MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2017.03.03UPDATE

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 子子子

インタビュアー:吉羽 さおり

-では、レコーディングは苦労せずですか。

しだれ:いやぁ、それが(笑)。

艶奴:苦労しましたね。

子子子:個人個人で、悔しいなというところはたぶんいっぱいあって。

小町:今までずっと前の音源で聴いていたので、以前の自分の歌い方や声に縛られている感じがあったんです。だから、新曲よりも逆に難しいなと思いながら歌っていました。

しだれ:まったく同じですね。昔録った自分の声を、もう何百回、何千回と聴いてきたので。その歌い方に引っ張られてしまって、再録音は正直上手く歌えなくて悔しかったなという思いを、ライヴで晴らしていきたいと思ってます(笑)。

-今回の"改式"では、新曲として1曲「俗世戒」(Track.6)が加わりました。この曲は、どういった曲でしょう。

しだれ:この曲はもともと、1stフル・アルバムの『ポスト過多ストロフィー』のTOWER RECORDSさんの店頭購入特典としてCD-Rでお配りしていた曲だったんです。すでに聴いていただいている方もいらっしゃるんですけど、まだ手にしてない方の方が多くて。あとCD-Rのときは、歌詞をつけていなかったので。

-歌詞カードがないと難しいですもんね、つれづれの曲は(笑)。

しだれ:はい。ないとわからないと思うので。ライヴでもやっているんですけどね。

子子子:ラップみたいなパートもあったりして、結構よく聴いていても、"なんて言ってるんだろう?"となったりすると思うんです。

小町:改めて今回のミニ・アルバムで、歌詞を読みながら聴くと面白いと思います。こんな歌だったのかっていう発見があるかもしれないので。

-曲順も以前とはまた少し変わって、まさに"改式"という感じですが、自分たちで歌い方だったり、歌に向かう姿勢だったり、ここは変わったなとか成長したなと思うところはありますか。

しだれ:一番はシャウトが大きく変わっていると思います。凶暴性が増して。

-最初のころは、シャウトの"シャ"の字もわからないところからでしたもんね。

しだれ:そうですね、本当に。

小町:「つれづれ賛歌」(Track.3)は、前よりも遊べたんじゃないかなと思います。

子子子:かわいらしさも増えてね。

しだれ:「つれづれ賛歌」は加入してすぐに録った曲だったんです。まだリズムをとることに必死だったりもしましたね(笑)。難しくて必死だった部分が、今回ではライヴみたいな感じで楽しんで歌えたところや、ちょっと捻くれて歌えたところもあって。ニュアンスが変わって、聴き比べると面白いかなと思います。小町の歌い方とか、ちょっとイラっとするところとかあるよね、捻くれて歌ってくるから(笑)。

小町:結構、意識はしてた。楽しんじゃってますね。

しだれ:あざ笑っているかのようでね。あとは、「凶葬詩壱鳴り」(Track.1)も前回と聴き比べてみると、途中に出てくる"青.........あお......AO......ao......アオ............黒。"の部分がちょっと遊んでいるのかな。

艶奴:(スピーカーの)右から聞こえたり、左から聞こえたりするんだよね。

-単なる再録ではないから、またライヴでも楽しみが増えそうです。

しだれ:特に「俗世戒」は、まだまだこれからの曲なので、リリース・イベントとかで群青さん(※ファンの呼称)と育てていくのが楽しみな曲ですね。

子子子:一緒にやりたいところもあるんですけど、まだあまり浸透してないので。

しだれ:"遊び倒せ この群像劇"のところからはすごくノりやすいんですよね。韻を踏んだりもしているので、ライヴでは群青さんと一緒に歌えたらいいなと思ってます。

-"気合い入れろ"ってフレーズもありますからね(笑)。

しだれ:それを言ってる人が、一番気合入ってないところもあるんですけどね(笑)。ゆるくボソッと言っていて。

艶奴:艶奴のパートなんですが。実は、気合入れて言ってるよ、そこだけは(笑)。