MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

グロリアスデイズ

THREE LIGHTS DOWN KINGS

『グロリアスデイズ』

Release Date : 2015-12-02
Label : SMAR
¥1,080

アルバム『ENERGIZER』で普遍的なロック、そしてポップスとしての可能性を十分に披露したサンエルの新曲。人気アニメ"銀魂゜"のエンディングとしてすでに話題となっている楽曲だけに、老若男女を問わず親しみやすいメロディが際立っている。さらに、わかりやすくポップなサウンドにぴったりの前向きなメッセージにも注目したいあまりにもメジャー感満載なので、ファンにとっては少し寂しい気がするかもしれないが、洋楽ポップ・パンクのメロディにエレクトロやハードコアの要素を掛け合わせたサウンドが新鮮だった初期の彼らのポリシーは色褪せることなく、楽曲の根底を支えて、いる。今作で明示した、多くのリスナーが求めるポップネスと日本人受けするメロディコアなリスナーが求める洋楽ラウドロックのアグレッションと洗練されたEDMのアレンジを併せ持つ、圧倒的な彼らの個性は、ラウドロック・シーンのみならず、邦楽シーン全般に刺激を与えるだろう。 山本 真由