MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2015.12.09UPDATE

2015年12月号掲載

THREE LIGHTS DOWN KINGS

メンバー:Glielmo Ko-ichi(Vo) JUNE M(Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-THREE LIGHTS DOWN KINGS(以下:サンエル)として2015年最後のリリースとなるシングル『グロリアスデイズ』ですが、完成してみていかがですか?

Ko-ichi:そうですね、今回は僕らにとっては2作目のアニメ・タイアップ作品になるので、新しい挑戦を詰め込んだシングルになってるんです。"銀魂゜"という作品のタイアップとして世に出すので、僕らとしてもとてもいい環境で、いい挑戦の作品になったと思います。

JUNE M:レコーディングが終わった段階から自信の1枚ができたって思いましたね。

-これは、アルバムとは関係なく単体のシングルとして作った曲なんですか?

JUNE M:実は、先にミニ・アルバムを制作していたんですよね。

Ko-ichi:ミニ・アルバムが完成してマスタリングも終わったくらいに急遽"銀魂゜"のタイアップが決まってシングルを詰めていく作業に。オケとかメロとかはできていて、歌詞も仮であててあったんですけど、"銀魂゜"決定にあたって書き直しましたね。

-曲のタイトルは変わらなかったんですか?

Ko-ichi:いや、タイトルも仮で入れてたんですけど、どんなタイトルだったか忘れちゃいましたね。で、歌詞が完成してから、"グロリアスデイズ"ってワードがいいねっていう話になって。

-歌詞はもともとの仮歌詞の段階ではある程度完成していたんですか?

Ko-ichi:一応あったんですけど、もう全然別ですね。"銀魂゜"の世界観に合わせてイチから書き直しました。

-"銀魂゜"が決まってなければ、歌詞はそのままだったんですか?

Ko-ichi:この曲はもともとミニ・アルバムに入れる予定はなかったんです。そこと並行してたんですが、まったく別の曲として作ってたので。

-ミニ・アルバムの中の1曲として作っていたのではなく?

Ko-ichi:そうです。全然別で走らせてた曲がタイアップに決まったので、さらに追加で曲を書きました。

-多分、読者は疑問に感じると思うんだけど、並行で走らせてる理由は? 普通アルバムやミニ・アルバムを作るのであれば、その中の1曲として作るじゃないですか。別で作ろうとしたのはなぜですか?

JUNE M:アニメ・タイアップの候補の曲として作っていたのが3曲くらいあって、その中からアニメ側が選んでくれたのがこの「グロリアスデイズ」だったんです。もともとどの曲がアニメのタイアップになるかわからない状態で作ってたので......。

Ko-ichi:ミニ・アルバムの中からって発想はなかったんです。タイアップはシングルで出す前提で作らなきゃいけないんですけど、そうするとミニ・アルバムが組み変わっちゃうので、ミニ・アルバムはミニ・アルバムで仕上げて、それと並行して曲を作ってタイアップが決まった場合はシングルで、みたいな。

-なるほど。わかりました。MVのフル・バージョンがLINEのオフィシャル・アカウントで先行公開されましたが、アニメやYouTubeでもMVのエディット・バージョンが観れますね。

Ko-ichi:iTunesやレコチョクですでにフル・バージョンも出てるので、シングルの発売が1番遅いっていうのはホントに不思議ですよね。10月からの2マン・ツアーに関しては、ホントはミニ・アルバムを引っ提げたリリース・ツアーという形で組んでいたんですが、『グロリアスデイズ』のプレ・ツアーという形にして回ったんです。

-YouTubeやTwitter上でのファンのコメントも非常に反応がいいですよね。

Ko-ichi:"銀魂゜"ファンの人たちには、間違いなく届いているなって感じてます。もちろん今までのサンエル・ファンとかキッズたちにも刺さってるとは思うんですけど、Twitter上でも肯定的な言葉をもらえて、すごく嬉しいですね。特に"銀魂゜"という人気アニメだったんで、すごく不安だったんですけど、放送日から「グロリアスデイズ」の評価はかなり良くて、"銀魂゜"の関係者の方にもお褒めの言葉をいただいて。歌詞も"銀魂゜"の制作側にも見てもらって、一発OKで。とは言いつつも、僕自身の中では8回以上書き直してるんですけどね。

-でも、激ロックのコラムじゃないけど、基本書くことが苦になるタイプじゃないから、楽しみながらやったのかなと思ったんですけど。

Ko-ichi:そうですね! 激ロックのSFコラムは本当に大好きなんで、毎月書きたいくらいです。毎回怒られますもん、文字数多すぎって(笑)。コラムだったら、自分の思ったことをばーって書いちゃうんですけど、歌詞に関して今回特にアニメのタイアップ曲なんで、自己満足になっちゃダメだなって思ったんです。ちゃんと"銀魂゜"ファンにも届かないとダメだし、僕たちを選んでくれた"銀魂゜"のスタッフにも届かないといけないし、もちろん大前提として今まで自分たちを応援してくれてた人たちにも刺さんなきゃいけない。いろんなものをどれも粗末にしちゃいけないんですよ。"銀魂゜"を意識しすぎて、"コレ、歌いたくねぇや"ってものになったら意味ないし、僕がちゃんと歌いたいって思えて、なお且つ"銀魂゜"のファンにもサンエルのファンにも届けていかなきゃいけないって。だから"この言葉じゃないな"って何度も書き直しました。