのに顔が隠されてるんですけど(笑)。

艶奴:このジャケットは一番好きですね。かっこいい。