MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2014.06.17UPDATE

2014年06月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Julian (Gt/Vo) U-ske (Ba) Nori (Dr) Isam (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-だいぶ冒険したのはTrack.10の「Pain Of March」だよね。

J:ありったけの夢をかき集めた感じです(笑)。本当に冒険ですね。俺のソロ曲が欲しかったっていうよりは、箸休めになる曲が欲しかったんですよね。そういう静かな1曲が欲しかった。

I:大事だと思う。俺もデスコアのアルバム好きだけど、ずっとは聴けないもん。

J:そう。ずっと聴いていられるアルバムを意識したんで。

-メタルコアのバンドでバラードに取り組むっていうのはなかなかないよね。

J:そうですね。海外は途中でしっとりした曲を入れたりしますけど、日本だと全然聴かないですよね。

I:まあ、簡単だからね。同じようなフレーズで、メタルコアらしい曲だけを作るのは。

J:かっこよくなりやすいしね。

-Track.11「Life」は個人的に1番好きな曲です。展開も面白いですね。反復があまりなくどんどん新しい要素が流れるように顔を現してくる。作るのが大変だったのではないかと。

J:僕的には1番楽でしたね。この曲は最初から意識してジェット・コースターっぽく、ガンガン展開していくのを作ろうと思って、無心で出てきたものを繋げていくだけでした。

I:歌だったり、シャウトだったり、ギターの音だったり、サウンドに関しても「Get Up」と並ぶくらい俺も好きだね。PV作りたいって言ってたもんね。

-各要素がぶつからず、流れるように各要素が入れ替わっていく。2タイプのブレイクダウン・パートがあって1つ目のシンセが絡んだブレイクダウンもユニークでクールですね。

N:ライヴをやってる僕的には辛いですけどね。テンポがすごい変わるんですよ。なので、それに合わせるのが最初は本当に大変でした。なんの前触れもなくいきなり変わるんだよね。それがかっこいいんですけど。

-ベース的には?

U:俺は、余裕です(笑)。

-複雑ではあるけど、聴き手からしてみてはこの曲すごい難解だっていう印象はあんまりないですね。

J:そうですね。そうなりすぎないようにはしてます。サビは何回も出てくるし、いろいろやりつつも繋ぐなにかを要所要所に入れるようにしてます。そうじゃないと、ただいろんな曲の寄せ集めみたいになっちゃうので。

-全体的に非常に曲がコンパクトにまとまっていますね。4分を超える尺の曲が1曲もありません。コンパクトにした狙いは?

J:意識してる部分はあるんですけど、そもそもアレンジするときに無駄を省いていくと、どうしてもそのくらいになっちゃうんですよね。

-Julian君が曲を作る上でベストな長さ3分半くらいなんだろうね。

J:そうですね。妙に長いイントロとか、やりたいだけで入れただけのブレイクダウンはイヤなんで。意味があるすべてのパートだけをピックアップしていくとそうなりましたね。

-今ってあまり長い曲を好まないので、そうゆう意味ではリスナーにリンクする部分があるのかもしれませんね。

I:それこそ、METALLICAなんてすごいことになりますよね。

J:まあ、僕らがMETALLICAの入り口になってくれたらなんて(笑)。えらそうなことを言うと(笑)。

-メンバーそれぞれ今作を制作するに当たってこだわった点を教えてください。

J:全部が聴きどころですね。曲の長さも、順番も、種類も意味があるので。1曲だけをピックアップして聴いてくれというよりも、アルバム全体で1つの曲じゃないですけど、作品として聴いてもらえたらいいかな、と思っています。

U:実際俺もこのバンドに入るまで、スラッシュ・メタル系とかファンク系とかいろんなことをやってきたんだけど、このジャンルに初めて触れて......どっちかというとバンドに入ってからこのジャンルを聴き始めましたね。制作過程にはいなかった人間ですが、でもフル・アルバムを聴いた時点で普通に"かっけえな"って思いました。だからこそ、リリースされるのが楽しみでしかないですね。この曲をライヴでやるとどういう反応がくるんだろうとか。どこからどうゆう反応がくるのかなっていうのが楽しみです。

N:Julianが言ったことと一緒になっちゃうんですけど、全曲おすすめです。ギターのリフとドラムのリフがユニゾンしている部分だったり、そういうところはJulianとすごく話して考えたりしたので、聴いてもらいたいです。いっくんのリズム・グルーヴィなシャウトも聴いてもらいたい部分ですね。

I:俺は、あえて1曲に絞るとしたら「Get Up」を1番聴いて欲しいかな。もちろん「Take Control Of You」もすごく俺の色なんだけど、MAKE MY DAYの推し曲は「Get Up」だと勝手に思ってて。ラップだったり、シャウトのリズムの取り方だったり、初の試みが多いから。そこにいきなりJulianのクリーン・ヴォーカルのサビが入ってくるっていう。ドラム、ベース、シャウトに関しては、曲のメインとなるサビを支えるものだと思ってるんです。サビを聴かせるためにいろんな細かい部分を突き詰めてるから、そういうところまで聴いてくれると嬉しいですね。

-リリース後は8月1日から全国7箇所で"Relentless Reckless Tour"を行いますね。

J:初のフル・アルバムで初のちゃんとしたツアーなので、MAKE MY DAYとしてのショーをみんなに見せることができれば、と思っています!交通事故だけには気をつけて(笑)!ありがとうございました。